インターネット・SNS・ブログ

可愛い!使える!猫のフリー写真のある素材屋さん

スマホで気楽に写真が撮影出来る時代。デジタルカメラだった安く買える時代。自分で猫を飼っているのなら、ブログで使う猫写真には困らないだろう。しかし、猫を飼っていない人々が猫関連の記事を書こうとするとどうだろうか?。記事は書きたいでも写真が無い。そんな時は、フリー写真を使ってみては如何だろうか?。今日は、可愛い猫のフリー写真が使える無料素材サイトを調べてみた。ただし、各素材屋さんごとに利用規約が存在する。各規約に準じた使い方でネットライフを楽しんで欲しい。 2016年版!猫の無料素材集 ぱくたそ フリー人物画像写真と言えば、一番の候補に挙がるのが「ぱくたそ」だ。個性的な人物写真と様々なシチュエーシ...
猫の雑学

20ポンドで買った三毛猫、その後オスだと判明!

出生確率40万分の1!それゆえ希少価値も高く日本では古来から幸運を呼ぶ猫とも言われる三毛猫のオス。そんな三毛猫のオスを20ポンド(約3千円)で買った男性の話をmirrorが伝えた。 20ポンドで買った三毛猫 その猫を買った幸運な男性がイギリス在住のリチャードさん(22歳)。三毛猫はメスという固定観念から、獣医に三毛猫を見せるまでメスであると信じていたそうだ。どこかで聞いた話だ。 獣医に事実を知らされるまで、ずっとメスだと信じていたリチャードさん。この三毛猫のレアさ加減を知ってからも、 「だからといって何が変わるわけでもないよ。ジェイクはうちの大事な家族なのさ。」 っと回答もイケメンであった。 ...
インターネット・SNS・ブログ

思わずほっこり!いたずら猫へ飼い主のお仕置きが神

飼い主を引っ掻いたり、夕食のおかずを泥棒したり、コップをひっくり返したり、カーテンに登ってボロボロにしたり、網をやぶったり、トイレットペーパーを引っ張ったり、ティッシュの中身を全部出してしまったり...。猫様と暮らしていると、そんな事は日常の一コマに過ぎない。猫の飼い主は、それを十分理解して猫を飼っている心優しい人たちばかり。だがしかし、いたずらも度が過ぎるとお仕置きをしたくなる気持ちににもなる。私もそうだが、そんな時、つい猫のお尻を叩いてしまったりもする。そんな中、猫のお仕置きとして粋な対応を収めた写真がTwitter上に公開され話題を呼んでいる。
うちの猫の話

この子誰の子?「旅行中だけれど、猫いないからもう帰りたくなる」レベルの愛猫の妊娠疑惑!

人間と猫との出会いの場はペットショップだけでは無ありません。気が付けば家族という場合がほとんど。 段ボールの中で泣いていた。自分の後ろをついて来た。子供が拾って来た。気が付けば居着いてしまった。 などなど、猫と暮らし始める動機など十人十色である。そんな中、ドサクサ紛れに家に居着いてしまった猫と飼い主の話が面白かったのでご紹介しよう。 うちの猫・・・○○だったんです 家に猫が住み着いた。飼い主は子供と妻・・・の筈だった。よくある話で、猫への愛着は時間と共に薄れて行ったらしい。気が付けば、男のコタツの中で寝泊りするようになっていた。 「だから嫌なんだよ。動物を飼うのは」 自分の猫という自覚が全く無...
猫の雑学

齢26歳!ギネスに認定、世界最高齢の猫が男前

世界最高齢に認定されたコーデュロイ君 Corduroy Guinness World Records Oldest Living Catborn in Central Oregon on August 1, 1989. ギネスブック世界最高齢に認定されたアメリカ・オレゴン州に住むコーデュロイ君。その年齢は1989年8月1日生まれの26歳。人間の年齢に換算すると齢120歳を超えるという。写真投稿SNS、インスタグラムでも大人気のイケメン猫である。
お買い物・レビュー

うちの猫も必要なの?初めて爪とぎなるものを買った話

「何かやってる。ソファーでやってる。カリカリ...カリカリ...。」 この猫が私の部屋に居候をし始めてから数か月後のお話。成り行きで始まった猫様との同居生活。何分成り行きでしかないので猫に対する知識は皆無。その頃の私の猫に対する気持ちなんて、 猫なんて、ご飯に味噌汁混ぜたご飯を喰わしときゃ良いんだろ?。たまに、メザシとかイワシとか喰わせときゃ良いんだろ?。どっぷりと昭和。昭和のテレビの影響そのまま。 そんな時、知り合が教えてくれた爪とぎというアイテム。それがあると猫様はソファーの代わりに爪とぎでカリカリしてくれるらしい。そんな漫画のような話は無いだろうと思ってはみたが、このままではソファーに穴...
猫の雑学

