【猫雑学】茶トラ・茶白猫の7~8割はオス

三毛猫のオスの数が希少なのは多くの日本人が知っている事実。獣医学書では、その出生確率は3千分の1と推測されているそうだ。

三毛猫の99.9%はメス、オスの値段は3000万円
2017年2月28日放送、ありえへん∞世界「世界のありえへん衝撃映像」&「大の大人が答えられないと恥ずかしい!?新常識」& 「セレブの新常識」&「ぽっちゃり調査隊が行く!道の駅グルメ」の2時間SP!。何ともありえへんくらい長いサブタイトルで...

一方、

ネットでは三毛猫のオスの修正確率は3万分の1という情報が多い。

いずれにせよ、絶対的頭数が希少な三毛猫のオスは、古来より日本では幸運をもたらす猫として大切にされて来たことは紛れもない事実である。しかし、茶トラ・茶白猫はオス猫に比べてメス猫が少ないという事実は意外に知られていない。

スポンサーリンク

茶トラ・茶白猫のメスの頭数は2~3割

希少価値という点では、三毛猫のオスに遠く及ばないものの、茶トラ(茶白)猫のメスも珍しい。

茶トラ・茶白猫の7~8割はオス猫で、メス猫は茶トラ・茶白猫の2割しか存在しない。

漠然とした数字ではあるが1クラス40人の茶トラ中学校に女子が最大で12匹しか存在しないと考えるとイメージが湧くだろうか?。これを全ての猫が在籍している中学校と想定すると、茶トラ・茶白の女子を見つけることすら難しくも思えてしまう。

もしも、あなたのご家庭で飼っている茶トラ・茶白猫がメスだったら、それは大きな幸運をもたらすリアル招き猫なのかも知れない。

タイトルとURLをコピーしました