仕事を徹底的に邪魔する愛猫が可愛い

マインドマップ書いていたら案の定邪魔に来た愛猫
この記事は約3分で読めます。

明日はホームページ案件のプレゼンの日。

僕はスケッチブックにマインドマップを手書きして説明するスタイル。

今時、このご時世なのだからWordやらPowerPointやらで作れば良いじゃん。使いまわしだって出来るし楽だよ。バカなんじゃないの?

そんな声、聞こえて来るわ、絶対誰か言ってるね。時代錯誤のオールドタイプだって…。でもね、アレだ、マインドマップを作っている間に色々と頭に浮かぶんだよ、あんな事やこんな事が。それに、作りながらプレゼンのリハーサルも出来るでしょ。そうそう、刃牙で言うところのリアルシャドーってやつ。相手の年齢・性別・キャラクターをイメージながら発想を広げると、相手に対して優しいマインドマップに仕上がるのです。

ちなみに、僕が使っているスケッチブックはmaruman(マルマン)製。誰でも知っているスケッチブックの定番中の定番。普段は小さいタイプなのだけれど、今回は県外のお客さんで時間が限られているので大きなスケッチブックでマインドマップを書きました。

手書きなのもミソで、手書きで渡すと捨てられる可能性が極端に低くなる。これは経験上の話なのだけれど、何時間も掛けて書いた資料を捨てたり無くしたりって、中々出来るものでは無くってよ。プレゼン中にユーザー名やらパスワードやらも書き込んでしまうのも捨てられない原因なのかも。

それとアレだ、愛情つーの。そんなのも伝わるでしょ、手書きはね。ラブレターだってワードで書かれたらアレだよ、愛情の欠片も感じられないでしょう?。まぁ、最近は告白もLINEとかでするらしいから、そんなのも僕ら世代で終わりかな。

それはそうと、下書きをスケッチブックに書き写していたら、のっそりのっそりと奴が来た。今、書きかけのスケッチブックの上で座り込んでいるのが愛猫サヨリさん。痛いくらいの目力めじからで僕をジッと見つめる視線が痛い。僕が集中ゾーンへ入ったら邪魔しに入るんだよね。

お前さん、撫でまわしますよ。

スポンサーリンク

猫の手も借りたい時、猫は仕事の邪魔に入るのはホント

にゃにやってんにゃ。こっち向くにゃ。

もうね、「いつだってお前はそうだよ。もう、うんざりだ!」洋画の吹き替えのようなセリフが頭を過るのだけれど、うにゃうにゃ鳴きながらスケッチブックの上で香箱を完成させた最終形態サヨリさん。こうなってしまうと動かない。しばらくの間、この態勢を崩す事も無くって、無理やり移動させても同じことを繰り返すのは経験済み。

マインドマップは2時間もあれば仕上がるし、今は夕方で時間もたっぷりあるわけで。だったら新型香箱兵器サヨリさんを見ながらのティータイムを楽しみましょう。サヨリさんもしばらくすれば飽きるだろうし。コーヒー片手にサヨリさんの前でニコニコ座っていると、

て、てめぇー、な…何…見てんだよ。こっち向くなよ、あっち向けよ。

みたいな視線を浴びせられながらのコーヒーもまた格別。ずっと見てても飽きませんなぁ。

そうそう、マインドマップですか?、仕上がっていますよ、2時間ほど前に。途中で何度かサヨリ来襲の危機はあったのだけれど、体が冷えるとコタツに戻って行くので然程さほど大きな被害も受けず仕上がりました。

あとは明日の本番を待つばかり(笑)。

タイトルとURLをコピーしました