猫にお手をさせる方法

この記事は約2分で読めます。

わが家の猫様、

自慢じゃ無いですがお手はしません。

お代わりもお手もしません。

唯一出来るのがお座り。

他の芸は見た事がありません。

一時期、子供が頑張ってお手を仕込んでいました。

猫様はというと、

ストイックな目で子供を見つめるばかり。

ですが、猫に疑似的なお手をさせる事は可能です。

ていうか、疑似ハイタッチも出来ます。

スポンサーリンク

猫にお手をさせる方法

2016-07-16 公園のベンチで猫くつろぐ猫の手

猫は自分の前足に人間の手を乗せられるのを嫌がります。

もし、貴方の猫がそれを嫌がらない場合は作戦が詰んでます。

速やかにお引き取り下さい。

そうでない方は、

手の平を上に向けて猫の前足に手の甲を乗せます。

猫は条件反射的に手の平に前足を乗せます。

これで疑似お手の完成です。

スポンサーリンク

猫がハイタッチなんて出来んの?

次はハイタッチのやり方です。

こちらも猫の習性を利用しています。

猫に自分の手のひらを向けて近づけます。

猫は自己防衛本能が機能し、

とっさに、そのてに自らの手のひらを合わせます。

これで見かけ上のハイタッチは成功です。

わが家の猫様もこの方法でしたら、

お手もハイタッチも高確率でやってくれます。

子猫の頃から愛情たっぷりに育った猫ちゃんは、

案外、お手やらなんやら出来そうですね。

うち猫様は成猫になってやって来ました。

ですから最初は

『シャーっ』

って鳴いて抱っこすら出来ませんでした。

こちらも猫の素人。

猫の爪の恐ろしさも知らないし、

猫の爪を切るという知恵も無い。

今思うと、猫を飼うなんて結構なギャンブルだったと思います(笑)。

タイトルとURLをコピーしました