初注文!ハンドメイド猫マグネット

「ゴジラみたいだね、サヨリちゃん。今にもビルをぶっ壊しそうだよ。」

「ボクをニャジラみたいに言わないで下さい。普通サイズのかわいい猫、それがサヨリちゃん。即ち、ボクです。」

「自分でそれが言えるのなら大したものだ。アナタ、荒削りではありますが、そのうち伸びますよ。」

「それ誰やねん?。ところで、缶にくっ付いている猫は何ですか?。」

「猫のマグネット。」

スポンサーリンク

初めて作った猫のマグネット

「これはいつもの猫サイズですか?。」

「そうそう。いつもの猫サイズだよ、サヨリちゃん。比較用のチロルを置いて無かったね。失敬、失敬。」

「『失敬、失敬』って、昭和のサスペンスドラマの警部みたいですね、お父さん。でも、突然にマグネットを作りましたね。」

「これはお父さんのじゃ無くって、Naru姐さんから依頼されたものなんだよ。猫のマグネット、貞子にゃん(上部写真のテレビから出て来ている猫)ってワケにもイカないでしょ?。」

「でも、貞子にゃんも気に入ってましたよ、Naru姐さん。」

「あの人、変わり者だからね。」

「変わり者ですもんね。」

「だけど、まぁ、普通のマグネットの方が良いでしょ?。」

「でも、このネコだって普通じゃありませんよ。」

「何でだよ!。かわいい猫じゃないの?。」

「写真ではのっぺりしていますけれど、パンですから!。生身の猫じゃなくって、普通にパンですから。」

「それは良いじゃない?。」

「にゃんで?。」

「普通に猫を作る事にも飽きてきたんだよ、貞子にゃん。」

「お父さんらしいです。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク