黄身が透けてみえる?透明なスケルトンたまごの作り方

雑学・トリビア・うんちく
雑学・トリビア・うんちく

ガラス容器に生玉子を入れ、玉子が浸るようお酢を足す。容器にラップを被せて2~3日ほど冷蔵庫の中で寝かせる。そうすると玉子の殻がお酢で溶ける。玉子の残り殻を水で洗えば、スケルトンたまごの出来上がり。それがスケルトンたまごの作り方。さぁ、召し上がれ。

ゴムボールのような弾力性。光にかざすと中の黄身が透けて見える意外性。お酢と言えばミツカン酢。Mizkan公式サイトには、写真入りでスケルトンたまごの製法が無料公開されています。夏休みの自由研究のテーマとしての紹介です。

お酢にはカルシウムをとかす力があるんだ。たまごのカラは「炭酸カルシウム」というものでできているので、お酢につけるとカラがとける、というわけ!ちなみに、カラがとけてもなぜたまごがわれなかったかというと、たまごのカラのうちがわにはうすいまくがあって、これはお酢にはとけずにのこるからなんだ。このまくは、ゆでたまごのカラをむくときに、うすいしろい皮がくっついていることがあるけど、その皮と同じものなんだよ。また、お酢がたまごの中に入ってくるので、たまごはもとの大きさよりも少し大きくなるんだよ!

Mizkan「くらしプラ酢>ミッション1 スケルトンたまごを作ろう! – 食べる実験!お酢のチカラ」より引用

ちなみに、スケルトンたまごの味は、大量にお酢を含んだ玉子味。ネット界隈では物凄く不味いと評判です。チャレンジャーの方は是非お試しあれ。

スポンサーリンク

スケルトンたまご。「玉子」と「卵」感じはどっち?

お弁当、ケーキ、お菓子、カップ麺…。私たちの生活の中で玉子を食さない日などあるのだろうか?。卵焼き、目玉焼き、ゆで玉子、TKG(玉子かけごはん)―――入門料理としても玉子はガッツ最適食材。新型コロナの影響で、若干、値上がりするものの、経済の優等生の座は譲らない。そんな玉子の殻の無い状態をスケルトンたまごと呼びます。

ネットで検索すると山のように湧き出す情報。今さらという思考も働いたのだけれど、ブログには内部リンクと呼ばれる考え方があり、自前のページのリンクを貼ると、検索結果に良い事があるらしい。だったら記事にしてみよう。そう考え記事を書き始めた。

たまご、タマゴ、卵、玉子…。ひらがな、カタカナ、漢字。本当は、どの「たまご」を使うべきか。正解は、「どれを使っても構わない」です。ざっくり説明すると、孵化するのが卵で食材に使うのが玉子…らしいのですが、「ゆで卵」と「ゆで玉子」。双方普通に見ますよね。よって、「何でも良いんじゃね?」で、オッケーとされているそうです。

以前は、どちらも気にせずに使っていましたが、この事を知ってから、料理に使うたまごは「玉子」の漢字を充てるようになりました。どちらでも良いのだけれど、孵化する方が卵と知ると…少し可哀そうな気がして…孵化しても、しなくても。結局、食べる事には変わりないのだけれど、そこは、気分的の問題です。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました