【ダイエット】CoCo壱番屋 ソーセージカレー【リバウンド】

グルメ
この記事は約3分で読めます。

ダイエット開始5日目。

僕の予想を上回って体重が落ちた。ベルトの長さも穴一つ分だけ短くなった。一週間もたない間に、体重が2キロも落ちるなんてのはやり過ぎだ。あ〜カレーが喰いたい。辛さの刺激が欲しい。大満足な結果に気がゆるんだせいもあって、僕の脳内は暴走ぼうそうモードに入った。

カレー、カレー、ココイチ、CoCo壱番屋。閉店まで残り1時間。

ヤマトかよ。コスモクリーナー手にする前に地球に戻るつもりか、ヤマトの諸君。でもこうなっては十三じゅうぞうもスターシアも僕を止められない。

ココイチか…何もかも、みな懐かしい…

頭の中ではヤマト行進曲が鳴りっぱなしだ。たった小一時間こいちじかん待てば良いのに身体が勝手に動き出す。ターゲットロックはオープンされていて、カロリーを求めて身支度みじたくを始めるバカが波動砲はどうほうのトリガーを引こうとしていた。エネルギー充填じゅうてんは120パーセント、全開だ。

今回のダイエットは食事制限をしていないとは言え、夜中にカレーってのは一番やばいヤツ。でも、そんな思考回路はどこかへ消えてしまった。だって、ダイエットは今のところ成功傾向せいこうけいこうにあるのだから。

愛猫サヨリも僕の異変いへんに気付いたようで、ジッとこちらを見つめる。その瞳は少し不安げに見えた。いや、疑いの眼差まなざししか。

スポンサーリンク

深夜のCoCo壱番屋へ駆け込み注文

この場所から最も近いCoCo壱番屋の閉店時間は午前0時。その閉店1時間前に入店し、ドサっと座ってからメニューに目を通す。

手仕込みナンチャラカレー、400、3辛。

これが僕の定番コースなのだけれど、注文直前、僕の暴走に急ブレーキが掛かる。これは流石さすが如何いかがなものかと…。

う、ウィンナーカレー、300、3辛。

注文を終えてから更に思う。

自分も少し大人になったなと。沖田おきた艦長も、艦内放送でありがとうと言ってるなと。ウィンナーカレーへのメニュー変更は大正解。ダイエット中の食事制限は無いと決めてはいるものの、1日の摂取カロリーはそれまでの半分になっていた。裏を返せば、今までどんだけ喰ってたんだという話にもなるのだけれど、ソレはソレ、コレはコレ。その五日間の間に僕の胃袋は徐々に小さくなっていたようで、このオーダーでも僕の食欲を十分満たしてくれた。

胃に負担ふたんのかかる揚げ物に加えて100グラムのライスを付加した場合。翌日、僕の胃腸は調子が悪くてトイレの中で後悔していた事だろう。とりあえずギリセーフというところ。

空腹は最高のスパイスと言われるのだけれど、今夜のカレーは異次元レベルで美味かった。体が油をほっしていたらしくて、ウィンナーのテカテカ具合がもうたまらん。ちなみに、閉店前のココイチの米の味はイマイチなのだけれど、そして、それは食べながら気づいていたけれど、全く気にもならなかった。

たった5日間ではあるものの、筋トレで代謝たいしゃが上がったのだろうか。毛穴から噴き出る汗も尋常じんじょうじゃなくて、でもそれが心地ここちよくって、サウナ上がりの様相ようそうで帰宅。もう、汗ビッショリ。ドアの前でいつものように出迎えるサヨリを抱きかかえると、僕の口に鼻を押し付けて、クンクンと何やら物言いたげだった。

懸垂マシンの上の猫

きっと、アホかと言いたかったのだろう。懸垂100回、アブローラー200回やって来いとでも言っているようで、タバタ式で懸垂とアブローラーをワンセットずつ行った。これで自転車1時間もすれば、今夜の暴走もチャラに出来そうな気もしているのだが、今夜は疲れたのでバタンキュー。

明日からは摂生せっせいします。

たぶん。

タイトルとURLをコピーしました