日本初のカツカレーは、プロ野球選手の一言で生まれた

カツカレーはプロ野球のわがままから誕生したメニューである雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

カツカレーを最初にメニューに加えたのは、東京の銀座7丁目にある老舗「グリルスイス」である。誕生のきっかけは、『カレーライスにカツレツを乗っけてくれ!』巨人軍選手のむちゃぶりから幕を開けた。それは、1948年(昭和23年)の出来事。

お父ちゃん
お父ちゃん

カツカレー誕生のエピソードは

「グリルスイス」のホームページに記載されているよ

ココイチでお世話になっているから調べてみたよ

カレーハウスcoco壱番屋ゴーゴーカレーほっともっとでカツカレー。僕が当たり前のように注文しているカツカレー。それも、このわがまま無しでは実現されなかったのかも知れません。カツカレーを世に広めた「グリルスイス」のページを今日は読み解いてみたいと思います。

スポンサーリンク

日本初で初めてカツカレーを食べたのは巨人軍の千葉茂選手だった

画像は「CoCo壱番屋 手仕込とんかつカレーでチートデー!」より引用

今ではトッピングは普通ですが、当時、カレーライスに何かを乗せる発想は無かったのです。ましてカツレツを乗せるなんて、想像をはるかに絶していました。それをいとも簡単にペロリとたいらげ、あるときは二皿も食べられることもありました。千葉茂氏はカレーライスとカツレツは大好物、そしてカツレツは勝負に勝つ(カツ)と言う、験(げん)を担ぎ、試合前によく食べられていました。

銀座スイス「千葉さんとカツカレー」より引用

太平洋戦争終戦から3年後。1948年(昭和23年)。銀座テーラーの店主が巨人軍選手らへ紹介したお店がグリルスイス(現 銀座スイス)である。そこで、カレー好きなら是非とも覚えておきたい名言が飛び出した。声を発したのは、巨人軍の千葉茂選手である。ポジションは二塁手。

サヨリさん
サヨリさん

カレーライスにカツレツを乗っけてくれ!

この豪快な言葉から連想される巨人軍選手。僕には巨人の星の伴宙太しか思い浮かばなかった。気になって調べてみると、Wikipediaで写真を見る事が出来た。イメージどおりの選手だった。愛称は「猛牛」。正義超人バッファローマンだ。ちなみに、Wikipediaでも千葉選手のカツカレー伝説は記載されています。

千葉 茂(ちば しげる、1919年5月10日 – 2002年12月9日)は、愛媛県西条市出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。愛称は「猛牛」。日本プロ野球における戦前から両リーグ分立後にかけての代表的な二塁手で、1947年から7年連続でベストナインを受賞、通算7回の受賞は高木守道と並んで二塁手として史上最多。

Wikipedia「千葉茂 (野球)」より引用

現在ならトッピングは当たり前だけれど、80年代後半まで、トッピングと言われれば、うどんに乗せる天ぷらし以外の発想は皆無だった。それよりも遥か昔。銀行員の初任給が3000円の時代。カレーもカツレツも超高級メニュー。単体で十分に主役級だったでしょう。今なら、

サヨリさん
サヨリさん

フォアグラの上にキャビアを乗っけてくれ!

という例えが適切なのでしょうか?。当時としてはぶっ飛んだカレーの上にカツレツを乗せる発想は、後にカツレツカレーという名でグリルスイスのメニューに加わる事になるります。当時の価格は180円。カレーライスは130円。千葉さんとカツカレーでは当時のメニューの画像を見る事が出来ます。

お父ちゃん
お父ちゃん

みんなに愛され続けたメニュー

カレー好きの僕としては、

一度、食べてみたいカレーです

豪快な千葉選手の大好きだったカツカレー。現在では『千葉さんのカツカレー』という名称で、銀座スイスのメニューを飾っています。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました