オリジナルクッキー型の作り方🤎チョコもパンケーキもフェイクフードにも使えるのにタダ

ハンドメイド
この記事は約5分で読めます。

「簡単にクッキーの型が出来ちゃった!🤎これならチョコレート🍫でもクッキー🧇でもパンケーキ🥞。そして、粘土のフェイクフードにも使えるね」

「無料で手作りのオリジナルのクッキー型が出来るのは嬉しいね。お菓子以外にもお弁当の卵焼きの型にも使えるね。世界にひとつだけのプレゼントだって出来ちゃう」

「30分で3つも出来ましたね。自分の持ってるアクセサリーとかで型を取れば、ハートでも星でも猫型でも出来ますね」

「出来ちゃっちゃったね、手作りのクッキー型。これは目から鱗が落ちゃったよ。あまりにも簡単過ぎて」

「あっという間に出来ました。お父さんでも出来るのですから小学生でも作れそうですね。いいえ、全然できます!!!」

「小学生には勧められないかな?、サヨリちゃん。アルミ缶を切る時に指を切りそうになったからね。小学生には危ないよ。お母さんと一緒に作ると楽しいかも。ちなみに粘土をフェイクフードを作ると、こんなのがわんさか出来ます。」

粘土で作ったマカロン、パンケーキ、ハンバーガー

「これ、食べられないの?。これだけハンバーグとかマカロンとかが集まると迫力ありますね。型さえ作ればスタンプみたいにアクセサリー出来ちゃいますね。食べ物も食べられないのもお母さんと一緒に作れば楽しいですね。それはそうとお父さん。その丸いのは何?」

「これは灰皿だよ、サヨリちゃん。捨てるのが勿体無い気がしたから灰皿にしてみました。灰皿だって買ったら100円はするからね。これだったらタダだから」

「タバコをやめれば灰皿だって要らなくなりますけどね、にゃ、にゃ、にゃ。お父さんへのプレゼントにしたらお小遣いくれるかも?」

「今は禁煙者が多いから、それはどうだろう。ハートの型を作って義理チョコを作った方が現実的かな?」

「じゃ~そろそろクッキー型の作り方の説明してよ」

「はい、はい」

スポンサーリンク

クッキー型の作り方🤎無料で手作りオリジナル

「では、自作クッキー型の作り方を説明します」

「必要な材料は、どこにでもあるアルミ缶。ちなみに、写真のクッキーは、100均の型から型を取ったので作ったよ。でもこれ、食られません。だって、樹脂粘土で出来るから」

手作りクッキー型の材料(アルミ缶・コーヒー缶)

「必要な材料は、

  1. 空き缶
  2. ハサミ
  3. ペンチなど

だよ。空き缶とハサミだけで出来るのだけれど、ペンチとかあるとイラッとした時に便利だよ」

「イラッとするの?。イラッとするんだ」

「細かいとこではイラッとするよ、サヨリちゃん。指を切りそうにもなるからペンチはあった方が良いよね。では、空き缶にハサミを入れます」

手作りクッキー型の作り方(アルミ缶・コーヒー缶)

「すんなんりと切れるもんですね、お父さん。」

「100均のハサミで普通に切れたのには驚きだったよ。この部分が一番硬いから、ハサミが入ればこっちのものだよ」

「缶コーヒーってこうなっているんですね。ビニールを剥ぐと、もはやアルミ板にしか見えませんね」

「だろ?。ここから板を切り抜きます」

「切り口がヤバそうですね。やっぱり小学生には危ないです。小学生のみなさんは、お父さんに頼んでアルミ缶を切ってもらいましょう」

「下側もカットするとアルミ板と灰皿が出来ます」

「ほんとだ、灰皿が出来た!。それと、お絵かきする時のパレット代わりにも使えそう。綺麗に作ると小物入れにもなりますね。」

「アルミを綺麗に切ってみたら3本の板が取れたよ。上手にやれば4本くらい取れそうだよね。」

「これが猫型になるんですよね。紙に絵を描いて作るんですよね、お父さん。」

「フリーハンドで作も作れるよ。だって簡単に出来たから。缶コーヒーのアルミは柔らかいから加工も簡単だったよ。友達の持ってるクッキーの型を借りられたら同じものが作れるよ。100均でクッキーの型が手に入らなくても、アルミ板があれば幾らでもコピー可能です。」

「接合部はセロハンテープですか?。接着剤とか使わないの?。」

「接着剤は持ち合わせて無かったんだよ、サヨリちゃん。だから応急的にセロハンテープを使いました。さっそく自作の型で粘土を抜いてみたよ。思った以上に簡単に出来るものだね」

「凄い、凄い。これで100円儲かりましたね、お父さん。いいえ、3個だから300円だ」

「粘土でクッキー系のスイーツデコは簡単に出来るから、オリジナルを作ろうと思ったらアルミ缶だね。この方法は、ハロウィンとかクリスマスシーズンに活躍しそうだよ」

「ところで、お父さん」

「何だい?、もっと褒めてくれるのかな?、サヨリちゃん。いいぞ、いくらでも褒めてくれい!」

「真ん中のスタンプ、上下逆ですよ。」

タイトルとURLをコピーしました