おゆまると樹脂粘土を使ったワッフルコーンの作り方

ハンドメイド

夏と言えばアイスクリーム。そうだ!、ソフトクリームを作ろう!。という事で作り始めたワッフルコーン。作り方も簡単なので、ソフトクリームのコーンパーツの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

粘土でワッフルコーンの作り方

ワッフルコーンの道具と材料

  • ワッフルの型になるもの(今回は「釜揚げしらす」の容器を利用)
  • おゆまるくん(100均)
  • 樹脂粘土(グレイス or コスモス)
  • ベビーオイル
  • ペットボトルのフタ
  • 缶コーヒーのフタ
  • 粘土台(カッターマットで代用)

 

今回はワッフルの型として、いただきものの釜揚げしらすの容器で型取りしました。他の方法として、

  • 市販のワッフルの型を購入する
  • 割り箸の先で粘土に型取りをして型を取る
  • おゆまるくんに定規で直接型を付ける方法

などがあります。

 

粘土の種類と色について

今回は樹脂粘土(グレイス50% コスモス50%)で制作しましたが、100均の石粉粘土や軽量粘土でも製作は可能です。後で着色する方法もありますが、絵の具を練り込んだほうが楽なので樹脂粘土(イエローディープ)を練り込みました。

ワッフルコーン製作手順

 

ワッフルコーンを作る道具はこれだけです。

制作手順は写真をご覧下さい。

 

粘土を潰すための缶コーヒーのフタは平たいものなら何でもオッケーです。ペットボトルのフタも丸いものであれば何でも使えます。この点については、ざっくりとやっちゃって下さい。粘土離れが割ると場合、市販のベビーオイルを型に塗ると粘土離れが良くなります。ベビーオイルは100均ので十分使えます。

ワッフルをコーン状にするのも簡単です。型抜きした粘土をやんわりと半分に折って、片方の端っこだけをくっつけます。そのまま半分くらい繋げれば出来上がり。そのままでも良いですけれど、今回はユリの花のように開いてみました。お好みで調整してみて下さい。

粘土でワッフルコーン作り方まとめ

いつものヒザの上で座っているわが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)。お散歩へ連れて言って欲しいらしく、今回は僕の足元で作業の終わりを待っていました。

ワッフルの型さえあれば、ものの3分でワッフルコーンが1個作れてしまいます。慣れてしまえば更なる加速も可能でしょう。型についてもおゆまるくんを伸ばして型取りするだけですから、お湯さえあれば数分で作業終了。ワッフルの型は普通のワッフルへの転用も可能ですから、これから粘土を!という方はひとつ持っておいても損は無いでしょう。型の製作が面倒くさい方は市販の型のご購入もご検討下さい。

ちなみに今日、粘土の型(パジコ シリコンモールド)を手芸センタードリームで2種類購入して来ました。ハンドメイドだからって、全てを手作りする必要はありません。使えると思った型を持っておくだけで、後で何かと便利です。

タイトルとURLをコピーしました