トマトに穴だと!?酢と唐辛子とニンニクを混ぜ合わせると手作り防虫液の出来上がり

虫食いトマト
自家菜園

───家庭菜園の本質とは戦いである。

ようやくトマトに実がついた。よく見ると青い実に小さな穴が開いていた。無数にである。なんだ、なんだ、シャアザクもやられたか?。

───ゆるすマジ!。

蚊トンボ一匹見あたらない、蜘蛛の子一匹存在しない。そんな畑は不気味である。違和感というより嫌な予感。どんだけ農薬散撒いてるの?。せっかく始めた家庭菜園だもの、農薬散布は極力避けたい。そのつもりで温存していた防虫液を取り出した。

手作り防虫液

───勿論、手作りでオーガニックである。

知ってる、それフライングでしょ?。それは実践導入にはまだ早い、熟成期間が足りてない。けれど、今は、背に腹は代えられない。危機的状況なのだからやるっきゃない。トマトが全部喰われてしまう。

───酢と唐辛子とニンニク。

これらをペットボトルに入れて2ヶ月ほど放置する。たったそれだけで、素敵な防虫液が出来るのだ。そう、麦藁隊長が言っていた。ガセだか何だか知らないけれど、知って秒で煎じていたのだ。つまり、逆算すると半月早い。そして防虫液の作り方にも不安がある。防鳥テグスのトラウマが蘇る、今の僕は疑心暗鬼なのだ。大切な何か、話の肝が抜けていたらどうしよう。人間に散布したら逆にパワーアップしそうでもある。

───ダメで元々、やってみるさ。

500ミリリットルのペットボトルに100均で購入したシュポシュポをセットする。水の量100に対して防虫液を1だけ混ぜた。鬼が出るか蛇が出るか、後は野となれ山となれ。やらない事には話にならない。失敗しても構わない…むしろ本望。

オレは打つ!、そして勝つ!。

───今回のターゲットはトマトと茄子と胡瓜の三種。

このゾーン、散々、葉っぱを食い散らかされたエリアである。美味いか?、そんなにうちの葉っぱが美味いのか?。いいも悪いもない。喰われた方がアホなんだ。だがな小僧、これくらいにしておけよ…またやってるその面を見たら、この世界じゃ首が飛ぶ。オレをなめた罪、それは最も重い実刑、情状酌量の余地はない。

こいつぅ〜シュッシュしちゃうぞ。

──防虫液を希釈して葉っぱの隅々にまで散布した。

茎も、表も、裏までも…ここぞとばかりにシュッシュする。こうなったら容赦はしない、泣いても決して許さない、限界までやる。さて、どうなる…この勝負。意気揚々と一夜を過ごし、朝、目覚めると雨だった。

恵みの雨に違いない、水やりだってお休み出来る。いつもの朝ならさぞかし喜んだ場面である。だがしかし、今日に限って気分が曇る。天は害虫に味方した。だってそうでしょう?、ピカピカに磨き上げた高級ベンツが翌朝見るとと雨ざらし。そんな気分である。それはアナタも同じでしょ?。

───防虫液は雨で流れた。

やり直し。


キジとら - にほんブログ村