ビーフ?ポーク?CoCo壱番屋の持ち帰りルーだけ比較

グルメ
この記事は約3分で読めます。

キジとら事務局と目と鼻の先にカレーハウスCoCo壱番屋があります。なので、CoCo壱番屋の利用頻度は割りと高い私です。しかし、コスパがあまりにも悪すぎてしばらくお休みなカレーライス。そんな中、お父さんは事務局でご飯を炊くテクニックを覚えたよ。

そこでカレーが欲しくなるとカレールーだけをお持ち帰りという裏技。多めにご飯さえ炊いておけば、もはやそれはココイチ無双!。CoCo壱番屋のカレーを腹いっぱい満喫ことだって可能なわけです。

カレールーさえあれば、お米2合だって楽勝で食べられるのですから。

スポンサーリンク

ココイチでルーだけをテイクアウトするのならビーフカレーがオススメ

「お米は炊飯器で炊いてカレールーだけを買う!。」

この選択は間違いでは無かったと自負しています。で、ココイチのカレーには、

  • ポークカレー(258円)
  • ビーフカレー(329円)

この二種類のルーがあります。

コスパを重要視すればポークカレーなりますが、価格を無視して満足度という点で考えると、どう考えてもビーフカレーに軍配が上がります。そして、僕はコスパよりも満足度を重視。だって、いつものココイチの気分でポークカレーを食べようものなら、後から後悔しか思いつきませんでしたから。

結論として、



ココイチでルーのみを注文するのなら、ビーフカレーがオススメです!スプーンでルーをすくうとお肉がある方がビーフカレー。肉のみならず、味のコクも全然違うのでビーフにしていれば間違いありません。

何度かポークとビーフを食べ比べてみた結果。

やっぱり、僕的にはポークカレーは選ぶべきでは無いという結論に。258円もあればレトルトでもっと美味しいカレーがあります。やはりココイチのカレーを食べた気になりたかったらビーフカレーの選択肢しかありません。

ただ、

前日の残り物として、コロッケやトンカツなどの揚げ物が冷蔵庫に眠っているなら話は別で、揚げ物効果に乗っかってポークカレーの選択肢も全然ありだと思います。また、ポークカレーをベースにジャガイモや玉ねぎ、お肉やシーフードで味を盛るのもひとつの方法かと。

いずれにせよ、ポークカレーとご飯だけの組わせは、食べながら寂しい気持ちになるので注意が必要です(^_^;)。

スーパーの半額コロッケには気をつけろ!

ちなみに、

経費削減の為にスーパーの半額札の付いた惣菜とご飯でビーフカレー食べた事があります。でもね、これはオススメ出来ません。

絶対に駄目です!。

というのも、時間が経過した惣菜はそれだけでも味が落ちているもの。そして、県民性なのでしょうか?。惣菜を買いもしないくせに、指で突っつものだから余計に味が劣化。安いからと言って、この組み合わせは最低だとやってみて実感しました。

味に煩い東京などの都会ではそのような事も無いのでしょうけれど、ツンツン惣菜は使い物になりません(笑)。

※写真はファミリーマートのコロッケで、スーパーのコロッケとは関係ありません。

カレーうどんだって黙っちゃいない!

別にご飯を炊ける環境に無くっても、僕らにはカップ麺がある!。どん兵衛をお湯で戻せばカレーうどんが出来るのだ。

ただし、どん兵衛程度のボリュームではカレールーが余ってしまうので、もう一個どん兵衛を用意するか、お友達とシェアし合うとかの対策が必要。

ご飯でも美味しいのだからどん兵衛だって普通に美味しい。それと、味が濃くなるので粉末スープは入れずにカップ焼きそばみたいな感覚で、麺と油揚げをお湯で戻してからカレールーを乗せる感じが僕のやり方です。

ココイチのカレールーって結構ボリュームが多いので、初めてのチャレンジの方はお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました