ハンドメイド猫マフラー試作品を試着した猫

一回目の評価は散々だったハンドメイド猫マフラー試作品。

第二弾が届けられたのは先週の木曜日の夜の話。赤色のマフラーと色んな色がミックスされたマフラーだった。色々と突っ込み所はあったが、実際にわが家の猫様(以下、サヨリちゃん)に着せてみなければ分からない。なので、試着感想レビューや写真は、試着と写真撮影が終わってからという事になった。わたしの仕事の都合から、マフラーの試着と猫の写真撮影は翌々日の土曜日に行う事で、この夜の打合せはおひらき。

猫用マフラーの試作品が来ました。予定よりも4日も早い試作品完成に本気度を感じたのも束の間、マフラーを見て思わず出た言葉が、 「・・・0...

お開きになってから、出来上がったマフラーを詳しく見たり、手触りを確認したり・・・。手造りなのは良く分かる。作り手の自己主張もハンドメイドならでは。しかし、網目や色使い、デザイン、サイズから年齢的に少し目上の方が作られたようだ。なぜならば、マフラーから昭和の香りがして来たからだ。

う~ん、平成の猫 VS 昭和のマフラー。うまくマッチングしてくれるなら良いが・・・・。微妙…。

スポンサーリンク

手編み猫マフラー、2回目の試着写真

2016_09_10_%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bc%92%e5%9b%9e%e7%9b%ae0

ハンドメイド手編み猫マフラー。編み物の素人であるわたしが、マフラーの作りに関して何だかんだ言っても始まらない。わたしが書けるのは、サヨリちゃんが可愛く見えるかどうか。そして、マフラーを首に巻いて嫌がらないかどうか。

という事で、2016年9月10日(土)、2回目の試着会を実施。お昼頃からサヨリちゃんを連れて仕事場へやって来たものの、日中は猫の特性上エンジンが掛からず。半日を寝て過ごす事になる。夕暮れ時になり小腹も空いて来た頃、ボチボチ起きて来たので、ガッツリとマフラーを試着した写真撮影を開始した。

縞々バージョン

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%b8%9e%e3%80%850

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%b8%9e%e3%80%851

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%b8%9e%e3%80%852

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%b8%9e%e3%80%853

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e7%b8%9e%e3%80%854

全く想定外の毛糸で編まれたマフラー。これを何色と表現して良いのか分からないが、このマフラーを編んだ人物は結構年齢の高い方のようにお見受けした。派手に見えてそれぞれの色目が地味なので全体的に落ち着いた色合いに見える。実物を見るとアリと言えばアリだが写真に撮影すると、キジトラのタビー柄に負けてしまう感想だった。キジトラ猫には鮮やかな原色がやっぱり映えると思う。

マフラーの幅は5.5cmで長さは85cm。首に二回巻き付ける事が出来きるのでモフモフ感はある。毛糸も柔らかいのでサヨリちゃんの巻き心地も良さそうだった。ちなみにサヨリちゃんは、次に説明する赤バージョンを含めて3種類のマフラー全てに文句を言う事は無かった。マフラーは何時間でも巻いたままでオッケーなようだ。お散歩だってへっちゃらだ。この子が特別なだけかも知れない。なので全ての猫ちゃんがマフラーを好むとは限らないが・・・・。

赤バージョン

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e8%b5%a45

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e8%b5%a40

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e8%b5%a41

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e8%b5%a42

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e8%b5%a43

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e8%b5%a44

待望の赤。やっと来た赤。どうして前回は黒だったのか?。まぁ、それはさておき赤いマフラーの試着の番。やはりキジトラには赤が映える。色は良しとして、どうしてこっちは短いのだろう・・・?。前の縞々バージョンの半分。前回の黒バージョンと同じ太さと長さだった。縞々バージョンと同様のサイズだったらマフラーしている猫の感じが出たのにと思うと残念だ。惜しいなぁ~。

両方とも巻いてみた

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab0

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab1

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab2

2016_09_10_%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e7%8c%ab%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab3

長さの短い赤だけではインパクトが無かったので、縞々と一緒に首に巻いてみた。これが案外良かったりもする。今の季節で見れば窮屈そうにも見えるが、この写真の背景が雪景色だったらどうだろうか?。凄く暖かそうに見えるだろう。積雪は望めないが紅葉を背景に撮影するのならダブルマフラーはアリだと思う。

折角の試着品の猫マフラー。これから朝晩も涼しさが増すので寒さ対策として利用させて頂こうと思っている。次回は来週の予定。作者も変わり、全く別のコンセプトから制作されたマフラーが届けられるそうだ。次回作に期待である( ´艸`)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク