手編みのクリスマスツリー!今年は苺と電飾のコーデ作品

猫と手編みのクリスマスツリー(イチゴ) ハンドメイド

クリスマスですね〜。

今夜、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)に手編みのクリスマスツリーを頂きました。まぁ、半ば強制的に持って帰らされたので、サンタさんの手編みのパーカーを着せて写真を撮ってみました。

だって、

このクリスマスツリー持って帰って、サヨリちゃんと写真撮って、ブログなりツイッターなりに上げときなさいよ。

みたいな感じだったので、サヨリちゃんも頑張りました。一瞬だけ頑張ったよ、サヨリちゃん。

コタツから降りようとする猫

散歩してからご飯を食べてから写真撮影したのが悪かったみたいで、コタツの上でじっとしてないサヨリちゃん。ご飯前ならもうチョット頑張れた気がするのだけれど、今はコタツから降りたい気持ちでいっぱいらしい。

食欲を満たした彼の心はここにあらずで、彼は常夏の国、コタツを欲しているのです。そんなわけで、撮影なんて数分だけで握手会もキャンセル。人気アイドル並みの塩対応さながらサンタ姿でコタツの中へと姿を消してしまいました。

でもね、

うちのコタツは結構な熱量で、そんなに長時間も入ってられません。しばらくコタツの中で暖まって、次の行き場は僕の膝の上というのがお約束。ポッカポッカに仕上がったサンタニャン。至極当たり前な顔をしながら僕の膝に乗っかって、ガチ睡眠モードに入ります。

膝の上で寝るサンタの着ぐるみ猫

蛍光灯の灯りが眩しいだろうから、そっとパーカーを被せてあげると、そのままイビキをかいて寝てしまいました。

サンタ姿で眠る猫

たまに思うのだけど、これが日常的になって忘れていたのだけれど。普通、猫って服なんて着ないよね?。そのまま寝るってあり得ないよね?。猫は裸で寝るもんだよね?。まぁ、可愛いからいいけど。

で、

こうなっては、僕も金縛りの術にかけられたも同じで、トイレにも行けない状態が数時間続くわけで。折角なのでiPadを使ってこの記事を書いています。

こんばんは、キジとら(@kijitora_sayori)です。

今夜もサヨリは可愛いです。

サヨリも全く動く気配すら見せないので、手編みのクリスマスツリーのご紹介でもいたしましょう。

※ちなみに、サンタのパーカーとクリスマスツリーの作者は同一人物です。昨年のクリスマスツリーの記事は以下をご覧ください。はっきり言って、今年のツリーよりも去年のツリーの方が編み物レベルは相当高いです。

かぎ針編みのクリスマスツリー 緑&白の写真!編み図とかあるかい?
手編みのクリスマスツリー(グリーン&ホワイト)の写真。

スポンサーリンク

手編みの苺のクリスマスツリー

手編みのイチゴのクリスマスツリー

今年はあーで、こーで、そーなんよ。しっかり写真撮って、全国のみんなに見せてな~。見せびらかすんやで~。

全国のみんなに見せてな~。見せびらかすんやで~。
以外、何の話だったのか全く記憶にございません。お仕事中に電話して来られても困るんですけど…。

という事で要約すると、

予備知識ゼロで説明しますよ今年のクリスマスツリー。えっと、ネットでイチゴのナンチャラ編みというのを見つけて、イチゴばかりが並んでいると気持ちが悪いという理由から、苺の間隔を空けてクリスマスツリーにしてみた。

っぽい話をしていました。

クリスマスツリーを見つめる猫

彼女のネットの情報源は大体ピンタレストで海外情報がお好きな奥方様。なので、このツリーも海外で流行りの編み方を使っているのだと推測しています。

編み物作品を海外発信したいのなら、アカウント作って出してあげてもいいですぜ。ただし、今のペースではアカンけどな~。

編み物でこっそりとバイトをしているようですから、メルカリとかへの進出を目論んでいるのかも知れません。僕の粘土細工と同じで、そう簡単に売れるものではありませんけれど、売れないわけでも無いのでやってみる価値はあると思いますよ。

で、

Knitting of Christmas Tree

クリスマスツリーのアップと上部からの写真がコレ。何かの参考になるかと思ったのだけれど、網目が全然見えないのでどうかなぁ~って感じ。

編み方としては、ツリーの白いパーツを作ってからのイチゴパーツ接続じゃ無くって、全てが一体型になっているのだとか。それが凄いのかそうじゃ無いのかは分からないのだけれど、そのは強く推していたので凄い事なんだと思います、たぶん。

※ちなみにツリーの電飾は、100均で買ってきたものらしいです。どこの100均とか商品名とかの情報は一切入ってこなかったので不明です。

膝の上で眠るサンタクロース

それはそうと、サヨリちゃんの起きる気配は全くありませんね。お父さんさ、キミの服を脱がせないと寝られないのだよ。可愛いけど…。

タイトルとURLをコピーしました