気づいた時はもう遅い!猫ノミの対策と駆除について

猫ノミは、気温13度以上で繁殖が可能だと言われています。

気温18度を越えると凄まじい繁殖力で増え続けます。気づかずに放置すると、猫のからだを蝕み家の中へと行動範囲を広げる厄介な存在。その猛威は完全室内飼いの猫でさえ被害に合う事も珍しくはありません

猫ノミ対策は先手あるのみです。

スポンサーリンク

我が家の猫ノミ対策手順

猫のノミ取りはクシ一本あれば上等

過去の経験から、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)へのノミ対策。それはノミ取りクシ1本だけで行います。ちなみにサヨリちゃんのはドギーマンのノミ取りクシ。僕らはこの一本でノミと戦った経験から信頼しているノミ取りクシです。

春から夏にかけて猫は換毛期に入ります。

換毛期とは寒さから体を守る冬毛と夏の暑さでも涼しく過ごせる夏毛が生え変わる期間の事です。換毛期に猫の体から抜ける毛の量は凄まじく、その量は一回のブラッシングでビックリするほど。

そのブラッシングに使うクシがノミ取りクシなのです。日中、外でサヨリちゃんのブラッシングを定期的に行なう事でノミの有無を判断します。

春の季節から気を使ってブラッシングをする事で事前にノミの発生を把握する事が出来ます。

市販のノミ取りの薬は怖くてうちの猫には使えない

夏の時期、ノミの話題になるたびに、

「そんなマメにやってるの?。うちの子はお薬あるから大丈夫。」

そう聞き返される事があります。それはそうかも知れません。ですが、僕はそのお薬が嫌いなのです。なんだか体に悪そうで好きになれません。

ノミ取り薬の影響で命を失った猫の話もネットで幾らでも報告されています。サヨリちゃんは老猫ですから、出来るだけリスクを避けてあげたい気持ちの大きくて面倒でもノミ取りクシでノミ対策をしています。

どうせ毎日、散歩して抱っこして一緒に寝ている子なのです。20~30分のブラッシングなんて、手間のうちにも入りませんし手間だと思った事もありません(笑)。

大切なニャンコのためのブラッシング。ブラシをノミ取りクシに代えるだけでも猫ノミ対策になると思います。更に、抜け毛も面白いように取れます。

ノミ取りホイホイも強い味方

そんな僕が過去に大発生した猫ノミ駆除に効果的だったアイテムは、

ノミ取りクシとノミ取りホイホイ

でした。

ノミ取りホイホイとは光に集まるノミの習性を利用した商品。

ノミ取りホイホイは設置場所と設置方法で効果が大きく異なります。日中はノミ取りホイホイに布団を被せた状態で放置し、夜はカーペットの真ん中に二か月間セットし続けました。その2か月の間に電池交換の必要は無かったので、電池持ちはかなり良いと思います。

嫌だと思いながらも使ったノミ駆除の薬も、白い煙で害虫を駆除する殺虫剤も、私の場合は完全に無意味な行為でした。それだけノミが大発生していたのかも知れません。これらの理由から、毎日のブラッシングでノミチェックが一番合理的かと思います。

ちなみに、上の画像は自作のノミ取りホイホイです。ノミが沸いたら使ってやろうと考えていますが、今のところ自作ホイホイの出番は無さそうです。

300円でオシャレなノミ取りホイホイ作ってみた
「うわぁ~、綺麗ですね、お父さん。」 「そうだろう?、サヨリちゃん。」 「コレ、何ですか?。恋人と二人でお食事する時にでも使う照明ですか?。...

猫ノミの対策と駆除について まとめ

元々、サヨリちゃんは私には懐いていなかった猫。ですがノミの一件でスキンシップがしっかりと取れた結果、現在のように仲良くなれたのだと思います。その結果、このようなコスチュームでお散歩もしてくれるようになりました。

今となれば、忌々しかったノミ大発生事件も、あれはあれで良かったのではないかと思えるようになりました(笑)。

※お遍路衣装:OIDENYAI

※野外撮影地:屋島山上(高松市)

タイトルとURLをコピーしました