粘土細工!シリコンモールドでうどんのどんぶりを自作

ハンドメイド

「その透明なのは何ですか?、お父さん。」

「『(S707)シリコンモールド キッチン雑貨 小鉢 食器 器 お皿 3D 立体 3サイズ』だよ、サヨリちゃん。粘土の型だよ。Amazonで買ったんだ。」

「これでどんぶりを作ったら簡単に出来ちゃうの?。」

「簡単じゃないけれど、今までのやり方よりは楽なのは確かだね。」

スポンサーリンク

うどんのどんぶりのシリコンの型

「あぁ、そうなっているんですか。これなら両面が同時に出来ますね、お父さん。型どおりに出来ればキレイな丼が出来そうです。」

「だろ?。で、どんぶりを作ってみました。」

ミニチュアどんぶりを作ってみる

「ミニチュアどんぶりに使う材料は、

  • シリコンモールド
  • 石粉粘土
  • ベビーオイル
  • 綿棒

だよ、サヨリちゃん。」

「今までの材料と同じですね、お父さん。」

「この型に粘土を入れて一晩寝かせます。小一時間位で型を外したら失敗しました。それと、乾かしている間、シリコンに重しを乗せました。」

「粘土は我慢が必要ですね。直ぐの出来ればいいのに。」

「待っている時間が勿体無い気がするよね、サヨリちゃん。その間に別の事をして待つようにはしているのだけれど、時間の使い方が下手なんだよね。という事でお皿を作っているんだよ。」

「お皿が沢山。」

「そんな事を言っている間にどんぶり出来たよ、サヨリちゃん。」

「キレイに出来るものですね、お父さん。」

「もう少し放置しておけばよかったね。底が少しへしゃげちゃった。」

「確かにキレイに仕上がりますけど、お父さん。この方法を使うと1日1個が限界ですね。」

「そうなんだよね、サヨリちゃん。今はヨシとしても、沢山どんぶりが必要になったら困るだろうねぇ。色を塗ってうどんを入れてみたよ。」

「メッチャ小さいのに悪くはない出来ですね、お父さん。」

「具とスープを入れたらそれなりになると思うよ、サヨリちゃん。麺も改良したからね。シリコンモールドって少し値段が高いけど、買って良かったと思ってるよ。お皿の型もあったから、お財布の余裕がある時に買っておこうかな?。サヨリちゃん、リクエストはあるかな?。」

「ボクは豪華な天ぷらうどんが食べたいです!。」

「はいはい。」

 

タイトルとURLをコピーしました