無一物という名のキャットフード

この記事は約3分で読めます。

仕事帰りにいつものスーパーへ立ちる。

自分のえさというよりも、愛猫あいびょうサヨリの晩飯ばんめしが目的だ。何だかんだあったのだけれど、サヨリも頑張って10歳超えを果たしたのだ。これからの余生よせいは出来るだけ美味おいしいご飯を食べさせてやろうと、良さげなキャットフードを見つけては、サヨリのお皿に入れるのが、いつの頃からか僕の楽しみになっていた。いくら美味しいモノとは言うものの、9割方は老猫ろうねこ用キャットフードを選ぶのだけど、この日は、はごろもフーズのパッケージが目が止まった。漢前おとこまえだ。

無一物むいちもつ

なーんか、とおい昔。夕暮ゆうぐれれ時に放送していたアニメの台詞せりふのような名前だ。煙草たばこくわえたイケメン金髪坊主ぼうずいてた台詞が頭をよぎる。

無一物むいちもつ ほとけえばほとけころえばころせ 何者なにものにもらわれずしばられず ただあるがままにおのれきること

坊主が吐くには物騒ぶっそうな言い回しだが、この台詞の真意しんいはこうだ。

人間は親、先生、先輩、師匠ししょうなどの教えに大きく左右される。がしかし、自分の中の教えとは、あくまでも己が作り出した虚像きょぞうにしか過ぎないし、その真意は己の解釈かいしゃくひとつで大きく変わってしまうようなもの。自分が勝手に作り上げた親、先生、先輩、師匠…の虚像。そんな自分の中にある固定概念こていがいねんを殺さない限り、人は成長出来ないものだ。という教え。

こんな解釈かいしゃくだったか、無かったか。

まぁ、いっか。

サヨリちゃんのご飯、ご飯っと。

やぶからぼうに無一物を手に取ってみると、このキャットフードには、食品添加物しょくひんてんかぶつなどの余計な物は一切入っていないらしい。だから、だからこそ無一物という名前なのだ。漢っぽい。

うん、気に入った。

訳の分からんメーカーの製品ならば、そういうのを疑いの目で見るのだけれど、天下のはごろもフーズなのだから信頼性しんらいせいは高いはず。いつものご飯よりも15円ほど高額ではあったのだけれど、興味本位きょうみほんいで無一物を一個だけカゴの中に放り込んだ。

ぞくに言うおためしし購入だ。

後は、芋パンにうつつを抜かしていたサヨリの反応次第はんのうしだい

スポンサーリンク

はごろもフーズ「無一物」の試食だニャ

事務局のドアを開けると99.9パーセントの確率でサヨリが扉の向こう側から鈴を鳴らしながら駆け寄って来る。鳴き声が聞こえない時は嫌な感じがしてしまうので、扉越とびらごしに聞こえる

ウニャウニャ

という鳴き声は僕とサヨリとの間では大切な儀式だ。そんなサヨリのお帰りニャ〜を聞きながら、取り出したるは無一物。ファーストコンタクトの反応は、ニャに?、という感じだったものの、くえそうと判断したようで、

袋ごと行く気満々。サヨリの中のやる気スイッチがオンされたようなので、いつものデッカい猫鍋に無一物を投入すると、行ったね。頭からダイブしてたね。カツオのプールに飛び込んでった。

サヨリはマグロよりもカツオが好き。やっぱりカツオを選んで良かったと思えるかぶり付きで、見ているこっちの顔がほころんでしまう。今のサヨリはこんなだけれど、一時期ご飯を食べない事があって、食べてくれるだけでも有難ありがたい。

ゴロゴロとのどを鳴らして食べるサヨリの背中からは、老猫という雰囲気は微塵みじんも無くって、まだまだイケる気がするお父さんであった。

無一物を堪能たんのうした後は、いつものように僕の膝の上でくつろいで寝まうサヨリ。それはそれで良いのだけれど、これから小一時間こいちじかんはトイレにも行けない賢者けんじゃタイム。

その賢者タイムの間に、キジとらの更新は行われているのです。

たぶん。

タイトルとURLをコピーしました