【猫雑学】猫も仮病を使う

あぁ〜行きたくね。

学校、行きたく無いわ〜。

よし!。

仮病を使おう!。

風邪だよ、風邪。

場合によっちゃ、インフルエンザも辞さない!。

『お母さん、風邪ひいたみたいだから、学校に連絡しといて〜、ゴホゴホ…。』

こんな話。

まぁ、普通にある話で、

長い学生生活の中で、

一度や二度くらい使った経験も多いのでは?。

最近、やたらとツイッターと睨めっこしてる僕ですが、

猫も仮病を使うそうです。

スポンサーリンク

猫の仮病、獣医が診断

この話は、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)では無くって、Twitterのフォロワーさんちのニャンコちゃんの話。

前足を引きずっていたので、

病院に連れて行ったら、

『仮病です。』

と診断されたそうです。

猫も仮病を使うんですね(笑)。

僕には猫が仮病を使うという発想すら無かったので、

大きな病気や怪我じゃ無くって良かったね。

という反面、

メッチャ賢い子だなぁ〜と感心させられてしまいました。

飼い主さんの気を引きたいあまり、

そのような行動に出たのでしょうが、

そういう態度が可愛くて愛おしくも感じます。

一方で、ご飯まだ食べてない!詐欺

幸か不幸か、

うちのサヨリは仮病を使った事はありません。

仮病とは少し違いますが、

家族に晩御飯をもらった後、

僕が帰宅したら、

あたかも何も食べていないフリをして、

自分のご飯のお皿の前で、

『ボクはご飯を頂いていません!、ある意味、これは動物虐待というのでは無いのでしょうか?。』

と言っているように振る舞う時期がありました。

で、

いつものように、

サヨリのご飯の準備をしていたら、

「ご飯食べたから、食べさせたらアカンで!。」

とストップが掛かり、

彼の思惑が外れたという事は何度も経験しています。

その度に、

「賢いね〜、お利口さんやね〜。」

と、褒めてしまうのもダメなのでしょうね。

でも、

何度されても褒めてしまうのでしょうね(笑)。

タイトルとURLをコピーしました