金曜日(小説の話)

さぁ、言葉遊びの実験をしよう

金曜日は小説の話。  これはひつとつの実験である。否、言葉遊びやセリフ回しの練習だ。僕には誰にも言えない悩みがあった。この実験は、僕のストレスへの〝はけ口〟と言い換えた方がよいかもしれない。  僕の悩みは小さいかもしれない。他人の目から見れば些細な気の迷いなのかもしれない。僕の悩みは文体である。己の文体への猛烈なコンプレックスに他ならない。  この人らしいよね───これが、僕の文章には無い。  例えば、漱石のような、太宰のような、西尾維新のような、加藤はいね女史のような……そんな独自の文体を僕は持たない。さしずめ僕の文体は、コピー忍者カカシ先生の写輪眼のようなものである。カカシ先生は〝雷切〟も...
木曜日(雑談)

ブログのストック記事が溜まると起こること

木曜日は雑談の日。  いやぁ、こんなんやったら、早くやっときゃよかったわ。  きっいけどな(汗)  ブログもね、仕事で書けない日もあるからね。予備っすよ、備蓄です。ストック書いても三本が限界だけれど。〝こりゃヤバイ! 記事を書く暇がなくなるで!〟そんな、危険センサーを察知したら、無理して書くこともあるけれど、基本は自転車操業なのですよ。毎日が、じれったいくらいの火炎車。それでもやってる自分は偉い! そう、自画自賛しながら書いてましたよ、実際(汗)  で、一年の間で二月つったら、〝想い出がいっぱい〟どころか危険でいっぱい。僕が登れる大人の階段は、すでに通り過ぎちゃった(汗) なので、暇な一月の間...
水曜日(猫の話)

明日は猫の日

水曜日は猫の話。  そして、明日は猫の日である。  猫の日のSNSは、すごいよぉ~。〝ネットを猫の写真で埋め尽くせ!〟の勢い半端ない。自慢の愛猫投稿はあたり前田のクラッカー。猫を飼ってない人だって、猫嫌いな人だって、どこからか猫の写真を引っ張ってSNSにアップしている。言わば2月22日は、日本列島が猫の祭典で湧いていて、今日もサヨリは超元気(笑) ※トップ画像は2017年5月の記事から選びました。  〝猫ブーム〟が始まったのは2007年頃からだったっけ? どんなブームも一瞬で、スポットライトが当たる期間はあっという間に過ぎてしまう。そういえば、ピコ太郎さん元気かなぁ? ブログの肥やしに頑張って...
火曜日(レビュー)

心も体もポッカポカな〝麻婆こんにゃく〟を作ったよ

火曜日はレビューの日。  今日は、新たなレシピを発見しました。  寒い夜には辛さが欲しい。だって、体が温まるから。けれども、経済的かつダイエットの観点から見れば、もはやココイチでさえもが夢である。この物価高のご時世に外食などご法度だ。禁止と呼ぶより、むしろ罪。  辛くて、温まって、美味しくて。それでいて、たくさん食べても太らない。この方程式から導いた結論が、麻婆豆腐からの麻婆こんにゃく。こいつはね、冬の魔法使いからの贈り物に違いない。〝麻婆と言ったら丸美屋♪〟でお馴染みの、麻婆豆腐ならぬ麻婆こんにゃく。サクッと辛口で仕上げてみせよう(笑)  我ながら名案だ。名案だけれど、豆腐も入れよう。豆腐も...
月曜日(畑の話)

今年の種はサカタのタネで(笑)

月曜日は畑の話。  自家栽培の三年目。 ───そうだ! 今年はサカタのタネでやってみよう。  去年の畑の出来は控えめに言っても不満足だった。だって、そうでしょ? きゅうりと玉ねぎがさっぱりで、メロンに至っては全滅だった。右も左も分からない、一年目の方が満足できた。一年かけてがんばった土は、去年の方がよいはずなのに。収穫が下がるとはこれ如何に? 当然のように、一昨年と去年の違いを考える。気温? それとも降水量? 去年の雑草の生育状況は、近所でも凄まじいと評判だった。気温が高く、いい感じで雨が降ったからだ。よつぼし苺は枯れたけれど、しっかり雨は降っていた。つまり、植物にとっての生育環境が去年の方が...
日曜日(ブログ王スピンオフ)

