100均の毛糸でアラン模様(ハート型)

ハンドメイド

「アラン模様かぁ。」

「アラン・ドロン?。」

「アラン模様だよ、サヨリちゃん!。」

「アラン・タム?。」

「お前、わざとだろ!。」

スポンサーリンク

アラン模様はアイルランドの家紋?

「先日、写真に撮ったでしょ。ダイソーのツイードって名前の毛糸で編んだセーターの柄がアラン模様だったんだよ。」

「ロイヤルブルーのセーターですにゃ。あれからも調べたんですね、お父さん。」

「そうそう。あれからも気になったので、Google検索で探したんだよ。そしたら、アラン模様が見つかったんだ。アラン模様って、アイルランドの家紋なんだって。」

「執念ですね、お父さん。でも、家紋だったら網柄も複数存在するという事ですね。Naru姐さんが編んでくれた家紋は何一族の家紋なの?。」

「どこの家紋とかは関係無いと思うよ、サヨリちゃん。背中の輪っかをハート型にしたかったって言っていたからね。『チェーンケーブル』って網柄の応用じゃ無いかな。。編み物のプロじゃ無いから分からないけど。」

「そうですね。ボクの背中の写真を見るとハート型になっていますね。ボクへの愛を感じますにゃ。」

「愛かどうかは知らないけれど、サヨリちゃん。ここで一つ情報が入ったよ。」

「にゃに?。」

「ダイソーのツイードって毛糸の話なのだけれど、あの毛糸は良いらしいよ。」

「どこが?。」

「えっと。100均の毛糸ってね、編んでいる間にささくれたり切れたりして、普通のけいとよりも編みづらいんだって。ツイードはそれがあまり無いのだそうだよ。」

「作業しやすいって事ですね。」

「そうそう。ダイソーに行っても、ツイードの在庫が少ないらしいんだ。サヨリちゃんのセーターの色がロイヤルブルーなのは、ダイソーにツイードが一個しか無かったからなんだって。」

「じゃぁ、ツイードって毛糸は100均と言えども希少価値が高いんですねー。」

「そいう事になるね、サヨリちゃん。という事で、これからNaru姐さんの広報支援活動を始めます。」

「にゃにすんの?。」

「冬になると、Naru姐さんって家から出なくなっちゃうのか、ガンガン作り始めるからね。作品を持って来たら写真と共にキジとらで紹介します。猫縛りを外してね。」

「それがNaru姐さんに何のメリットがあるの?。」

「写真を撮って、作り方とか材料の情報をまとめておくとね。おくとだよ、サヨリちゃん。自分のブログネタが出来上がっているって事だろ?。」

「そっか、Naru姐さんが、将来作るであろうブログ記事の材料を作るって事ですね、お父さん。」

「そいう事だよ、サヨリちゃん。頂くばかりでは気が咎めるからね。ふっふっふ。」

「ふっふっふは良いですけれど、お父さん。」

「ん?。」

「昔からNaru姐さんはブログやるやるって言っていますが、ホントにブログやるの?。」

「がっ!。」