自作キャットタワーはプラスチックコンテナで

天空の猫
この記事は約4分で読めます。

夏に向けてキジとら事務局のレイアウトを一新いっしんしたら、愛猫あいびょうサヨリが身をくらませた。

愛すべき炬燵こたつも片付けて、懸垂けんすいマシンをドンと配置した筋トレ仕様しようが今の事務局。軽くスポーツジムっぽくなっていて、パソコンを使ったお仕事をする環境にはとても見えない。初めてのお客様は、きっと困惑こんわくするのだろう。

だがしかし、僕のボテッとしたお腹の早期改造そうきかいぞうが最優先で、夏までには何とかせねば。やるからにはブログで宣言するのはお約束。なので、「夏までに痩せる室内レイアウト」という記事を書いて闘魂注入とうこんちゅうにゅう、元気ですかぁ〜。

懸垂マシンの上の猫

そんな記事を書いてお腹がへこむなんてと突っ込みを入れられそうなのだけど、ブログで宣言してしまうとリアル世界からの熱い視線しせんを浴びて、否応いやおうなしにも筋トレをやらざるを得なくなってしまうのだ。それと同時に、懸垂マシンはサヨリのキャットタワーとしての役目もった。

今日から僕はドMだよ。

以後、事務局に訪れたお客さんのリアクションも様々で、キョトンとする淑女しゅくじょもいれば、いの一番で懸垂マシンにぶら下がっている紳士しんしもいる。反応はみな様々なのだけれど、無理してでも懸垂をしなければならない舞台ステージは出来た。

困った事に、レイアウトを変えた事で台座だいざとして使っていたプラスチックコンテナが17個ほど行き場を失った。なので、事務局のすみっこに積み上げて再配置。結果的に唯一の採光部さいこうぶを失う事になるのだけれど、今年の夏は猛暑もうしょっぽいので逆に好都合こうつごうだった。

消える前のサヨリ

事務局のレイアウトを変えてから3日目。忽然こつぜんと愛猫サヨリは姿を消した。

スポンサーリンク

サヨリ、ちゅーるに釣られる

いつもなら僕のひざの上にまとわり付いて離れない可愛いやつ。今日はどこに隠れているのだろうかと殺風景さっぷうけいな事務局の中に目をくばるものの、可愛いサヨリの姿が見当たらない。入り口のドアは締め切られていて完全密室みっしつ状態なのだけれど、神隠かみかくしにでもあったようにサヨリの気配が消えてしまった。江戸川コナン君ならどう推理すいりするだろうか。

おいおい、異次元いじげんにでも召喚しょうかんされちまったのかよ。ラノベでもあるまいし。

そんな時はちゅーるの出番。サヨリ専用コンテナ(別名 食料庫 サヨちゃん)からちゅーるを引っ張り出して振り回す。いつもなら何処どこかくれていてもちゅーるに釣られてヒョッコリはんなのだけれど、どうやら今日は勝手が違うらしい。ゴソリとも音がしない事務局で、不安がつのるだけだった。

それでも、ちゅーるを振りながらしばらくすると、ニャッニャッっといつものサヨリの小刻みな鳴き声。それ見ろ、キミはちゅーるには勝てないんだよ。いつもと違うのは、その声がはるか上空から聞こえて来た事だ。

天空の猫、サヨリ

僕を見下ろす猫

サヨリの声がする方向に目をやると、積み上げられたプラスチックコンテナのテッペンから、僕を見下ろすサヨリの顔が。もうね、見てたね、ガン見してた。ドヤ顔でこっち見てた。今思えば見下みくだされていたのかも知れない。でも、どうやって登った。まさかだけれど自力でクライミングしちゃったか。貞子さだこが井戸をい上がるように登ったのか。

ってか、鼻水れてるで、おまいさん。

僕を見下す猫

サヨリは昔からそうだった。これまで高い所に登って降りられなくなるパターンを幾度となく繰り返して来た猫だった。仕方がないのでアルミ製の脚立きゃたつに登って下ろしてやろうとすると、自分でスルスルと床に着地して得意げな顔で今度は僕を見上げる。

サヨリ選手、10点満点が出ました。

僕を見上げる猫

どうやらコンテナと目隠めかくしし用のダンボールとの配置が良かったらしく、僕の外出中にコンテナのテッペンまで登り降りしていたようで、れた足取りで降りて行った。彼も僕同様に筋トレにはげんでいたようだ。

お散歩嫌い

思い返せば、昨夜の散歩に出ても歩こうとしなかったのはコンテナタワーのせいだったのかも知れない。

自作?プラスチックコンテナキャットタワー

自作キャットタワー

僕の我儘わがままボディ改革から始まった事務局の模様替え。僕ら念願ねんがんのキャットタワーが偶然ぐうぜんとはいえ出来上がってしまったようだ。偶然にせよ自作は自作のキャットタワー。そして、それにサヨリが登るのは自然で必然ひつぜんだったのだろう。

僕の肉体改造ダイエットが終わったら、事務局のレイアウトを元の配置に戻す予定だったのだけれど、彼のお気に入りなら真冬までこのままにしておこう。

兎にも角にも、サヨリが僕を見下ろす姿がこの夏の日常になりそうだ。そして今も、サヨリはコンテナタワーの天辺てっぺんくつろいでいる。

タイトルとURLをコピーしました