ツクヨ誘拐事件

オッツーは怒っていた。 怒りに身体を震わせていた。  俺たちの目の前でツクヨが車に連れ込まれたのだ。今の日本で、こんな田舎で、こんなことが起こるのか? いったい、この国は、どうなっちまったんだ!!!  車の後部座席から窓を叩くツクヨは、泣いているより絶叫だった。走り出す黒バンを条件反射で俺とオッツーとで追いかける。身体能力を比較すれば、俺が並みでオッツーは化け物だ。あいつの脚力は、本気を出さずともチャリで時速60キロを軽く超える。クロックアップしなくても、あの黒バンには決して負けない。そして俺たちは、この町を知り尽くしている。  俺たちから、逃げ切れるわけがない!  チャリのハンドルにスマホを...
土曜日(ショート・ショート)

呪いのフォルダ(肆)

───cursed-folder-case4(1975-05-15 07-04)  1975年5月15日。  今、わたしは彼が残した日記を読んでいます。この日記にわたしの文字を付け加えながら。ねぇ、あなた。こうして読むと、交換日記みたいよね。ねぇ、あなた。どうしてわたしを置いて行ってしまったの? お願いだから帰ってきて。もうすぐ、わたしたちの結婚式なのよ。  わたしの健太郎さん……。  1975年5月20日。  健太郎さんは死んだ。  5月1日、事故で死んだ。わたしが病院に駆けつけたときには遅過ぎた……即死だった。  健太郎さん。披露宴会場とか、ケーキとか、ドレスとか……。今日ね、すべてのキャ...
金曜日(小説の話)

ブログ、小説、執筆集中できまへん!

金曜日は小説の話。  Xな、×(ばつ)ちゃうで(汗)  旧Twitterの方。おすすめで流れるタイムライン。近しい人か、フォロワーさんとか。そもそも誰だか分からん人とか……勝手に流れている方のタイムライン。  僕のタイムラインは、猫と、うどんと、小説を書いている人が多いかな? 一時期、ブロガーさんのもジャンジャン流れていたけれど、最近は新しい人が少なくなったのが寂しくて、今日もサヨリは元気です(笑)  で、ブログも、小説も、書くってことが主体なワケです。タイムラインでは、アクセスとか、いいねの数とか、売り上げとかがメインですけれど、書いてナンボの世界です(汗) で「これから書きます!」とか「3...
木曜日(雑談)

言葉の同意語重ね合わせセット

木曜日は雑談の日。  僕の小説の原点はブログである。  ブログ無しでは小説はなかったし、ブログを書かなければ小説も書かなかった。ニワトリが先かタマゴが先か。もちろんブログが先である。  ブログを書いていなければ、今ごろはYouTube三昧のだたのおっさん。もしくは、ネトフリ三昧の日々だろう。それとも、ネトゲに残りの人生を費やしていたかもしれない。課金なんかしまくりながら……。それともやっぱり、どこかでブログを書くのだろうか? あの子と出逢わなければ、人生を何度繰り返しても小説を書くことはなかっただろうけれど……。 ───ブログと小説とは文体が違う。  それは明白な事実である。けれど、僕の書く小...
水曜日(猫の話)

愛猫と毎日口喧嘩!

水曜日は猫の話。  バレンタインだけれど、猫で書く(笑) 「ごわぁ~ん!」  いつもそう、いつだってそう……事務所にもどるとコレである。うれしいけれど、愛猫の食欲が凄まじい。食欲は健康のバロメータというけれど、一度には与えない。調子こいて食べさせると、吐き戻してしまうからだ。なのにその後、素知らぬ顔で食べるのだ。酒飲みが吐きながら飲む感じ。そんな不経済なことなどやってられない───片付けするのは誰?って話だ。だから、オペレーション梟ストリクス。サヨリのご飯は小分けである───全ては世界平和のために。 「ちょっと待って」  上着くらい脱がせておくれよ。ほら、荷物だってあるんだし。 「ごわぁ~ん!...
火曜日(レビュー)

ほっともっとのロースかつ丼(2024)

