これ以上、小さな猫は作れません。

「ブロッコリーとプチトマトを持ったピカチュウですね、分かります。」

「ちげぇ~よ、黄色の猫だよ。」

「それにしても、お父さんにしては雑に作りましたね。目だけですか?。」

「目だけじゃねぇ~わ。目だけで精一杯の誠意だよ。」

「にゃ?。」

スポンサーリンク

3mmくらいの極小猫

「げっ、昨日のボクのミニチュアの目玉焼きよりも小さい・・・。芸風を変えましたね、お父さん。米粒にでも文字を書くおつもりでしょうか?。」

「書かねぇよ。ってか、書けねぇ~わ。」

「昨日まではこんなだったのに・・・一夜で赤ちゃんが・・・。」

「何いってんの?、サヨリちゃん。粘土から、猫じゃないし、ましては人でも無いから。急に小さなのが増えても問題ないから。」

「そりゃそうですけれど、お父さん。こんな小さなの作っても無意味でしょ?。」

「ふっ・・・。限界に挑戦したくなったのさ。」

「微妙に粘土が余ったからでしょ?。」

「ピンポン♪。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク