ワークマン新商品「リバーシブルワークスーツ」が欲しいかも。上下セットで5千円を切る嬉しい価格

猫と散歩「ねぇねぇ、太った?」お買い物・レビュー
お買い物・レビュー

服なんて着られれば良い。夜霧のハウスマヌカンは遠い過去。そもそもハウスマヌカンなんて見たことねぇ。冬は防寒性重視で夏はそれなり。ファッション性よりも耐久性。さらに安価なら大歓迎。現在使用中のイージス(防寒防水服)は既にボロボロで破棄寸前。お気に入りだけれど仕方ない。服の寿命を感じるとワークマンに足が向くのも不思議です。今年は我慢するとして、春用に薄手の防寒着をワークマンで購入しました。商品名を忘れてしまったのだけれど、価格は税込4000円ほどだったと記憶しています。サイズは気にせずグリーン色のジャンバーを手に持ち、スマートにレジでお買い上げ。我ながら良き買い物をしました。

スポンサーリンク

持ち帰ると問題発生…コレ…小さい。

Mサイズに収まり切らないこのカラダ。何かが邪魔して前面ファスナーが上がらない。何度サイズを確認しても、やっぱりMでSじゃない。それでも腑に落ちなくて自己分析。その結果、邪魔な贅肉はお腹ではなくて背中側。豚肉ならロースの部分。あの脂身が僕の背中は分厚いらしい。グイッとファスナーを引き上げると、生地がピッチピチになって恥ずかしい。暖かい日なら何とか着られる感じ。

見たくもない現実を受け入れた瞬間、徐々に重くのし掛かるダイエットの5文字。お腹よりもはち切れそうな胸元を眺めながら、服に身体を合わせる必要性を感じさるを得ません。そんな我が身に涙したのが2週間ほど前の話。忘れもしません、木枯らし舞う土曜日の午後3時の出来事でした。

サイズオーバーでもワークマン、ならではの良い事も。先日、接客応対したお客様が僕と同じ服(同色)を着ていて、「お客様もワークマン?」「おや、奇遇ですな、現場どこ?」「高松のあそこです」そんな感じで掴みはオッケー。奇妙なオッサン談義が始まるのもガテン系御用達製品ならでは。ユニクロなら話題は広がらないし、無理矢理でさえ広げられもしない。

ワークマン 作業服にもなる「リバーシブルワークスーツ」発売 紳士服チェーンと差別化
ワークマンは2月16日、「SOLOTEXリバーシブルワークスーツ」を全国発売すると発表した。また3月には夏向きの「DotAirリバーシブルワークスーツ」も販売する。初年度で両モデル20万着を販売を目指すとしている。

そんなワークマンの新商品が斬新で画期的。作業服とジャケットとをリバーシブルで着こなせる「リバーシブルワークスーツ」をリリースしました。上下セットで4800円の価格設定も嬉しいところ。基本、汚れ仕事が多い僕には不向きなのだけれど「現場は行くけど汚れない系」若しくは「現場には行かないけれど雰囲気を味わいたい系」の方には中々オススメ出来そうなワークスーツ。

かく言う僕も、普段着としてワンセット買っても損はない。リバーシブルの片っぽだけで過ごしそうな気もしないでもありませんけど、桜の季節にちょうど良さそうです。またお店を覗きに行こうと考えています。が、「その前にダイエットが先でしょ?」そんな突っ込みが聞こえて来そう。安心して下さい。その声、しっかり僕の心に届いています!。水面下でファスティングダイエット進行中。先ずは2キロ限まで成功で、目標値まであと4キロ。

タイトルとURLをコピーしました