火曜日はレビューの日。  食べたいものがなくなった……。  焼肉、すき焼き、寿司にパスタ。若いころには食に対する夢があった。おかずへの希望があった。今では、メニューの決め打ちすら出来なくなった……うどん食ってりゃそれでいい。食欲あれど、何を望んでいいのか分からない。幸せのテンプレートの上は何処へやら。これは、きっと歳のせい? きっと、そうだと思い込んでいた。だがしかし、その考えは違っていた。決め打てない理由があったのだ───食べ過ぎだった。  のんちゃんのブログ王を書いていたころ。極力、空腹を保つよう心がけた。だって、そうでしょ? 満腹になると頭が回らなくなるからだ。当時は、仕事と小説とでいっ...
月曜日(畑の話)

よつぼし苺のタネを買う(2024)

月曜日は畑の話。  うっわ!  これってば、運命の出会いってやつかい? 都市伝説だと思ってた。けれど、噂だけ耳にしていた。そんな〝よつぼしの種〟をホムセンでみつけた。よつぼしとは苺の品種名である。残りわずか二袋───城之内君、これからずっと俺のターンだ! こいつはレアもの買うっきゃない! 玄人の皮をかぶった素人が、サクッと種袋を掴んでレジへと向かう。これで夏の楽しみがひとつ増えた。よつぼしファンの友人がニンマリ笑顔で、今日もサヨリは元気です(笑)  てか。「よか、よか、よかよぉ~!」つーてね。きっと、今ごろ、アーニャわくわく! この記事を読んでいるに違いない。そろそろ、メールが届くだろう(笑)...
日曜日(ブログ王スピンオフ)

それぞれのバレンタイン

今日は、全国的にバレンタインの前日だった。  都会ではデパ地下が揺れる日らしい。けれど、こっちじゃマルナカがざわつく程度のことである。そして、俺にもオッツーにも無縁の日なのだからどうでもいい。  俺たちにチョコをくれるのはゆきだけである。毎年ゆきは、1粒だけチョコをくれる。ジャン=ポール・エヴァンのバレンタイン限定チョコだ。ゆきがパパに渡すついでに同じのをもう一箱買うのだ。それを、ママと一緒に食べている。俺たちのチョコはおこぼれである。だがしかし、これは、貴重なおこぼれだ。 「はい、お・す・そ・義理♡ 先生に見つからないでね」  バレンタインの朝。そう言って、ゆきはチョコを渡すのだ。義理とはい...
土曜日(ショート・ショート)

呪いのフォルダ(参)

───cursed-folder-case3(1975-04-16 05-15)  1975年4月16日。  私と彩夏さやかの挙式を7月7日に決めた。  年に一度の七夕であり、彼女の誕生日でもあったからだ。知人が経営するホテルで、彩夏と結婚式の打ち合わせを終え、その足で田所たどころ博士の家に向かった。あのマシンを目の当たりにして、彩夏はどんな顔をするのだろう。それがとても楽しみだった。だがしかし、私の予想に反して彩夏の顔は不安げだった。 「お願いだから、この機械の電源だけは入れないで」  彩夏は私に懇願した。彩夏の推測では、この扉は異次元への入り口だと言う。高次元なのか、別世界なのか、それとも...
金曜日(小説の話)

腹は減っているくらいが丁度いい(笑)

金曜日は小説の話。  2024年1月30日。  朝から何も食べてない。どうしようかと考えたけれど、妙に体調がよいので夕方からも仕事を続行。 ───ワンオペの単純作業だから問題なし。  飯は終わってから食べればよいし、今食べたら眠くなる。しばらくすると、グーグー鳴ってた腹の虫も静かになって、今日もサヨリは元気です(笑)  午後4時から午後9時までの5時間、音もない小さな缶づめ空間で作業をこなす。やるべき作業は手が覚えてる。脳が暇なのものだから、頭の中で作文しながらゾーンに入る時を待つ。 ───キター!!!!  こうなると、止めてはいけない。今、頭に浮かんでいるのは、新しい小説のプロットだから。こ...
木曜日(雑談)

何で、毎日ブログを書いてんの?

木曜日は雑談の日。  どうしてブログを書くのだろう? 毎日、毎日、飽きもせず。 書いてるなんてどうかしている。 人気もアクセスもまるでないのに……。  読書よりもテレビっ子。通信簿、万年国語2だった僕である。基本的に書くことが好きじゃない。どういうわけだか、これからはネットの時代じゃ! そんなぶらり散歩気分で、ホームページの世界にバカな頭を突っ込んだ。  当時は回線速度もトロくって、写真1枚でも表示するまで何秒も必要だった。あのストレスに耐えられるのは、エロパワーなくてはあり得ない。動画だって同じであろう。ビデオも、ネットも、普及の裏にはエロパワー。本能には誰も勝てない。  だから、文字なんて...
水曜日(猫の話)

お猫のお耳のマッサージ

水曜日は猫の話。 ───うぉーい、肩こったなぁ~ガチガチじゃ!!!  肩はこれども金はない。マッサージなんて、何年も行った記憶がまるでない。その僕が、飼い猫にマッサージしているのも不思議です。  おい、幸せそうだな(笑)  猫には肩の概念がない。猫の鎖骨が小さく退化している。だから、肩の柔軟性が異常に高い。猫はね、あの小さな頭が通る空間があれば、全身が通りぬけられるんだよ。とはいえ、昨今の飼い猫は、ふくよかだ。だから、その限りではないのだけれど……。腹が引っかかる猫もいる。  つまり、僕がマッサージしてるのは、肩ではなくて首である。猫も首が凝るらしい。首をモミモミするだけで、目がとろーんとなっ...
火曜日(レビュー)

ナニコレうめぇ!サッポロ一番 元祖ニュータンタン麺

火曜日はレビューの日。  馴染みのないラーメンをもらった。毎度おなじみ、同僚ワーちゃんとは別ルート。ブログの読者からの差し入れである。ありがてぇ~! パッケージには〝元祖ニュータンタン麺〟と書いてある。パッケージの上部には、小さく〝サッポロ一番〟の文字があった。つまり、サッポロ一番ファミリーの誰か。  はて? 見た記憶がまるでない。  若い頃は出前一丁一筋で、五十手前でサッポロ一番に浮気した僕である。見過ごすことはあり得ない。スーパーで確認すると、定番のみそと塩しか並んでなくて、今日もサヨリは元気です(笑) スーパー3件回って、コンビニですら発見できない。高松では幻のラーメンなのかもしれないね...
月曜日(畑の話)

今年のスイカはコンテナ栽培

月曜日は畑の話。  去年のスイカは中々よかった。瑞々しかった、甘かった。そして……割れなかった。これに尽きる。  小玉を4本、大玉を1本。  場所を変えて苗を植えた。大玉はホムセンで売れ残りの苗を買い、小玉は種を発芽させたものである。種はええでぇ~安いから。  接ぎ木苗がどうのこうの。そんな話もあるのだけれど、接ぎ木だってキチンと育つとは限らない。だったら数で勝負じゃないか。貧乏人には、種しか勝たん!で、今日もサヨリは元気です(笑)  みんな大好きスイカだけれど、スイカは最低3メートルの畝うねを必要とする。余裕を持たせれば5メートル。畝の端まで蔓つるが伸びれば、クルリとUターンさせるのだ。いや...
日曜日(ブログ王スピンオフ)

ツクヨちゃんの富士山アポロ

オッツーと学校の門を抜けるとツクヨだった。  ツクヨと、じいちゃんと、忍しのぶちゃんが立っている。俺たちを見つけると、幼稚園児ふたりがコソコソと話し始める。どうして女の子は、早口でコソコソと喋るのだろう……それがいつも不思議だった。 「どうしたん? じいちゃん」  俺はじいちゃんに訊く。  じいちゃんは、にこにこ笑って何も言わない。じいちゃんの足元で、幼女のコソコソ話が終わらない。お前らそれ、御前会議か? コソコソの合間で「はよ、いけっ!」っと、忍ちゃんの声がする。忍ちゃんはツクヨと同じ幼稚園のモモ組さんだ。俺は忍ちゃんが苦手だった。それは、もうすぐ分かるだろう。 「コソコソ……コソコソコソコ...