特製豚汁が恋しくて、ほっともっと行ってくる

ほっともっと 特製豚汁ぐるめ・試食
ぐるめ・試食

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───僕は味噌汁が嫌いだ

家でも味噌汁、定食屋でも味噌汁、何処で食べても味噌汁。

違う違う、そうじゃない!───玉子が浮かんだ中華スープとか、ミルクたっぷりのポタージュとか、大地の恵みのコンソメスープとか。僕はそっちが好きなんだ。だってそうでしょう?、味噌汁なんてジジ臭い。味噌汁はお断り。

幼少期、少年期、思春期、青年期。ずっと『味噌汁却下』で通してきた。だって美味しくないんだもの。80年代後半から始まる飽食の時代。それと同時にバブル期へと入る。美味しんぼ、ミスター味っ子、ザ・シェフ、クッキングパパ、料理の鉄人。味の川口浩探検隊。新しい味覚こそが正義だった。

昭和、平成、令和…中年期を越え老年期に入ると好みが変わる。噂には聞いていたのだけれど、実際あるんだね、声変わりじゃなくて食変わり───「ホーラ見ろ、オジさんのいうこときかないから。なっ?オジさんの言うことは大体正しいんだよ。オジさんの80%は正しさでできていまぁ〜す」

───松平片栗粉は正しかった

若い時は体の中にあって、中年の渡り廊下を抜けると、足りない栄養を美味しく感じるのだろう。食べられなかったものが欲しくなる。僕の場合のそれは、茄子と味噌汁だった。

───未だにレーズンだけは勘弁な

スポンサーリンク

ほっともっとの特製豚汁

───何これ美味い

五十路を越え、どハマりしたのが豚汁だった。

香りや舌触り、酸味、渋み、石原さとみ───全てがパーフェクト。まさしく味噌汁の上位互換。最終形と言っても過言じゃない。すき家、松屋、松の屋、おくどさん。ファーストフード店に入ると必ず豚汁を頼む。それは真夏でも変わらなかった。もう、豚汁とライスだけで幸せ。ご飯三杯は楽勝だ。

すき家の豚汁セット(高知県南国市)

そろそろ豚汁ダイエットとかの出番じゃないの?。そんな予感すらしてします。しかし、ここは香川県。香川県はうどん県。お昼の横綱はやっぱり讃岐うどん。

───キング オブ キング

しかし、コロナ禍に入ると状況が変わる。店内飲食で食する機会が無くなった。僕は外ではチームで動く。それぞれ家族があるのだから外食にはピリついた。僕らの昼食は必然的に弁当へとシフト。そう、お昼の大関ほっともっと。弁当チェーン、香川では断トツの強さを誇るほっともっと。スーパー、コンビニ、ほっかほっか亭を差し置いて圧倒的な強さだ。その強さはビルゲイツ。

───そこで出逢ってしまった、特製豚汁。

冬季限定100円。

───今日になって急に視力が落ちました。 もう、あなたしか見えません。

から揚弁当に特製豚汁。ワンコインでお釣りがもらえる庶民の味方。寒空の下、熱々の豚汁に何度救われた事だろう。味噌、豚肉、じゃがいも、人参、ごぼう、玉ねぎ。それを口に含むと訪れる舌先への祝福。もうね、熱いです。直火じゃない?ってくらい旨い。

メニューの写真との違?、それは確かにそう思う。だけれども、それはドナルドの店も同じだ。ランランルー♪で気にはしない。五臓六腑で味わう準備万端だ!。

唐揚げを食べ、ライスをいただき、豚汁で胃へと流す。それはまさにバミューダトライアングルの三点食い。唐揚げは大地のように強く、ライスは空のように甘く、豚汁は海のように優しい。

───ワンコインの贅沢

今年も特製豚汁100円の季節が始まった。うどんにするか、弁当にするか───毎日、同じことで悩んでいる。明日もきっとそうだろう。ちなみに、選挙員のおやつ代は1日500円まで。少し複雑…。

タイトルとURLをコピーしました