猫のデザート!自分で作れる「ちゅーるアイス」が大人気

うちの猫の話
うちの猫の話

ちゅーるアイスとは、ちゅーるに水を加えて製氷皿で凍らせた猫のデザートの事である。猛暑の猫のおやつとしてSNSなどを通してレシピ広がった。昨今のちゅーる人気から、自宅にストックを持つ家庭も多く、水を加えて凍らせるだけというお手軽さも合間って、SNSでちゅーるアイスを勤む猫の写真や動画が多数見られるようなった。今後、ちゅーるアイスは猫飼いにとって、夏の風物詩になるのかも知れない模様。

スポンサーリンク

ちゅーるアイスとサヨリちゃん

「ちゅーるやで、サヨリちゃん。」

「ボクはちゅーるアイスというのが食べたいです。お水を加えて製氷皿で凍らせるという、極めて簡単なレシピなのですが、ちゅーるの味に加えて冷え冷えの食感が美味なのだとか。」

「別に構わんよ。ちゅーるを凍らせたらええんやろ?。ええんやな?。でもね、」

「でもね?。」

「昔から年寄りの冷や水と言ってね、急に食べた事もない氷を食べると、ポンポンが痛くなるかも知れないよ。それでも良いのかな?。」

「そう言えば、ボクは氷を食べた事がありません。大丈夫かな?。」

「だろ?。なので、冷たいちゅーるにしませんか?。それでお試しという事で。せっかくだから、サヨリハウスの氷で冷やそうよ。」

「こんなので冷えるんですか?。」

「当たり前やん。氷の上で冷やすのだから、冷たくなって当然です。でも、1〜2時間くらい待たないと冷えないよ。」

「わかった、ボクもそれまで冷えて待つ事にします。」

「一石二鳥やな(笑)。」

お父ちゃん
お父ちゃん

実はこの件でちょっとした批判を頂いた事があります。エゴサーチをしていて知りました。猫に氷などを与えるの飼い主のエゴだと。猫の体調も考えろと。でもね、この猛暑でしょ?。猫だって冷たいもの食べたいと思うのです。記事を書いたのは2018年。現在は2021年現在。サヨリさんはすっかり老猫になりました。現在推定15歳。人間なら75歳。好きなものを好きなだけ食べさせてやっても良いのではないでしょうか?。長くても残り数年。僕は食べる力があるうちに、好きなものを好きなだけ食べさせてあげたいと考えています。みなさんは、どうお考えになりますか?。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました