今更ハマった韓流ドラマ~宮廷女官チャングムの誓い~

宮廷女官チャングムの誓い
エンタメ・テレビ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

今更ながらハマっている韓流ドラマがあります。

───宮廷女官きゅうていにょかんチャングムの誓い

そう、イ・ヨンエさん主演のドラマ。NHKで放送されたのは2005年。日本では、電車男、ごくせん2、野ブタ。をプロデュース、花より男子、ドラゴン桜、女王の教室が視聴率を上げていた頃。そうね、2005年(平成17年)に生まれた子は、酉年の16歳。その子らは、今年、2021年は高校デビューの年です。

───月曜から夜ふかしのジャネーの法則じゃ無いけれど、時の流れは早いもの

僕もチャングムをリアルタイムで見ていた筈なのだけれど、あまり記憶に残っていない。つまり、僕の脳は「面白く無い」と判断していたドラマです。16年の時を経て、ABEMAで偶々見たのをキッカケにドハマり中なのも不思議です。

宮廷女官チャングムの誓いは、韓流ドラマ第2弾として『冬のソナタ』放送終了後、2005年にNHKで放送開始されました。朝鮮唯一、王の主治医となった医女、大長今テジャングム(偉大なるチャングム)の記録を基に制作され、韓国では連日50%を越える視聴率を獲得しました。

日本でも多くのファンに支持され、後に不朽の名作と呼ばれた韓国時代劇ドラマです。しかし、 大長今の記録は中宗実録に残された記録は10箇所。王の主治医としての記録は僅か1行。つまり、実在したチャングムの人生は、今なお謎のベールに包まれたまま。

まぁ、チャングムを改めて調べれみて分かった事です。リサーチの中で、チャングムの時のヨンエさんってば32歳。5話のラストで登場したイ・ヨンエ。設定年齢18歳のチャングムとして疑い無く見ていた僕からすれば驚きです。

───今も昔も若くてお美しい。

スポンサーリンク

ABEMAで無料視聴中!宮廷女官チャングムの誓い

宮廷女官チャングムの誓い。このドラマにはかっぱえびせんのような魅力があります。やめられない止まらない。一歩踏み込んで、中毒性が高いと言った方が良いかも知れません。脚本、あらすじ、思想、そして、やられたらやり返す!。チャングムの魅力は多々あるけれど、個性豊かな登場人物たちも外せません。

───チャングムの目的は、最高尚チェゴサングンだけに伝えられる秘伝の書に母の無念をつづること。物語は全54話を通して、王から大長今テジャングムの称号を受け取るまでの半生が描かれます

真っ直ぐで、純心で、向こう水で、無鉄砲。賢さと天性の味覚がチャングムの武器。一見、大人しい優等生に見えて、内に秘めた芯は強く熱い。さらに、王にでさえ物怖じしない度胸もある。その半生はアウェイの連続で稀に見る巻き込まれ体質。

意地悪をされ、罠に嵌められ、命さえも狙われ、幾度も宮中を追い出され、それでも宮中に戻る雑草の強さを持つ主人公。天才子役の演技も必見。5話までだけでも見て欲しい。それだけで最後まで見続けられるから。

───チャングムのお茶目なお約束シーンも存在する。

料理対決、医女試験、様々な場面で聴かれる結果。しばらく顔を伏せて相手を心配させ、ひょっこり顔を上げてニコリと笑う。そんなところも可愛らしい。32歳であの笑顔、出せるかい?。

───そしてチャングムを取り巻く女官たち

チャングムの大親友で泣き虫のヨンセン。彼女は最後の最後でチャングムを救う救世主。つまみ食いが止まらない食いしん坊のチャンイ。チャングムを強くライバル視するクミョンと子分格のヨンノ。

中でもヨンノからは目が離せない。事あるごとにチャングムに妨害を企てる。何とも憎たらしい存在なのに、見てくれが僕好み。それだけに憎めないところが実に厄介。ヨンノの美貌は同性に厳しい女性の目にはどう映るのだろうか?。

そこも少し興味あるところ。

チャングムを追い込むヒール役はクミョンとヨンノ。それに加えてチェ尚官サングン、医女編から登場する策士ヨリ。どれもこれも綺麗どころばかり。どうして悪役は美女なのか。ニヤリと笑う悪い顔。それが板についているから始末に負えない。悪役の殿方も登場するが、女の闘いに比べると、どうしても見劣りしてしまうので却下します。

チャングムに淡い気持ちを抱くミン・ジョンホとの恋の行方もじれったい。そこにキュンキュンするらしいけれどもだ、ジョンホさん、バシッと行きなよ、バシッと!。チャンスのたびに何度も思った。

ハン尚官サングン、医女チャンドク、担当教官シン・イクビルはチャングムの三人の師匠。共通点は厳しい事だ。愛の鞭でチャングムを鍛え上げる。今なら100%アウトだけれど、本来、それくらいの事をしなければ、優秀な人材は育たない。そう、僕は思うが叩かれるから口には出さない。

水剌間スラッカン訓育尚宮フニュックサングン、松の実刺し、錦鶏キンケイ逃亡、呪いの札、みそ騒動、鉢の針…。チャングムについて書き始めるとキリがないが、要所要所で訪れる半沢直樹感が堪らない。やられたらやり返すのスッキリ感。必ず嵌められ、必ずやり返す。全体を通して繰り広げられるスカッとジャパン。

一話で完結させない良い意味で制作陣のズルさを感じる。彼女の波乱万丈を2,000文字足らずで語るのは不可能です。一晩中語っても、語り尽くせない魅力がある。

僕は、子供が巣立った世代の人に是非ともチャングムをおススメしたい。

様々な人物の様々な人生が交差する宮廷女官チャングムの誓い。他にも多数の人物が登場する。それらを加え、僕の中のMVP。それは敢えて記事の中に出さなかった重要人物。陽気で、楽天家で、心配性で、恐妻家で、チャングマァ~!!!。

そんなのカン・ドックおじさんに決まってる。

タイトルとURLをコピーしました