猫の歯(牙)が抜けて元気に!

お盆明けからブログ更新のモチベーションがダダ下がり。

連動してTwitterへの投稿もほぼ皆無な状況に。というのも、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)の調子が悪くて愛猫写真な気分なんかに無かったから。サヨリちゃんの体調不良の原因というのが高齢猫特有のアレですわ、アレ。

後で聞いてみると高齢猫にはよくある話らしいデス。

※写真は最新のサヨリちゃん(ダメになるアレで寝ています)

スポンサーリンク

サヨリちゃん、牙抜ける!

人間の年齢に換算すると人間の1年は猫にとって4年というスピード。可愛い、可愛い。若い、若いと思っている間に愛猫は自分の年齢をも越えてしまうわけで。それはサヨリちゃんとて例外では無くて今や結構な高齢にゃんなわけです。で、2018年8月16日。噂に聞いていたその日が訪れました。右下の歯(牙)がグラグラ…。

この前から口に違和感があったようなのだけれど、グラグラが酷くなると食欲にも影響が出まして。カリカリを少ししか食べない日もあったりして。グラグラな歯では、硬いカリカリが当たって痛そうなのでカリカリをお湯でふやかして、更に、好物のちゅーる(高齢猫用)を混ぜてあげるとビックリするほど食べたりして。

お医者様も考えたのだけれど、猫の歯を抜くのに全身麻酔が必要なのだとか。稀にその全身麻酔から目覚めない子もいるらしいのでやっぱり怖くて様子を見る事に。少し引っ張ると抜けそうですが、それをやってしまうと一生恨まれるのは火を見るよりも明らか。出来やしない、出来やしないよ…。

この一件でモヤモヤした日が2〜3日続いたと思ったら、グラグラしていた牙の角度が90度変わって、口を閉じていても牙が出っ放しで片牙のバンパイヤ(吸血鬼)顔に。でも逆にそれはサヨリちゃんには好都合だったようで、カリカリご飯もちゅーる無しでも食べられるようにもなったし、夜のお散歩のお誘いもするようにもなったし、軽く夜の運動会も再開してるし。

牙の位置が変わった事で今までの日常は帰って来たものの、この風貌ですから写真の投稿はねぇ。僕は見慣れちゃっているのだけれど、見る人によっては痛々しく見えてしまうようなのでブログも開店休業。再開の見通しは立ちません。

ただね、過去記事の修正や情報追加だけは行っていたので、ブログへのアクセス数は逆に伸びるという皮肉な現象も体験しました。

あれから約半月後、

仕事から帰ると、いつものようにお出迎えにやって来るサヨリ氏。いつものように抱きかかえると、僕のホッペをペロペロと舐めるサヨリちゃん。猫の舌なのでザラザラというのが正解ですかね?。でも、僕にとってサヨリちゃんのこの行動は初めての体験で。逆に、どうかしたのかと不安が過ぎったのも事実。取り敢えずカリカリをお皿に入れて、お水を入れ替えて、サヨリちゃんの様子を伺っていたら足元に白っぽい塊が。

キョトンと僕を見つめるサヨリちゃん。白いヤツに目が釘付けなオイラ。

それは、猫の牙というには明らかに長くって、でも、先っぽはサヨリちゃんの口元から飛び出していた牙なのです。慌ててカリカリを貪るサヨリちゃんの顔を確認すると、

「歯が無い!。もとい、牙が無い!。」

サヨリちゃんは口を開けさせてくれないので口の中の写真は撮れませんが、ピョコンと飛び出た牙は影も形も無くなっていました。牙が抜けた事で顎が腫れるだろうと心配もありましたが、特にそういう事もなく、今まで以上にカリカリを食べて少し膨よかになった気もしています。

あれから1週間。

サヨリちゃんが以前のようにパワフルさを取り戻したのでブログを再開しようと思います。口さえ閉じていれば、以前と変わらないお顔になりました。ブログやTwitterへの投稿が止まった事で、ご心配をおかけした皆様にはこの場をお借りしてお詫び申し上げます。最悪を考えると、当時の情報を出す事に躊躇してしまった気持ちも察して頂ければ有り難いと思います。

何はともあれ、サヨリちゃんも無事復活しました。

これからもよろしくお願い致します。

ちなみに抜けた牙は、僕のお守りとして小銭入れの中に入れて持ち歩いています(笑)。

タイトルとURLをコピーしました