愛猫、なかを光月堂の芋パンを狙う

グルメ
この記事は約5分で読めます。

先日、ウェブ案件あんけんSENSE DOOR オフィシャルサイト)でお世話になっているお客様から食パンをいただいた。そのパンはズッシリと重力を感じる手応えで、普通のそれとは違う事を容易よういさっする事が出来た。いつもなら、会話のまくらとしてパンについてアレコレ質問攻しつもんぜめにする場面なのだけれど、公式サイトの作成も大詰おおづめ。気持ちにも時間にも余裕という二文字は1ミリも無かった。なので、作業最優先でお客様と共に仕事にいどむのがこれからのミッション。

さぁ〜、ショータイムの時間だ。

一方、僕と共にお客様を出迎でむかえた愛猫あいびょうサヨリの方はというと、ライトブラウンのビニール袋の中に眠る食パンに激しく反応したらしく、それと一定の距離を保ちつつもビニール袋から目を離さない。いつ、どのタイミングで食パンに飛びつくのか分からない一触即発いっしょくそくはつ状態で、それがこれから3時間ほど続く事になる。

いいかサヨリ、空気読めよ。

さてさて、策士さくしサヨリの次なる一手は。

スポンサーリンク

なかを光月堂の芋パンと策士サヨリの行動

まずは食パンの話から。

緑色の文字でで大きく「菓子工房なかを」と印刷されたライトブラウンのビニール袋。僕にとって初見しょけんのお店だった。

初めまして、キジとらです。国分寺へ立ち寄った際にはよろしくお願いします。

その袋の中を覗いてみると、2個のパンがしょくされるときを静かに待っていた。食パンの側面そくめんに貼られた表示紙を読むと、芋パンと書いてあり、原材料などの記載きさいと共に最後に「なかを光月堂」としるされていた。

ん、菓子工房なかをさんじゃなかったっけ。

と一瞬首をひねったのだけど、野暮やぼなツッコミはいけないね。

ちなみに、住所は国分寺町新名こくぶんじちょうしんみょう746ー8(087-874-1233)で、上福岡町のダイキ店内にある直販ちょくはんコーナーでも買えるらしい。

さて、記事の冒頭ぼうとうにも書いたが、手に取ると食パンが連想できないズッシリ感。それもそのはずで、食パンの中に黄金色こがねいろのサツマイモがギッシリと埋め込まれている。

これはパンの宝石…、いや、何でもない。

仕事も終わって、ようやくサヨリもおこぼれにあずかれる瞬間が訪れるのだが、今日もやってくれた。やってくれちゃったね、サヨリちゃん。時を巻き戻すこと3時間前。話は冒頭に戻るのだけれど、ライトブラウンの袋が気になるサヨリ。甘えの矛先ほこさきを僕からお客様に切り替えた。

今回のミッション

今回のミッションはこうだ。

いつものように僕のひざの上に座ってお客様からの要望を聞くのだけれど、視線の先は芋パンで、体は前面、顔は斜め左30度という姿勢でしばらく過ごす。

僕がパソコンに向かうと、音も無く、す〜っと床へ降りて何処どこかへ行ってしまったサヨリ。20分ほど作業に没頭ぼっとうし、振り返ればヤツがいない。何処へ行ったのか事務所中に目をくばらせるとお客様の背中からヒョッコリと顔を出すサヨリ。

あ〜、そこかい。

サヨリはお客様のお尻の背後はいごに潜り込んで、座椅子の半分を実効支配じっこうしはい中。きっと、

猫ちゃん、パン食べる?。

の一言を狙っての静かなるアピールだと推測すいそくされる。僕の顔をチラッと見て、サヨリの視線しせんはライトブラウンのビニール袋にまた戻った。もはや何がしらのあめが無ければ撤退する気は無いらしいのだけれど、それからパンの話題が僕らの間で語られる事は一切無かった。

3時間にも及ぶ作業も恙無つつがなくく終了し、その間、ずっとお客様のお尻の後ろで芋パンを監視かんししつづけたサヨリ。

時は満ちた。

駐車場までお客様をお見送りしてから事務局じむきょくに戻ると、案の定、芋パンの袋に頭を突っ込む強盗ごうとうサヨちゃん。

ドアの開く音でハッと僕を見る目がかぎっ子キャサリンで、その後は雄猫おすねこなのに色仕掛いろじかけけ。しなりしなりと音もなく僕の足元にあごこすり付けてウニャウニャと鳴いている。

おとこだろ、ちょっと待ってな。

猫が食べてはいけない食材は結構けっこうあって、普通に大丈夫そうな食べ物も危険だったりするのだから、グーグル先生で調べるのが基本。その隙を狙って、芋パンのATフィールドを引き裂こうとするエヴァにゃん号機。

グーグル先生によると、砂糖やら塩やらと色々なものがり込まれている食パンはノーグッドなのだけれど、少量のサツマイモは猫に与えても良いらしくて一安心ひとあんしん

そこで、キューブ型のサツマイモを一粒サヨリの口の前に差し出すと、カプッとかぶりついたね、僕の指ごとガブッと。生まれて初めて食べたのかどうかは知らないのだけれど、サヨリにはサツマイモの味がお気に召したようで、もう1個、もう1個と僕のズボンに爪を立てて猛烈もうれつにアピール。

俺は爪とぎか。

一度にサツマイモを沢山与えるのもは如何なものか。なので3粒だけ食べさせてからちゅーるを与えた。今日のは乳酸菌にゅうさんきんの入っているやつだ。

右手でサヨリとちゅーるしている間に、空いた左手で僕にとっても初めての芋パンを頬張ほおばるる。

あまーーーーい。

人生で初めての芋パンだったのだけれど、パンとサツマイモって合うんだね。これだったら、バターとかジャムとかいらないわ。とか思いながら一気に3枚食べてた。

馳走ちそうさまでした。

後日談ごじつだん

なかを情報が知りたくて仲間に問い合わせてみたところ、なかをの芋パンは誰でも知っている程に有名なのだとか。その20分後、深夜にも関わらず僕とサヨリの目の前で芋パンを頬張ほおば愉快ゆかいな仲間たちの姿があった。

芋パンって自分で作ろうかと思うと難しいんよねぇ〜。あれやんか、サツマイモを甘くたつもりでも甘味が無かったり、5枚切りならええんやけど、6枚切りになると難易度なんいどが一気に上がるんやわ〜。

などと講釈こうしゃくかなでながらご満悦まんえつなご様子。

ただ、

その光景を見つめるサヨリの視線からは、殺意さつい以外に何も感じられなかった。後でちゅーる、もう一本だけサービスしておくとしよう。

タイトルとURLをコピーしました