【猫用語】ソーシャルソリシティテーション

この記事は約2分で読めます。

ソーシャルソリシティテーションは、決してホラー映画やSF映画の題名では無い。ソーシャルソリシティテーションとは、「社交上の、あるいは社会的な勧誘、懇願」を表す。猫の社交辞令、もしくは何かを誘う時に行う行為。ソーシャルソリシティテーション中の猫は、20〜50ヘルツの低周波音を喉から発する。

一般的に、「猫ゴロゴロ」と呼ばれ、仔猫が母猫にミルクを求める時、もしくは授乳中に行われる。成猫になると、甘えたい時や嬉しい時に出す音という解釈が一般的である。しかし猫は、恐怖や体調不良などのストレス時にもゴロゴロと喉を鳴らすので注意が必要だ。

スポンサーリンク

ソーシャルソリシティテーションは人間の心を癒す

多くの猫の飼い主は、ソーシャルソリシティテーション中の音に癒しを感じる。その効果は絶大とも言われ、人間の自然治癒力を高めるとして、フランスには猫ゴロゴロセラピーを推奨する獣医も存在する。

また、猫自身が骨折した際、猫ゴロゴロの効果で骨折が治る速度が早まるという研究結果も出されている。いずれにせよソーシャルソリシティテーションは、人間にとって有益だと言えよう。

ソーシャルソリシティテーションされた時の対処法

猫を飼っていない人たちにとって、ソーシャルソリシティテーションは「噂で聞いたアレ?」という認識でしか無い。従って、ソーシャルソリシティテーションへの対処に戸惑う事もある。だが、その場合の対処法は至って簡単だ。

全力で猫の頭を撫でてあげよう

それだけだ。

「ソーシャルソリシティテーション」という言葉の使い方

日本では、ソーシャルソリシティテーションという言葉が未だ浸透しておらず、代わりに猫ゴロゴロに置き換えて説明する。

  • 猫がゴロゴロ鳴いてるよ。癒されるねぇ。
  • 好きなんか?そんなゴロゴロして、私の事が好きなんか(笑)?
  • あーーーーーー猫ゴロゴロ、うーーーん、最高!

「ソーシャルソリシティテーション」の写真例

写真無いニャー!

筆者がソーシャルソリシティテーションされている際、癒されまくって写真の撮影を忘れてしまっている。これからは、ソーシャルソリシティテーションされる際、写真撮影を意識して生活する事にする。不甲斐無い私をお許しくださいm(__)m

タイトルとURLをコピーしました