アイスクリーム消費量日本一は石川県金沢市

アイスクリーム雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

アイスクリームは平均気温が高い地域ほど多く消費される。暑ければ暑いほどアイスクリン屋さん大儲け!。その先入観は、思い込みで、固定観念で、誤りで、呪縛である。総務省 家計調査によると、日本でアイスクリームを最も多く消費する都市は石川県金沢市。2012年から直近9年の間で6回ものトップの座を射止めた。

アイスクリームの消費(金額)は、石川県金沢市が全国トップだ。総務省 家計調査の2020年1〜12月の都市別1世帯当たり支出金額で1位(1万2655円)、2012年からの直近9年間で6回も1位となった。 

食品産業新聞社ニュースWEB「アイス消費金額、金沢市が直近9年でトップ6回、マルチパックが売れる(2021年3月18日)」より引用
お父ちゃん
お父ちゃん

でも、やっぱり解せないんだよなぁ

もう少し掘り下げてみよう

詳しくはソース元を読んでもらった方が分かり易いかもです

スポンサーリンク

冷蔵庫が複数?アイス消費日本一の秘密

食品産業新聞社ニュースWEB「アイス消費金額、金沢市が直近9年でトップ6回、マルチパックが売れる(2021年3月18日)」を更に詳しく読み解くと金沢市民の生活様式に5つの特性が見られた。

  1. 茶道と和菓子の文化の発達による甘味への強い嗜好
  2. スーパーマーケットの数が多く、アイスクリームが週に何度か4割、5割引きで販売される
  3. 高収入・高支出の傾向を持つ世帯が比較的多く、冷蔵庫を複数台所有している家庭も少なくない。(マルチパックが冷凍庫を圧迫しない)
  4. 家族団らんの時にアイスクリームを食べる
  5. ジェラートショップ、ソフトクリーム店が多い

加賀百万石の経済力と浄土真宗への信仰。これがアイスクリーム消費日本一の秘密である。これらの条件から「いつでも冷蔵庫の中にアイスクリームが常備」されている様子が伺える。日夜、全国で繰り広げられる「冷蔵庫の中のアイス、誰が食べたの!」という事件は、冷蔵を複数有する加賀百万石の経済力下では発生しない。アイスクリームが半額セールも消費を後押し。さらに、華道から始まる和菓子文化により甘味への強い嗜好。それらが相まり、「家族団らんでアイスクリーム」という黄金方程式を確立させたのであろう。

サヨリさん
サヨリさん

冷蔵庫の場所取り問題がにゃいのは大きいにゃ

お父ちゃんも冷蔵庫、もう一個買えば?

うどん消費量ダントツ日本一の香川県。その地からゼロ年代を思い返せば、アイスの半額セールは割と多かった。アイスもだけれど冷凍食品のセールも頻繁に実施された。子どもが小さかった事もあり、アイスを買って帰る事も少なくは無かった。決まって明治エッセルスーパーカップ。だってそうでしょう?、質より量。量こそ正義!。

お父ちゃん
お父ちゃん

ハーゲンダッツ?

ハーゲンさんところのダッツさん?
それは、お祝いの日の限定アイスだよ

わが家では、冷凍庫はアイスの場所ではなくて、冷凍うどんの場所なのです。外は外、家は家。そういう事です。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました