WordPressのパーマリンクを日本語から英語に変えて、アナリティクスを見ていると英語が読めた気がする

カレーを狙う猫インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

自慢じゃないけど英語が読めない。なに書いてんだかさっぱり分からん。だから最近の歌とか曲名も知らないし調べもしない。結果、聞いたことはあるけれど、知らない歌ばかりが山積みだ。「あれ、いいよね、キンキキッズのカンザイボウヤ(KANZAI BOYA)」。ここ、突っ込むところですよ。

そんな僕でも『パーマリンクはアルファベットで。リンクを貼るとき、文字化けの可能性があります』。そんな事を言われたら素直に飲み込む。だけどスペルが浮かばない。面白いほど何も出てこない。スペルの海で溺死寸前。藁をも掴む思いでGoogle翻訳に頼りっ放し。こいつ、日本語訳も怪しいのに信用できるのか?。不安しか勝たん!。

タイトルを打ち込んで、コピペして、パーマリンクに貼りつける。手間だけれど仕方ない。合ってるのか、間違っているのか、全く分からないABC。なるようになれの精神で記事を増やす。そこで思わぬ問題発生。Googleアナリティクスのリアルタイムの表示が英語。ページ名に切り替えれ済むのだけれど、それが面倒くさくて、見てるだけの日々が続く…え、あれ、カンサイボウヤって読むんだ。

スポンサーリンク

英語をずっと見ているだけで、何となく意味がわかる脳の不思議

食パンと猫
【猫雑学】香箱座りを英語で言うと・・・パン?

Googleアカウントでアクセス。それは、事務局の回線のみでと決めている。セキュリティとか、情報漏洩とか、そんな意識はサラサラ無い。何となくそう決めて使っているのだ。アレだ…知らない回線でアクセスすると、PCが汚れた気がするのだ。ファイルのダウンロードも同じ。アプリのインストールも同じ。必要最小限で環境を整えたい。そんな意識が本能的に働くのだから仕方がない。

限られた時間内にリアルタイムを覗き込む。日本語表記に混ざって英語表記のタイトルが並ぶ。それは新しい記事へのアクセスを意味する。それだけでドーパミンが出るのだから、ブログがやめられない理由はそこにある。それは皆んなも同じでしょ?。ワクワクとドキドキが入り混ざった不思議な感覚。

何かの拍子にバズりの現場に出くわす。本丸が、肝の数字がどんどん、どんどん、どんどんと回って3桁を越えると不安と期待のクリスマスパーティーの始まりだ。滅多にお目にかかれない、スーパームーンと皆既月食が重なるほどの希少価値。下手な映画を観るよりずっと楽しいエンターテイメント。数万、数十万の桁を競い合う、ユーチューバーほどの派手さ無いのだろうけれど、ブログでも十分興奮できた頃もあった。

過去の記憶をなぞりながら、画面に表示されたアルファベットの羅列を眺める。膝の上には愛猫サヨリ。いつもの夜と同じ光景。こんな生活が始まって2ヶ月も経った頃。何か違う感覚に気づく。何となく、ページタイトルが理解出来るのだ。やったよ、ウィッキーさん。ハーバー・ナイス・デイだ。読めるけど書けない。もうね、新潟。

英語なんて読めなくても生きていける。書けなくても大丈夫です。友達に英語使いはいませんから。このままで、人生の幕を閉じるから。我が人生に支障なし。そんな僕が英語を読んでいるのも不思議です。だからブログは面白い。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん

今のおすすめ記事は『お腹周りの脂肪が取れないワケが腑に落ちた件』デス❤

夏に向けてのダイエットのお役立ち知識です

サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました