【ホームページ制作】香川と岐阜でテレワーク【コロナなんかに負けてられっか!】

お前が信じる俺でもない…カミナSNS
SNS 雑記・覚書き
この記事は約4分で読めます。

長引く外出禁止の結果、壁や植物に向かって喋る行為は正常であり、相談に来る事ではありません。そのかわり、壁や植物が返事し出したらすぐ連絡して下さい。
by.フランスの精神科医

アレだ…コロナ、コロナって、この先どうなるんだろうねぇ~。都会では工事現場がストップ。みんなに夢と希望を与えるアイドルや俳優さんも自粛モード。飲食店に至ってはガミラス艦隊が攻めてきたかの様相で、早急にコスモクリーナーが必要なのにワクチンが出来るのは一年先って…。

「地球滅亡まであと一年」で育った、僕ら沖田の子供たち世代は皆、「地球にはヤマトがある!」そう叫びたくなる毎日が続く中、みなさんお元気ですか?。愛猫サヨリさんは今日も平和に転がっています。ゴロゴロ…。

「壁に向かってとか、植物に向かってとか、そんな人おるんかい!ねぇ?」

そう、サヨリさんに話しかけている僕も、そろそろ来てる?来たんじゃね?明日あたり…サヨリさん声が僕の胸に届くんじゃね?。とか…他人事では無いのだけれど、仕事の方はボチボチ入っていて、やってて良かったホームページとしみじみ感じています、儲からないけど。

コロナワクチンが出来るまで、人と人との接触を避けるのが新型コロナに対する最善かつ最強の策。どうせ動けないのなら自社サイト強化へと思考回路が働くのも必然で、音信不通だったお客さんから突然電話が入ったりするのも想定の範囲内。

電話で拉致が開かなければマスク&ゴーグルを身に纏い、お客さんところへ出向く事も。ついでにスカイプとかLINEとか、テレビ電話系の操作を入れ知恵するのもお約束。これは県外のお客様のホームページ作成のお手伝いで自信をつけました。それは、ちょうど豪華客船でのコロナ騒ぎの頃、岐阜のお客さんとFaceTimeしていた頃のお話です。

「ホームページは自分で作れてナンボ」

というのが僕の持論で、更新とかメンテとか、後々そこで儲ける手立てもあるのだけれど、逆にそうしなければ儲からないとも言えるけれど、集客とかSEOとかを考えると、どうしてもサイトオーナーのマインドが必要不可欠。効果があってのホームページ。それには持続力が必要で、持続力を維持する為には気持ちとお金も必要で、小銭を僕に支払い続けて自滅するくらいなら、ぜ~んぶ教えるからやってみる?。

そんな所から話を始めるのが僕のスタイルなのだけれど、香川県と岐阜県という遠距離がネックで一年前にお断りした案件。こういうのは愛情無しでは出来なくて、テレビ電話で僕の言葉がどこまで伝わるのかも懸念材料。そもそも知らない人だし、後で揉めるのも嫌だったのも大きな要因。

それでも案件を受けた理由は、他でもない長年のお客さんからのゴリ押し。お客さんのお客様なので割と本気でゴリ押しされました。でもね、香川と岐阜との間には大阪という大都市があって、そこならホームページ制作業者も沢山あるでしょ?。どうして香川?、何で僕?なわけですよ、実際。

何も出来ない自分にイケメン王子が!?なんで私なの?なんで私じゃないとダメなの?、ねぇ、道明寺。ご都合主義の少女漫画のように、リアルに揺れ動く乙女心が何となく分かるような分からないような…おっさんだけれど…僕で良ければ…。

そんなこんなで1ヶ月の期限付きのサイト構築にチャレンジしてみると、思いのほか順調に作業も進んで、構築終了後には自分でページ更新も出来るまでに進化!!!。今はお客様の枠を超えて、ツイッターとインスタで優しくして頂ける関係にまでなれました。

ちなみにそのページはこちら。

マルダイ石材 岐阜県のお墓の展示場
お墓のことならお任せ下さい

そこで僕にはちょっとした小さな夢が出来ました。

スポンサーリンク

僕には小さな夢があります

近い将来、『キジとらとコラボ企画なんかも出来ればなぁ~っ』と考えています。インターネットは団体戦。なので、共にネットで戦える仲間は多いほど心強いもの。ひとりで孤独に戦うよりも、圧倒的に良いよね?。

私には夢があります

というか、過去のお客様ともガンガンコラボれたらというのが、僕の小さな夢。それは大人の事情でハードルが高いのも理解しています。会社を繋ぐのだから当たり前。だからこそ、キジとらの再始動を開始しました。

おれが信じるお前でもない。
お前が信じる俺でもない。
お前が信じる、お前を信じろ!

カミナ兄貴の言う通り、今は自分を信じて更新あるのみっす!。コロナになんかに負けてられない。

タイトルとURLをコピーしました