蚊がいなくなるスプレーで蚊の駆除は完璧

蚊がいなくなるスプレーを見つめる猫ショッピング
ショッピング
この記事は約3分で読めます。
あー煩い。
モスキート音って、
老人には聞こえないんじゃねーの?
聞こえなかったんじゃねーの?
プ~ン、ぷ~ん、耳元でやかましい!。
発情期ですかぁ?コノヤロー!。

寝てるとヤツが出た!。モスキートですよ、蚊ですわ。コロナの方の禍も嫌いだけれど、こっちの蚊も大嫌い。今、何時だと思ってんの?、寝かせてよ~、寝かせてくれよ~。そうだ、明日にしよう。明日だったら来ても良いから。蚊取り線香の1本も用意して待ってるから。発情期なんて言って悪かったから。だって、発情期だもんね。

時計の針は午前4時を指していた。僕はムクっと起き上がり、薄暗い町をひた走る。そうだよ、「蚊がいなくなるスプレー」を買いに出かけたんだよ。

待ってろ!サヨリん♪。
蚊の駆除してやる。

スポンサーリンク

去年体験済みなので、蚊がいなくなるスプレーを買うのだけれど、こいつ高っけーんでやんの!

2019年も2018年もお世話になった「蚊がいなくなるスプレー」。今年もこんな季節かと思いながら、マルナカで商品を手に取り想う…なんて…お高いの?。

こんなんだったっけ?、1,500円って…。

コロナで仕事無くってなぁ…痛いんだよ、1500円。でもなぁ~、蚊が来なくなるからなぁ~。眠れないのは辛いからなぁ~。ネットよりは安いから買っとくか。

コロナが収束して、またお仕事が出来る未来に期待して、買ったね、「蚊がいなくなるスプレー」ゲットだぜ!。ついでに朝のパンも…今日はやめとく。

買って来た、お高いけれど買って来た。200日用2本で1500円くらいだった。1年は365日しか無いのに、2本セットって…これは後で抗議しておくべき案件だな。

1本は誰かに売りつけておこう。

まぁ、すぐにシュッシュしたけどね「蚊がいなくなるスプレー」。シュッシュしてからサヨリさんと早朝の公園に出かけたね、サヨリさんが危ないから。

アレだ…このスプレーって、恐ろしいほど蚊が来なくなる。蚊の駆除が完璧なのだ。極端な話、窓を開けっぱなしでも蚊が入って来ない。いや、入った瞬間、蚊が落ちたというべきか?。最強のコスプレーヤー。それって怖くね?。サヨリさんの身が心配だから、小一時間、公園のブランコで座ってたかった。

座って…いたかった。

朝日の差し掛かる早朝の公園は人寂しくって清々し…何じゃ?、この人たちは!。午前5時だべ、午前5時。志村と陽子のコントだったら、「ごっ…ごっ…5時ぃ~!」だべで、だっふんだ。朝からBBQやりそうな勢い。

僕らが訪れた公園は、軽く三密っていて、老若男女全部そろってて、ブランコなんかに座ってられないくらいの情緒の無さ。みなさーん。今まで朝寝坊していたくせに、こんな時だけ早起きさんですかーーー!?。

仕方ない…三密はいけません。サヨリさんもロックオンされてるし。モーニングチルドレンたちがこっちガッツリ見てるし。「猫さんや」「ママ、猫さんやね?」って小声で言ってるし。キミたちは「象さんが好きです、キリンさんはもーーーと好きです。」で良いから。この子、実は虎なんです(嘘)。ママもこっち見なーい!。

猫さんは帰ります。

遠回りしてサヨリさんと帰ってみると、あれだけ暴れ太鼓鳴らしてたモスキート。影も形も無くなっていました。きっと、部屋のどこかで死んでるんだろうな。

入り口もシュッシュしとこ。

タイトルとURLをコピーしました