手作り猫の浴衣

「どうですか?、似合っていますか?、お父さん。」

「サヨリちゃんは、何を着ても似合うね。ナデナデ…。」

「これを着て、お祭りとか花火大会に行けますね。」

「気温次第だけれどね。いくら夜でも暑かったら服は着てられないよ。お父さんはお外で浴衣を着るのは、お盆が過ぎてからだと思います。それと、サヨリちゃんは花火は見に行けないよ。」

「どうしてですか?。花火に問題があるのでしょうか?。」

「問題があるのはサヨリちゃん、キミの方だよ。花火大会は『ドン!ドン!』って大きな音がするからね。怖がるから、キミ、絶対、パニクるから、花火どころじゃ無くなるから。だから行けない。」

「そっかぁ~、行けないかぁ~。」

「行けないなぁ~。その代わり、静かなイベントには連れて行ってあげますよ。」

「行けるの?、行けちゃうの?。」

「行けちゃうよ。」

「この浴衣姿で行きますか?。」

「そうなるだろうね、サヨリちゃん。浴衣の類は、これしか無いから。この浴衣か裸か。そのどちらかになるのでしょうね。」

「ボクは日頃から裸ですが、裸であることが日常ですが、そいうふうに言われると、何だか裸という表現がエッチっぽく聞こえて来ますね。その良い方はよろしくないと思いますよ。」

「そりゃそうだ。服とか着ている方が不自然だものね。でもね、たぶん、冬になると話は変わると思うぞ。考えてもみなよ。ずっと、キミの好きなサラサラ毛布に包まってられるって最高だろ?。」

「にゃぁ~♪。確かに、これは捨てがたいですね。」

「残念ながら、冬服は持ってないので毛布で我慢してくださいね、サヨリちゃん。キミサイズのコタツでもあれば、冬の間、カタツムリみたいにして歩くんじゃないかな。」

「それは言えてますね。作って下さいよ、お父さん。そのコタツ。」

「気が向いたら考えてみます。」

「Amazonを見ていたら、猫用のこたつがありました。これで良いですよ、お父さん。」

「『ひゃ~、猫のこたつってあるんだぁ~。』っと、驚いたふりをしてみました。予算が合えば考えてみますね。」

「前向きなご回答に期待するニャン。」

「その前にサヨリちゃん。コタツの前に猫鍋を使って欲しいのだけれど。」

スポンサーリンク