スポンサーリンク
インターネット・SNS・ブログ

リトライ不能ゾンビ出た?Twitter、読み込み不能

猛暑の夏が始まった、吹き出す汗が止まらない。。灼熱畑で農作業の後、愛猫サヨリの安否を確認すると、へそ天姿で僕を睨んだ。うん、元気。まだ、イケる。テレビのスイッチを入れる事なくTwitterを開くと...なんでだよ。
ぐるめ・試食

夏はやっぱり蒸しトウモロコシ

畑に立ってたらトウモロコシをまたまた頂戴した。今日は黄桃とセットで豪華版である。さくっと持ち帰り、こそっと蒸す。スチームクッカーに水を入れてスイッチオン!。蒸し上がるまでの10分間で愛猫サヨリのご飯の準備。これをやらぬと何もかもが始まらない。
自家菜園

絶品と評判の茄子の刺身、旨さが僕には分からない

刺身の案件浮上する、調理法は簡単だ。塩水に浸けて10分間、茄子のアクを抜いてカットする。しょうが醤油で食べると美味。良いネタ貰った。採りたての茄子ときゅうりは冷蔵庫。しっかり冷やして茄子の刺身を作ってみた。
2022.06.30
スポンサーリンク
PC・タブレット・スマホ

1円スマホに100均のスマホバンパーを取り付けた

よ〜し、いい子だ。悩むこともありません、考える事すらありません。膝の上のサヨリの頭を撫でながら、スマホに黒いゴム紐を装着すると、出会って秒で合体完了。
香川県・うどん・遊び場

とにかくとに麺 ぶっかけ冷(大)と新田町のひまわり畑

僕の夏の定番、やっぱり今日もぶっかけ冷である。トッピングには、まはるで逃したリベンジコロッケ。期待半分、不安半分。初めての店はいつも怖い。だってそうでしょう?、ハズレだったら、午後からのモチベが維持できない。写真撮ってもブログの記事になる事もない。つまり、無駄足なのだから。
インターネット・SNS・ブログ

ブログが見られない!ロリポップが壊れた日

「ロリポップ」のワードで検索すると、どうやら僕側の問題では無いようだ。「ブログが開かない!」「サーバーダウン」「サーバー障害」「お客様のページが見られない」「対応を待ちます」。全世界の同朋たちからの魂のツイート、しっかりとこの胸に届いています。
自家菜園

最高の贅沢!もぎたてトウモロコシを蒸して食べた

口の中で金色の粒が弾け飛び、固定観念が裏返る。これが大自然の恩恵と言うやつか。香りや舌触り、甘み、旨み、天童よしみ。こんなのリピ確に決まってる。どんな語彙を当てはめてもベストな言葉が浮かばない。
2022.06.26
香川県・うどん・遊び場

まはるでぶっかけ冷とささみカツ

コロナが始まってから来ていない。窓からの眺めも、店内の様子も、コロナ以前と何も変わらず。まはるの中では時が止まっているかのように思えた。台形の山陰を眺めながら、ぶっかけうどんを啜ると何コレ、アイス?。思いの外の冷え冷えっぷりに乾いた喉が喜声を上げた。
自家菜園

トマトは雨に当たると爆発するらしい

雨のたびにトマトが爆発してたら、そりゃ、もう、大惨事ですよ。念のため、ネットで調べると...爆発するんだね、トマトって。降り頻る梅雨の雨、だから今日の畑は閉店ガラガラ、その筈だった。
うちの猫の話

愛猫サヨリと復活のウンチ爆弾

つまり、元気いっぱいサヨリさん。朝ご飯を食べさせて、次に会ったのは10時間後。仕事だからそんな日もある。ぐにゃ...あっ!。疲れた体にウンチ爆弾。とんだサプライズをお見舞いされた。
お買い物・レビュー

自分が信用できなくて、100均でチェーンキーホルダー買ってきた

スーパー、銭湯、コンビニ、畑に桃源郷。ちょいちょい鍵を抜くのを忘れてしまう。バカなの?、アホなの?。他でもない、スクーターの話である。鍵、かぎ、カギ、強く頭に意識させる、なのにやっぱり抜き忘れ、アラ還の不思議体験───これが分かるアナタ。そりゃもう、お友達です。
ぐるめ・試食

マルヨシセンター、土曜限定まんぷく弁当(498円/951kcal)

まんぷく弁当の正式名称は、「土・日限定!ピラフとチーズハンバーグのっけ弁当」。僕が心惹かれたのはエビフライだった。喰って良いのは、喰われる覚悟のある奴だけだ。税込み537円の半額なら買いに決まりでしょ?。サヨリのお刺身と共に、まんぷく弁当ゲットだぜ!。だけれど、残念な部分もある。
自家菜園

畑に良いじゃん!ダイソーの折りたたみ椅子らしきチェアを狙って

畑に良いじゃん!ダイソーの折りたたみ椅子らしきチェアを狙って ───コレ、捨てるの?。 良い感じの折りたたみ椅子が目に留まる。たぶん、ダイソーで売ってたやつだ(500円)。知人宅での出来事。畑に日陰を作ったけれど、椅子というものが存在しない。つまり、椅子が欲しいのだ。そんな矢先に出会ってしまった僕と椅子。これはもう、運命でしょう?。 ───いや、捨てないかも知れない。 僕の目がギラギラしていたのだろう、急に惜しくなったようで返事が濁る。くれるくれないは別として、座り心地だけでも確認させてもらう事にした───何コレ、良いじゃん。小さな椅子が僕の体にベストフィット。その座り心地はオーダーメイドの椅子のよう。お尻の位置がすごく良い。急遽、リュックの中のポメラを引っ張り出し、お試しでこの記事を書き始めた。最後まで書き切る必要はない、枕だけでも仕上げておこう。 ───キータッチの感触も悪くない。 膝の上でポメラを打つ、そんな電車通勤的発想など無かったけれど、この折りたたみ椅子なら問題なく記事が書ける。畑でポメラ?───そう思われるだろうけれど、畑での出来事は畑で書こう。そう最初から決めていた。だってそうでしょう?、記憶の鮮度が全然違う。だから文章の勢いが全然変わる。これを書こう、あれを書こう。僕の脳が反応したとて、小一時間も経てばこうなる。 ───何だっけ、忘れた?。 そんなぶらり散歩気分な記憶はすぐに消え、そこから始まるジェシカおばさんの事件簿。じじいの毎日はミステリー、さっきまで使っていた筈のボールペンが忽然と消える。若い皆さんは想像できるだろうか?。それを探し出す為に、どれだけの労力と時間が必要となるのかを。頭の中の、ジェシカおばさん、コナンくん、右京さん、当麻紗綾を総動員、記憶の中を推理する。残念だけれど、未だ謎が解けた試し無し。大切な何か、肝になる何かが思い出せない。 ───思い付いたらその場で記録。 そのためのポメラである。この作業、スマホでもタブレットならいとも簡単。けれど、優秀な機器にメモに残しても殆ど見ない。何でも出来る機器を使うと、脳内で興味が分散されてしまうのだろう。ネットやSNSなど、別の事を始めてしまう。そんな意味からもポメラはかなり老人向け。 ───知ってる、それ嘘でしょ?。大げさに書いちゃってるんでしょ?。 アナタが数年後、数十年後に身に染みて痛感する未来だと断言出来る───いずれそうなる、覚悟しな。僕だって、そう言われ続けて今日を生きているのだ。あれ、これ、それ。こんな会話が成立する生活に慣れてしまうと、記憶の維持すら大変なのだ。 ───その気になったら連絡ヨロシク。 このサイズ感に一目惚れ、ダイソーで買うか連絡を待つか、そもそもダイソーの椅子なのか?。後ろ髪をひかれる思いでスクーターを走らせた。進むべく道筋は決めていた。 ───もちろん、ダイソーチェックである。 同じ商品だったら買って帰ろ。
自家菜園

すだれで日除け、畑の日陰が出来ました

桃畑で汗を流し、休憩時間は自家菜園。強い日差しの中で鍬を振る。バリバリと身体が動けば良いのだけれど、あいにく僕にそんな機能は備わっていない。分刻みで体力を奪う光と熱。何なんだ!、もう、うんざりなんだよ。勢いで始めた自家菜園、今、最も必要なのは日陰である、太陽光線が地味に辛い。その日から、僕は畑の日陰作りの構想を練り始めた。
2022.06.19
自家菜園

畑にタープを張るつもりが屋根となる

今日はタープを仕上げるつもり、そのつもりだった。僕に許された時間は1時間。数日前から決めた予定は崩され、破壊され、爆破され、木っ端微塵に吹き飛んだ。世界の同胞たちよ、地獄のタイムトライアルの開催だ。つまり、苗植えの準備である。
ぐるめ・試食

もぎたての桃を頂きました 

キンキンに冷やして食べよう。冷蔵庫に入れて明日食べよう。そう考えて秒で食べた。香りや舌触り、甘み、酸味、渋み、石原さとみ。桃を頬張ると鼻に抜けるピーチの香り。その後、口の中に果汁がなだれ込む。尋常じゃ無い果汁に溺れかけた。
自家菜園

胡瓜の急成長に知識の成長が追いつけない

二日雨が続いた、これ幸いと畑を休んだ、二日後に行ってみると絶句した。きゅうりの花言葉は「洒落」と言うけれど、こう、一気に巨大化されたら洒落にならない。
PC・タブレット・スマホ

1円スマホ?ドコモからの電話

行きつけのドコモからの電話だった。だったら、早く言ってよねぇ。僕のケータイ、自慢じゃないけど3G回線で、4年後にはサービス終了。でもね、時間はまだある。サヨナラ3G、機種変は散りぎわこそが美しい。
エンタメ・テレビ

令和の時代に昭和の「ど根性ガエル」が再放送?

小学生時代、夕方枠の再放送で何度も見たど根性ガエルである。それは「奥様は魔女」や「トムとジェリー」と同レベルで何度も再放送が繰り返された。朝の再放送は「カリメロ」とか「レッドビッキーズ」が多かったかな?、後者はもちろん、若き日の林寛子の方である。咄嗟に僕は、リモコンの画面表示ボタンを押した。
香川県・うどん・遊び場

畑の後は「とんぼ」でうどん

今日は2玉とカニかまの天ぷら。かすが町市場、キリン、天狗、エコぽん太、元気、さくらんぼ、富士山、そしてココ。平本店のラインナップである。激辛一味とおしぼりは共通仕様。汗をかいた後のおしぼりも味のうち。唐辛子の花言葉は生命力、一味の刺激が癖になる。
スポンサーリンク