香川県はどうなる?南海トラフ地震YouTube動画

阪神淡路大震災(19995年)、東日本大震災(2011年)、熊本地震(2016年)。人間は地震に対してあまりにも無力です。災害が少ないと言われる香川県。ですが、今後30年以内に南海トラフ地震に直面する可能性は70%。この記事を書いている最中の地震が起こるかも知れませんし、1年後、5年後かも知れません。地震や台風などの災害の少ない香川県。逆に言えば、災害に脆いとも県だとも言えます。

地震が発生した時。パニックにならないないよう、予めどのような事態が起こるのかを事前に頭の中でシミュレーションして置くといざという時に役立ちます。香川県では南海トラフ地震(最大クラス)に関する県民向けDVD動画をYouTubeへアップしています。この動画は「通常版」と「子ども版」との2種類を見る事が出来ます。

いざという時の為に「キジとら」では、南海トラフ地震に関する香川県の情報と、地震の時に役立つ知識を蓄積する事に決めました。過去からの知恵を借りて家族とペットの生存率を上げる方法を模索していこうと考えています。

地震発生直後、いったい何が起きるのかを理解するだけでも生存率は上がります。

スポンサーリンク

南海トラフ地震(最大クラス)に関する県民向けDVD (通常版)《香川県》

通常版で理解し難い場合には、次の子ども版をご覧ください。分かり易い言葉で南海トラフ地震に対する備えが理解出来ます。

南海トラフ地震(最大クラス)に関する県民向けDVD (子ども版)《香川県》

地震に対する備えは、一人だけでは到底不可能です。家族全員、地域全員が地震に対する知識と準備を行う事で被害を最小限に食い止める事が出来ます。

そして、我々の被害が小さければ、即座に被害の大きな県へ手助けに向かえるのです。まずは家族の安全から、近県へのサポートまで視野に考える事が必要だと思います。

※この記事は書きかけです。

スポンサーリンク