100万円の二胡から始まる器楽空間

グルメ
グルメ ショッピング
この記事は約4分で読めます。

人々を楽しませ、感動を与え、勇気づけ、心を癒す。音楽には不思議な力があります。それは人の心の処方箋。もしくは、空気を揺らす白魔術とも言えるでしょう。

超時空要塞マクロスで描かれた世界ように、音楽とは宇宙に存在する1000兆個の星の中で、地球文明のみに許された人類の特権なのかも知れません。素晴らしい発見です。デカルチャー。

その地球に目を向けると、子育てを終えた熟年層。中には音楽に目覚める者も現れるのです。失った青春時代を取り戻すかのように。ギター、ピアノ、三味線、尺八など。各々がそれぞれの楽器を手に取り始めます。

目の前で楽器を奏でる友人もその一人。彼女が選んだエモノは二胡(にこ)。今回はニャンコでは無くて二胡(にこ)のお話。そう、100万円の二胡から始まる器楽空間。

スポンサーリンク

100万円の二胡の音

その辺にあるもの全部をお盆に乗せて、「ハイ、どうぞ」と差し出す幼女のような笑顔でハウマッチ。

「この子のお値段は100万円です、(=゚ω゚)ノ」

100万円ですか。(=゚ω゚)ノですか。お父さん大丈夫ですか?。ゆうひに向かって「バカヤロー」してませんか?。謎の四面楚歌。一曲聞かなければ僕は解放されないようです。無理矢理に100万円ゲリラライブが始まりました。最近、練習に力が入っているようだけど、ユーチューバーにでも転生するおつもりか?。悪い事は言いません。やめておきなさい。お尻の穴を見せる覚悟があれば別ですが。

ですが、さすがは100万円。今までの音とは別物で、音の太さ、細さ、高さ、低さ、音量、そして音律。95万円のアップグレードは伊達ではありません。素直に認めます。道具は大事だと。ニシキヘビの皮は天然ものに限りますなと。木部も古木でなければと。弓も止まりませんが、100万円効果で口も止まりません。せっかくだから…喋って無いで歌えば?。すいません、嘘です。

Amazon | 古月琴坊 上級黒檀二胡 ER-1000 | 二胡 | 楽器
古月琴坊 上級黒檀二胡 ER-1000が二胡ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

素人の僕でさえ、楽器の種類、演奏者、もしくはその両方を変えてしまったのかと聞き違えるほどの差。今日は有線ですか?、CDですか?。この差って何ですか?。ハイ、100万円です。音の深みと圧が凄い。

ドラクエで新しい武器を買ったら、すぐさまモンスターを倒してアイテムの威力を知りたいと思う気持ち。わかります。あなたとって、僕はスライムなのですよね、きっと。

スライムとしては、葉加瀬太郎の ♪情熱大陸のエンディング とか、ジャッキーチェンの酔拳の ♪将軍令 で叩かれたいのだけれど、無視ですか。やっぱり無視ですね。

100万円から繰り返される楽曲は「三蔵法師」。1980年代、中国で大ヒットを飛ばしたドラマ「西遊記」で使用された曲なのだとか。だったら、モンキーマジックとかガンダーラとかをリク…何でもないです。ね、マチャアキ。

二本の弦から悠々と伸びやかに奏でられる心地良いバイブレーション。優雅で麗げな旋律の中に通る一本の芯みたいな何か。弱々しくも力強い空気の揺れ。二胡は古来中国から伝わる弦楽器のひとつです。

その歴史は古く、北方の異民族によって用いられた奚琴(けいきん)が原型だと言われています。時代は唐代(618年〜907年)まで遡ります。萌葉ちゃん、深雪ちゃん、解音ちゃん、伊168ちゃんと同じ。6月26日生まれの激美人さんの時代といえばご想像にたるでしょう。

唐は中国4000年の中で最も栄えた時代。かの有名な…先ほどから奏でられている三蔵法師や絶世の美女 楊貴妃が活躍した時代です。二胡の音色に合わせて舞う楊貴妃の姿が見えるようです。

華麗で、煌びやかで、妖艶な舞い姿。人々は、「とんでもない美しさ」と楊貴妃の姿を語り継ぎました。とんでもないって…そうそう、とんでもない女性って何ですか?。タイムマシンが出来たら、行き先は楊貴妃唐代ツアーで決まりです。

熟練者の二胡演奏は、とある情景をもたらします。中国大陸の大草原を駆け抜ける緑色の風。そこから見える広大な揚子江。そして、首都長安での優雅な暮らし。中国4000年をギュッと凝縮したような、壮大な歴史空間が垣間見えます。

彼女は熟練者ではありません。二胡を始めて1年足らず。ですが、100万円のエクスガリバーの力で、強引に別の情景をもたらしました。

猿と豚と河童を引き連れた玄奘三蔵。西へ、西へ…彼らの歩む道はシルクロード。別名ドラゴンロード。広大な砂漠の中を駆け抜ける熱い風は千里の道を駆け抜けます。地平線の手前には、海のように広がるオアシス。そして、時と共にゆっくりと流れる重厚なメロディ。音の贅沢、楊貴妃の舞。音と音との余韻ですら連鎖して旋律となる。そして、僅かに漂うスープの残り香。

ありがとう100万円…。ありがとう三蔵法師。今日のお昼は天下一品に決めたよ。こってりラーメンを食べるんだ。

タイトルとURLをコピーしました