焼き芋で吃逆出た!100回目で人生が詰む都市伝説

蒸し上がった、徳島県産、木内さんの鳴門金時
都市伝説・オカルト・占い

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───あ、、、また、しゃっくり出た

そうね、そうね、気を抜いちゃダメなのね。

長い事、人間をやっていると大体分かる。いつもそうだ、いつだってそう。ゆでたまご、コーラ、さつまいも。調子に乗って早食いするとしゃっくりが出る。いつ止まるか分からない、止め方もあるけどアテにならない。ヒック、ヒック、、、そんな時に限って電話が鳴った。

絶妙なタイミングに軽く苛立いらだつ。

───お前、貞子か?

とつぜんの吃逆しゃっくりは事故のようなもの。鳴かぬなら鳴くまで待とうの気構えこそが必要だ。行き先は吃逆に聞いてくれ。慌てるだけ時間の無駄。ヒック、ヒック、ヒック。吃逆が起こるメカニズムを思い起こす。それは、横隔膜の痙攣けいれんから始まる。痙攣に連動し声帯の筋肉が収縮、そこへ急激に息が通るものだから

ヒック、ヒック、チャップ、チャップ、ランランラン。

───じゃねーよ!、楽しくないし、笑えない

黄色い合羽かっぱに、黄色い傘に、黄色い長靴。幼稚園時代の僕の雨具はオールイエローだった。昭和の頃の幼児の服装は大体似ていた。親も子も、オシャレに勇気が必要だった。同じ色だと安心できた。

そんな時代の大人たちの冗談は随分だった。随分な脅しを受けて来た。今なら幼児虐待になるのだろうか?。お化け、幽霊、迷信、言い伝え。数ある脅し文句の中で吃逆でさえ例外ではなかった。吃逆の度に同じ話を訊かされる。

───吃逆の100回目で死ぬ話

ミミズにおしっこをかけると腫れるよ…コカ・コーラのコマーシャルと同じく、吃逆の話は僕の幼き脳にプリンティングされる事になる。

スポンサーリンク

都市伝説 吃逆が100回で止まらなかったら死ぬ

───吃逆100回目で人生終わる

目に見えぬ恐怖心から吃逆の数を数える。『3』が出るとアホになる余裕など微塵もない。30、40、50、60、70回目を越えた頃。目に見えぬ恐怖が徐々に具現化される。あと30回、、、短い人生の最後に僕は思う。

───もうすぐ始まる仮面ライダーが見られない

人生の幕切れよりも、そっちの方が悲しかった、純真無垢な子どもで馬鹿だった。見られない筈の仮面ライダーが始まり、怪人に脅え、ライダーに高揚し、ライダーキックを出した頃、止まった吃逆に気づく。それ以降、吃逆が始まったお友だちに僕は随分な話を告げる。

しゃっくりが100回で止まらないと死ぬんだって。

───半世紀の時が過ぎ去り、そんな迷信を耳にする事すら珍しい

「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」「くしゃみは誰かが自分の噂をしたから」「夜に口笛を吹くと蛇が来る」…。古き時代の何処かの誰かの言葉が、語り継がれながら拡散を繰り返し、誰もが知る迷信となったのだろう。みんな大好きウィキペディアでさえ『迷信』記載され、その奥は歴史の闇の中である。

超情報化社会を突き進む現代。謎の機会を頭に装着し考えるだけでツイート成功のニュースに驚く。近い将来、人口テレパシーで意志の疎通の実現も可能なのかも知れない。そんな世の中で迷信を語るのは僕ら世代で終わりなのだろう。

そう考えると少し寂しい気もしている。