ちっちゃい!猫の前歯の可愛さは異常

猫の歯は滅茶苦茶小さいです。
猫の雑学

涙の再会!2ヶ月前に失踪した猫、2250キロ離れた場所で発見される

2か月前にいなくなった飼い猫が、2250キロも離れた土地で見つかり、飼い主と再会を果たしました。(2016年2月27日14:57)TBS NEWS:※ソース記事は削除されました(2016年3月9日現在) 猫の脱走劇!、または、猫の家出!。 猫を飼われている方にとっては極当たり前な事件。そう、猫は時に旅に出たくなる生き物なのです。しかし、その多くはお腹が空くと、家に直ぐに帰って来る小学校の子供のような行動を取るもの。
うちの猫の話

背筋がゾワぁ~!ノミ取りクシで初めて猫をといた話

猫様のお腹をじっくりと観察すると、赤い粒がお腹の毛の間を掻い潜って移動しているのが見られる。ノミにかじられた猫様のお腹の皮膚は、ところどころ赤く炎症を起こして痛々しく感じられた。お腹を触られると痛いのだろうか?。お腹をさすると酷く嫌そうな視線をこちらに送る。以前から頭の中にあったノミ取りクシを試してみようと思いたった。そして僕は絶句した。
猫の雑学

インスタグラムフォロワー38万越え!最も美しい瞳を持つイギリスの猫

写真に特化したSNSとして世界中で利用されているインスタグラム。日本でも水原希子・ローラ・仲里依紗など有名人たちも利用してる。そんなインスタグラムの中でも猫ブームは衰えを知らない。イギリス在住のコビー君を「最も美しい瞳を持つ猫」として海外メディアが報じた。 ※上部キジトラ猫は、わが家の猫さまです(^_^;)。
うちの猫の話

【薬は怖い】猫ノミを完全駆除した僕の武器はノミ取り櫛【副作用も心配】

部屋中ノミだらけで愛猫を調べるとノミだらけ。でも薬は使いたくない。そんな僕がノミを撲滅させた方法。
うちの猫の話

格安で猫タワーを自作する案

わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)、 普段は紐に繋がれて生活している。私が一緒にいる時は紐から解放されてはいるものの、基本的に紐に繋がれて生活している。可哀想だとも思うのですが、それにはなんやかんやと理由があるのです。 こんばんは、キジとら(@kijitora_sayori)です。 数年前までは屋内と屋外を自由に行き来していた自由猫サヨリ。ふらっと外へ出かけて行って、お腹が空いたら帰って来るという人間としては羨ましライフスタイルだったのだけれど、 「ノミ大発生事件」 に加え 「近所の野良ちゃんとの喧嘩問題」 が浮上。これはまずいと完全家飼いが可決されます。当初は紐に繋ぐ事は無かったものの、猫...
インターネット・SNS・ブログ

知ってる?猫バンバンプロジェクト動画

「猫バンバン」というキーワード。アナタは、知ってますか?。 毎年、冬になると自動車のエンジンルームで起こる猫の悲劇が多数報告されている。この動画を見ると、猫バンバンの意味と必要が良く分かる。ただ、明るいイメージ動画だけでは十分伝わらない部分もある。そこで、知り合いが実際に体験した猫バンバンをしなかった悲劇を書いてみようと思う。 文章中、キツイ表現もあるので注意して下さい。
うちの猫の話

オス猫のおしっこは臭い!こまめな掃除と猫砂選びがカギ

猫のオシッコの臭いで目が痛いし!。
うちの猫の話

猫は飼いやすいとテレビで言われているけれどホント?

猫は犬に比べて猫は飼いやすいと言われている。 昨今、ネコノミクス効果がもてはやされ、猫本や猫関連商品もバカ売れしているそうだ。テレビでも猫の話題に入ると「猫の飼いやすい理由」を必ず述べている。だが、果たして猫は飼いやすいのだろうか?。うちの猫を例にとって解説していこう!。
インターネット・SNS・ブログ

【重要】[ムームードメイン] ご登録情報修正のお願い kijitora.link

”kijitora.link”取得当日、 【重要】 ご登録情報修正のお願い kijitora.link というメールが送られて来た。小藪さんじゃないけれど、 「はぁ?。」 ですわ、 「はぁ?。」 何やねん、コレ。
お知らせ

初投稿!「キジとら」とは?

キジとらブログ、本日開店です。