9月6日は「愛のメモリー」松崎しげるの日

松崎しげるの日雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

9月6日は「松崎しげるの日」。2015年のデビュー45周年を記念し株式会社オフィスウォーカーが制定しました。松崎しげるのトレードマークである日焼けした黒い肌。その黒肌にちなみ『9(ク)』と『6(ロ)』の語呂合わせが記念日の所以ゆえん。松崎しげる記念日には「『黒フェス』しげる祭り~白黒歌合戦~」イベントが実施されています。

スポンサーリンク

松崎しげると言えば「愛のメモリー」と「噂の刑事トミーとマツ」と「松崎しげる色」

濃厚で、肉厚で、脂がたっぷりと乗った極上ボイス。たっぷりの肉汁が飛び散るような声量に心が震えます。松崎しげるの歌声は他者を圧倒するソウル感。全身の筋肉を使い。どこまでも届く声量と類まれなる歌唱力を武器に、昭和から現在にかけてその人気は健在です。

松崎しげると言えば愛のメモリー。1978年春の第50回選抜大会。入場行進曲には「愛のメモリー」。心が躍るのを感じた少年期。同時に思い浮かぶコマーシャルはグリコアーモンドチョコレート。車窓には若き日の三浦友和。何もかもが輝いてみえた頃。当時の芸能界では誰もが別世界のスターでした。

1979年(昭和54年)。シンガー松崎しげるにもうひとつの顔が現れます。『噂の刑事トミーとマツ』。コメディタッチの刑事ドラマ。今でいうところの新感覚ドラマでした。その人気は高く、1979年から1982年の三年間。僕の水曜日の楽しみでもあったドラマでした。

ドジで、傲慢で、身勝手で、ルーズなのに憎めないマツのキャラクターは、生真面目で、ナヨナヨしていて、気の弱いけれどモテモテなトミー(国広富之)との相性も抜群。一気にお茶の間の人気者になりました。コメディをベースに熱血、根性、人情、ギャグ、謎のコスプレなどの要素もトッポのように最後までたっぷり。

お父ちゃん
お父ちゃん

これがかの有名な「松崎しげる色」でございます

リアルな生活でも男気があって、頼りがいがあって、愛嬌のある性格で、今もなお好感度も高い芸能人のひとりです。そんな松崎しげるに色が存在してる事をご存知でしょうか。

松崎しげる色

16進表記 #A55A4A/CMYK (27, 71, 71, 14)

そんな松崎しげるさん。「松崎しげるの日」とは別に忘れてはならない「松崎しげる色」の存在。フジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』の企画の中でサクラクレパス協力のもと「松崎しげる色」は誕生し、期間限定で販売されました。

歌とドラマで小学生の頃から見ていた僕としては、松崎しげるはジャッキーチェンと同じ感覚で反応してしまう芸能人。優しい隣のお兄ちゃんのイメージを崩さずに、長年に渡り芸能界で活躍し続けた数少ない存在です。これからのご活躍にも期待しています。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん

今のおすすめ記事は『お腹周りの脂肪が取れないワケが腑に落ちた件』デス❤

夏に向けてのダイエットのお役立ち知識です

サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました