食べても食べても減らない唐揚げ!ゆうちゃん食堂でからあげ定食

ゆうちゃん食堂
ぐるめ・試食

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───食堂行きますか?。

朝日町で仕事中の出来事。

何やら良き食堂が近くにあるのだとか。朝日町ならたも屋(うどん屋)でしょ?。そう思いながらも誘いに乗った。事前情報は特に無かった。別段、気にもしていなかった。半日、体を動かして僕の胃袋は「おかなが空きました」と言っていた。

そこで、びっくりポンなからあげ定食と出会うとも知らずに。

スポンサーリンク

これは罪深い!ゆうちゃん食堂のからあげ定食

───午前11時。

オレンジ色の看板の定食屋に入る。ズラリと並んだお弁当が、未だコロナ禍である事を思い出させた。マンボウが明けたのだけれど、中で食べる事は出来ないのか…。

「中で食べられないの?」

お弁当の前にいた店員さんに尋ねると、

「大丈夫で〜す!」

と、元気な声で店内へ誘導される。ひと目でセルフ形式の食堂だと直感する。日替わり定食が目に飛び込んだが、僕の場合はいつもの唐揚げ。660円のからあげ定食を注文した。ご飯の中サイズを頼もうとすると、

「ご飯は小で十分ですよ」

そう、今日の相棒にアドバイスされ、疑う事なく僕はその指示に従った。

───ははぁ〜ん、何かあるな。

朝日町だけにガテン系のお客が多い。からあげ、トンカツ、ハンバーグ…。豊富なメニューから、それぞれが、それぞれの注文をしていた。ライス大を頼む声も聞こえたが小の声も多く聞こえる。からあげ定食が出来上がるまで、10分ほど待っていたのだけれど、その間、初めての店を見渡していた。

───店員さんが11名か…お昼時は相当な混雑なのだろうな。

11人もの給料を捻出するのだ。行列が出来るレベルでなければ店の経営など困難だ。つまり、何かの目玉があるという事。それだけを感じ取る事が出来た。

───1番さん、からあげ定食。

元気な声に導かれ、定食を見て混乱した。

───何かあった、そう言う事か。

ゆうちゃん食堂 からあげ定食

───今日の記事ネタがそこにあった。

からあげ定食の唐揚げの中身は、デカイささみの唐揚げだった。おなかが空いています。そう宣言した僕の胃袋だったけれど、唐揚げからの重圧に後退りしそうになる。大きな3つの唐揚げ。これはお得感満載だ。

───これはリピ確の予感だった。

目でみて、鼻で嗅ぎ、舌で味わい、お腹爆発。

視覚だけで食べた気にもなる。完食は可能だけれど、午後から体が動くのかと不安になった。唐揚げを一個食べて衝撃の事実を知る。美味しいよ、美味しい。美味しいけれど、裏にも唐揚げ。

───1、2、3、4、5、6。

うん、いける、味噌汁も美味いし。

いけると思って食べ始めて、2個目から不安になる。3個目から、食べても、食べても唐揚げが減らない気がした。この感覚は久米池うどん(肉中)のそれと似ていた。重厚な肉の海が広がる中、僕は黙々と唐揚げを食べた。塩と醤油を交互に使い分け、飽きないような工夫をしながら。

───余は満足じゃ。

熱々のからあげ定食を全て平らげ、パンパンに膨れ上がったお腹を撫でながら店を出る。この地区での仕事が終わるのは明後日。まだチャンスは2回もある。もう一度、入店のチャンスがあれば、ハンバーグ定食を食べてみたい。

───どれだけ大きなハンバーグが出て来るのだろうか?。

かなり興味ある。

───追伸。

ゆうちゃん食堂 ハンバーグ

ハンバーグ定食、食べました。