ほっともっとのチャーハンを食べてみた

ほっともっとのチャーハンぐるめ・試食
ぐるめ・試食

ほっともっとのメニューには表もあれば裏もある。ほっともっとにはチャーハンというメニューが存在する。ネットで仕入れた情報だ。どうやって注文するのだろう。店員さんにダイレクトアタックすればよいのだろうか…。行きつけのほっともっとの店員さんは白人女性だった。美人だ。

イケメン、イケジョという言葉でボヤかされている日本だけれど、それじゃない。本物の美人さんがレジに立っていた。初めてのお客さんは必ず二歩下がる。そして一瞬黙る。弁当を買いにきたはずなのに、その目的が大きく変わる。彫りの深いブロンドヘア。青い瞳が銀幕から飛び出してきたかのようだった。傍から見ればコントなのだろうな。

謎のお姉さん
謎のお姉さん

カラアゲベントウ、ワン、プリーズ?
で分かる?

誰もがヘンテコな注文をする。それを見るのは楽しかった。ソフィーマルソー系美人は日本語ペラペラだったのだ。「から揚げ弁当、おひとつでよろしいですか?、わかりました。から揚げ弁当ひとつ入りまーす」。その日本語にカタカナ表記は似合わない。「よろしかったですか?」と言わないところで好感度が更にアップする。そう、これが本来のオーダーだよ。

しかし、今日のチャーハンは難題だった。裏メニュー…知らないよね。日本人が意地悪するようで気が引ける。出直そうか…そう思い引き返そうとクルリと回れ右すると、自動ドアの隅っこに「チャーハン」のメニューが貼られていた。

お父ちゃん
お父ちゃん

あった、チャーハン!

僕はさらに180度回転する。そして自動ドアのメニューを指さしソフィーへオーダー。

お父ちゃん
お父ちゃん

チャーハン出来る?

「かしこまりました。チャーハンひとつ入りまーす!」「かしこまりました」て。誰が日本語を教えたのだろう…もしかして、日本語以外話せない人なのかも知れない。僕は目的だったチャーハンを片手に愛猫サヨリの元へとペダルを回した。

スポンサーリンク

ほっともっとのチャーハンを試食

お父ちゃん
お父ちゃん

ただいまぁ~。ほっともっとのチャーハンだよ。ATフィールド全開だからサヨリちゃんは手も足も出せないよ

何にでも興味を示すサヨリちゃん。ビニール袋に入っているもの全てが興味の対象なのだ。犬でも猫でもそれはどこでも同じでしょう?。猫にピッタリとマークされる中、とりあえず写真撮影を決行する。今はフタがあるから全然大丈夫だ。

フタをあけても大丈夫ではない。から揚げが入っている。カリカリ以外食べさせた経験はないのだけれど、コロッケや揚げ物に対する執着心が強い事が分かっていた。あれだ…怪談の化け猫も油を舐めるって言うのだから、江戸時代から猫は油が好きなはず。ちょっとした緊張感が走る。シャッターを切りながら、僕はずっとサヨリちゃんに声を掛け続けた。

お父ちゃん
お父ちゃん

こっち向いて、可愛いねぇ~、あら、可愛い。

お父ちゃん
お父ちゃん

この顔を可愛く無い…

ライス、ハム、タマゴ、刻みネギ…鶏のからあげ。ほっともっとのチャーハンは外見上はチャーハンだった。チャーハン意外の何ものでもなかった。ただ、チャーハンがチャーハンと呼べるのは、中華味でなければならない。僕の中でそのハードルは割と高かった。

プラスチックのスプーンでライスを掬う。背中に何か大きな物体が張り付いた。あっ、サヨリちゃんですか。首を振りながら猫の動きを止める。一気にスプーンを口の中へ。猫との暮らしの中で最も危険な時間の始まりだ。気を抜くとやられるのだ。気をつけろ!。

口の含んだ米粒が広がる。そしてハムの辛味がライスの味を引き立てる。タマゴの存在感も十分でネギのアクセントも申し分ない。さすがは大手弁当チェーン店。コンパクトにまとまった味だった。がしかし、その味は僕のイメージと大きくかけ離れていた。

お父ちゃん
お父ちゃん

うん、これはチャーハンではない!

チャーハン。すなわち炒めた飯。それが炒飯で中華料理。ほっともっとのチャーハンは大陸の味を感じなかった。中華独特のあの味がない。その味はチャーハンではなく焼き飯だった。焼き飯としてなら満足していただろう。普通に美味しいのだから。しかし、チャーハンとしてなら話が変わる。味覇(ウェイパー)で味付けすればチャーハンになるのに。その点だけが残念だった。

コテコテのチャーハンを求める方にはおススメしないのだけれど、美味しい焼き飯をお望みでしたらおススメです。普通に美味しかったのだから。ほっともっとだけに今回は期待値が高すぎたようです。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました