オッツー家のシチューの秘密

日曜日(ブログ王スピンオフ)

 桜木とオッツー、アケミとゆき。そして、俺。 

 俺たち放課後クラブは、メンバーの誕生日が年中行事に組み込まれていた。転校生の桜木は小学からだけれど、他のメンバーは幼稚園からの幼馴染み。物心ついた時から誕生日祝いは当たり前だ。当然のように、ツクヨもその輪の中に入っていた。時は流れ、俺たちは社会人になり、ツクヨは中学二年になった。それでも、誰かの誕生日には、何処かで集まり誕生会をしていた……。

 今現在、ツクヨに最も近い存在はアケミである。社会人になっても、アケミはBL小説を書いている。その表紙絵を飾るのがツクヨのイラストなのだから。同人誌イベントが近くなると、ふたりの情報交換が密になる。そして、アケミは己の問いに後悔していた……。

───ねぇ、ツクヨちゃん。誕生日のプレゼント……何がいい?

 アケミはスマホからツクヨにメッセージを送る。

───アケミちゃん。私との約束、覚えてる? 私、あの時のアケミちゃんと同じ年になった。

 ツクヨの文字に青ざめたアケミは、秒で俺のスマホに緊急メッセージを飛ばす。

───オッツーのシチューの話。ツクヨちゃん、諦めてなかった。どうしよう?

 俺はオッツーに事情を話す。こんな時、俺たちの連絡網は迅速に働く。

「どうするよ? オッツー」

「オレも、そろそろかなって思ってた。姉ちゃん来るから、その日に話すよ」

「なんか……すまんな」

「心配すんな、ツクヨっちのことは任せとけって」

 五月第二日曜日。ツクヨはオッツーの家に招かれた。誕生日のお祝いに家でランチをするのだと言う。思わぬ誘いにツクヨは朝から有頂天だった。

「ねぇ、サヨちゃん。これ、どう?」

「似合ってるよ。オッツーも喜ぶよ」

「ホントに?」

「ホントに!」

 ランチ当日。朝からこれで三回目。衣装を変えては、何度も俺に感想を聞く───うれし気から不安そうな表情に変わった三回目。〝わたしのオッツー〟……か。花嫁の父って、こんな気分になるのだろうか? けな気なツクヨに考え込む俺がいた。

「行ってきまーす!」

 その声を聞いたのは、約束の三十分前だった……ずいぶん早くね? オッツーの家まで、歩いて五分の道のりなのに……。二階の窓からツクヨの姿が見えた。ツクヨの背中が消えるまで、俺はツクヨの姿を追っていた。ショックを受けなければよいのだが……そんな不安もいささかあった。

☆☆☆☆☆

───今日はオッツーの家にお呼ばれデス!!!

 朝からとても緊張しちゃった。だって、そうでしょ? オッツーの家に行くのは初めてだもの。服を選んで何度も着替えて、サヨちゃんに見てもらった。そうね……六回くらい……かな? お昼ご飯を食べるだけなのに、息が上がって胸がドクドクしてるの……なんでだろ?

 オッツーの家に入ると、キレイな女の人がいた。オッツーのお姉さんだった。オッツーのお姉さんって、オッツーと同じですごく背が高いの。その上、デキる女のオーラが凄かった。〝お姉さま〟って感じだった。

「ツクヨちゃん。お誕生日おめでとう……てか、初めまして。ワタシは正義まさよしの姉の千香ちかです。いつも弟と遊んでくれてありがとね」

「い……いえ……こちらこそ……」

 私は何も話せなくなった。いつものように、オッツーに甘えることもできなかった……借りてきた猫みたいだった。

「は……初めまして、飛川月読ひかわつくよです。今日はありがとうございます」

 これが、社交辞令って言うのかな? ご挨拶はちゃんとしないと……。廊下の奥にある居間に通されると、オッツーとオッツーパパが待っていた。いつものように〝やぁ、久しぶり。オッツーパパ〟とは言えなかった。

「いつも元気だね、ツクヨちゃん。正義の隣に座って、座っちゃって」

 オッツーパパに言われるがまま、私はオッツーの横の席に座ると、私の前に千香さんが座った。その後、四人で少しお話をした。緊張で、何を話したのか記憶が曖昧。でも、とても楽しい話をした気がするの。だって、ずっと笑っていたもの。

「じゃ、ランチにしましょう!」

 千香さんが席を立つと、オッツーも席を立った。オッツーが、沢山の苺が乗ったケーキを持って戻ってきた。千香さんはおしゃれな鍋を持っている……もしかして、これが……あのシチュー? オッツーがケーキを切り分け、それぞれのお皿に乗せる。千香さんは、鍋のシチューをかき回している。テーブルの真ん中には、から揚げやフライポテトやウィンナーが乗ったオードブルが置かれている。でも……。

「オッツー、ママは?」

 その違和感で、こっそり私はオッツーに耳打ちをした。

「そこだよ」

 いつもの笑顔でオッツーは答える。その席は……ずっと空席だったのに、ケーキとお皿が配膳された。後からママが帰ってくるのかしら。怖い人だったらどうしよう……やっぱり緊張してしまう。

「ごめんなぁ。だって、ツクヨっちは小さかったから。言える雰囲気でもなかったんだ。オレのかあちゃんさ、オレが小三の時に事故で天国に行っちゃったんだ。ひき逃げだった……」

