サーチコンソールの検索パフォーマンスを見てはいけない話😱🙀

パソコン画面を見る猫 ワードプレス
この記事は約3分で読めます。

Google Search Consoleの検索パフォーマンス画面のスクショを公開しているTwitterアカウントを頻繁に見かけるようになった。というか、僕がツイートを頻繁に見るようになった結果として、スクショが目に飛び込んで来るというのが正しい表現なのかも知れない😅

だってアレだよ、Twitterからのアクセスってバカに出来ないからね。Instagramもそうなのだけれど、瞬発力と速攻性という点でSNSに勝るもの無しなのです。100歩譲っても凄過ぎる効果👍

でもね、SNSアカウントは育てないと、もうね、大切に愛情込めて育てないと能力を発揮してはくれないもの。それはブログ運営でも同じ話で、毎日の更新とかリライトとかが結構大切。このブログでのパフォーマンス画面はというと…。

いやはやお恥ずかしい話で見せられたものではありません…😫…後で見せちゃう。甘いね、育て方が全然甘い。改善の余地はまだまだあります。

で、これからはチョットSEOの話とかもブログ盛り込むつもり。何でって?、アレだ…大人の事情ってやつだよ、分かるだろ?。テレビだってラジオだってお愉しみで制作されてなんかいないものなんだよ😱😱😱

ごちそうフレークを見つめるサヨリさん

サヨリさんのちゅーるとか、ごちそうフレークとかだって天から降って来るものじゃないのです。

スポンサーリンク

検索表示回数が多ければ良いってものでも無くってよ

Googleサーチコンソールの検索パフォーマンス画面(拡大)

それにしても、表示回数が4650もあってクリック数が238というのも如何なものかと。下手くそか!😫この点は表題の悪さが目立つ部分。SEOを意識し過ぎた結果がコレ。どんなに見られてもクリックされなければ無いのと同じ。今後の課題は魅力的な題名の付け方のお勉強だと強く思う。

まぁ、それは僕の問題として、題名に使った検索パフォーマンスを見てはいけない話。このブログで検索パフォーマンスを意識し始めたのはつい数日前の話。それまでは淡々と記事を書いているだけの人で、検索パフォーマンスなんてどうでも良かった。見たところで何も変わらないのだから、その時間は執筆に充てた方が得策。

ワードプレスで1600記事書いたよ

そうこうしている間に記事数も1600を超えたので、リライト作業重視へと舵を切り替える予定。それは、日々の238クリックを無駄にしない為に必要な作業なのだから必然的な流れなのです。SEO対策については、今も昔も頭の良い人たちがあれこれと策を練っている感じで、僕のような凡人は記事数を増やして行く方が断然近道だと思っている。

というのも、Googleアルゴリズム、すなわち、検索結果を決定するプログラムなのだけれど、アレだ…今で言えばAIと呼ぶ方がピンと来るのかな。このAIは日々進化しているので、今日の正解が明日の正解とは限らない。下手な小細工をして一気に掲載順位を落とすくらいなら、ダメもとでも記事を沢山書いた方が良いとは思わない?。

僕もたまにあるのだけれど、100記事書けば1つくらい長年頑張ってくれる子が産まれる事も。僕程度でそうなのだから、文才のある人だったら、キーワードを見切れる人だったらもっと凄い事になると思うし、たぶん、そうなる。従って、検索パフォーマンスを見ている時間があれば1記事でも書けばって話。乱暴な言い方をすれば、記事数が100未満な人たちは検索パフォーマンスを見てはいけないとも思うのですよ、気が散るから

記事数が多ければ、検索パフォーマンスから得られる情報が多くなって、例えば、どんなキーワードが好まれているとか、どんな題名からのクリックが多いかとか…。とりあえず#ブログ書けです。

まぁ、こんな考え方もあるという事で、今夜はお開き😁

タイトルとURLをコピーしました