 あっけらかんとオッツーは言った。オッツーパパも千香さんもニコニコしているだけだった。

「えっ……」

 だから、サヨちゃんもみんなも話してくれなかったのか……。〝どうして、オッツーはシチューだとかえっちゃうの?!〟私は何だか、これまで自分が悪いことをしていた気になった。オッツーは、いつもの笑顔で語り続けた。

「かあちゃんさ、シチューが得意料理なんだ。美味いんだよなぁ、かあちゃんのシチュー。『マサヨシーぃ! 今夜はシチューよ』って、自転車で買い物に行ったまんま……今日になっちゃった」

 笑顔で話す、オッツーの顔が歪んで見えた。

「……ぐずん……」

 それって、それって、それって……。私はどうしていいのか分からなくなって、カッと眼球が熱を帯びた。もう、自分では止められない。

「あぁ、これ使って!」

 千香さんが慌てて大きなタオルを貸してくれた。私はタオルを目に当てた。それでも、オッツーの話は続く……。

「オレ、かあちゃんの葬式が終わってから、一ヶ月くらい学校に行けなかったんだ。毎日、サヨっちたちが、オレの顔を見に来てくれた。でも、オレはアイツらに会えなかった……」

 私はオッツーの言う意味が分からない。毎日、友達が心配してくれているのに……。私の知ってるオッツーは、そんな人じゃない。わたしのオッツーは、いつも正義だ。

「どうして?」

「白いワゴン車を探していたから。オレは学校に行かずに、毎日、白いワゴン車を探していたんだ。朝から晩まで犯人を捜していた……。犯人が憎かった。見つけたら、ぶっ殺してやろうと思ってた。そして、今でも探し続けている……」

 オッツーの形相が鬼に見えた。私……凄く怖かった……。

「そ、そんな……」

「そんなオレなのに、いつも笑顔で出迎えてくれたのが姉ちゃんだった。かあちゃんのシチューを作って待っててくれた。でも姉ちゃんは、料理なんてしたことないから、かあちゃんのシチューとは……何か違ってたな」

「もう、ツクヨちゃんの前で。失礼ねっ! ワタシだって、かあちゃんの味を再現するのに苦労したんだよ。アンタが寂しくないようにねっ!」

 千香さんが少しねた顔を見せた。

「あ。ごめん、ごめん」

 千香さんを見るオッツーの顔が、いつものオッツーに戻っていた。私は、その顔で安心した。わたしのオッツーが帰ってきた気がした。わたしのオッツーは、いつも優しい。

「だから───シチューの日は、かあちゃんの日。だから───オレは、何があっても家に帰る日。これが、ツクヨっちへの回答です。いいかな?」

 わたしのオッツーが、私の顔を覗き込む。

「はい」

 私は……初めてオッツーに〝はい〟と言った。〝うん〟じゃなくて〝はい〟と言った。オッツーは少し驚いた表情になったけど、あの時、それが素直な気持ちだった。

 初めてオッツーと会った日。屋島で瓦を投げた日。肩に乗って二号になった日。誘拐犯から助けてもらった日。富士山アポロを渡した日。一緒に格闘ゲームを続けた日々……。腰に変身ベルトを巻いて少し変わっているけれど、いつだって、わたしのオッツーは……私の正義の味方であり続けた。どこまでも私を守ってくれた。私はオッツーが好きだけれど、それが恋なのかは分からない。でも、オッツーの笑顔に、私の涙は止まらなくなった。中二女子のギャン泣きだった。

「ツクヨっち、折角の美人さんが台無しだ。今日はありがとう。その服、凄く似合ってる……けど、服に鼻水が付きそうだ……」

 私が持っていたタオルで、オッツーは私の顔を拭き始めた……オッツーは私の鼻の下を丹念に拭いていた……今思うと恥ずかしい……。

「鼻ばっか、拭くんじゃーねよ」

 私の言葉に、オッツーパパと千香さんが大笑いした。そこでようやく、いつものツクヨに私は戻れた。私は泣きながら笑っていた。

「ねぇ、ねぇ、ツクヨちゃん。食べてみてみて。かあちゃんのシチュー、おいしいんだから」

 私はスプーンでシチューをすくった。そして、それを口に含んだ。なにこれ……絶妙!

「シ……シェフを呼べ……じゃなくて、呼んでください!」

 私の言葉に千香さんが乗った。

「ねぇ、ねぇ、ツクヨちゃん。シチューの作り方───教えてあげよっか?」

「うん!」

 私はランチの後、千香さんにシチューの作り方を教えてもらった。教えてもらいながら、オッツーから借りたコピー用紙にレシピを細かく書き込んだ───とても可愛いイラストを添えて。ツクヨさんは───絵師ですから当然よ(笑)

☆☆☆☆☆

「おい、三縁さより。また増えたな……中指のあれ、V3ブイ・スリーじゃねーのか?」

 オトンが小声で俺に言う。

「だよなぁ……ツクヨの奴───ダブルライダーを使い切ったか!」

 俺は小声でオトンに答える。

「先は長そうだな……」

 オトンのトーンが少し高い。

「シーッ! オトン、ツクヨに聞こえるって!」

 俺はオトンに注意する。

「おじいちゃんは、焼き魚が食いてぇ~なぁ~……」

 オトン、俺だって……辛い。けど、しばらくの我慢だ!

 あの日から……飛川ひかわ家ではシチューの夜が続いた。昔々、ツクヨが自転車の練習で転んだ日。ビービー鳴いてるツクヨにオッツーがあげた、仮面ライダー絆創膏ばんそうこうが活躍する日が来るだなんて……その話は、またいつか(笑)

コメント

ブログサークル