下品で不快なYouTube広告こそ僕のお友だち

インターネット・SNS・ブログ
インターネット・SNS・ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

───あ、また出た

お化けじゃ無くて、貞子でも無くて、YouTube CMの話。

楽しかったり、感動したり、学びある広告なら何度でも見られる。むしろ、次の出番が楽しみ。例えばこのCM、「猫と犬」。サントリーウィスキーのコマーシャル。これを覚えているアナタ。そりゃもう、お友だちです。

センチメンタルジャーニーが流行した1981年。「笑点」の合間でよく流れていたっけトリス…子犬が歩いているだけなんですけどね。トイレにも行けない、チャンネルも変えられない。そんな魅力を秘めたコマーシャル。可愛いいだけじゃない。考えさせられる何かがあるコマーシャル。トリスの味は人間味なのです。

───もうね、これだけで一本記事が書けました。

スポンサーリンク

不快なYouTube広告との付き合い方

YouTubeで流れるコーマシャルの多くを一口に言えば「お下品」。歌?、ハゲ?、デブ?、副業?、金?、投資?、禁煙?───動画よりも長いCM。こめんね、CM見てる時間が無いんだ…。

そんな理由から、僕はYouTubeを敬遠気味。でも、定期的に観てますよ落語動画。桂枝雀、桂歌丸、立川志の輔、柳家さん喬…もうね、話術の達人で耳のご馳走。記事に行き詰まったら聞き流しています。そうですねぇ~、猫好きさんなら三代目 古今亭しん朝の「猫の皿」がイチオシ。で、 しん朝節を聞きながらふと思ったんです。

───YouTubeで広告を流す費用ってどれくらい?

調べてみると、YouTube出稿単価は2~30円。YouTubeへの料金発生条件は動画が30秒流される事。もしくは、動画内のリンクがクリックされる事。そうですか。イラっとしてスキップすると、僕の心だけが痛むのですか。うん、それは不公平。そんなのフェアじゃない。そうだ、今日から君ともお友だちになろう。

───合気道で一番強い技、それは自分を殺しに来た者と友人となること

合気道 塩田剛三の名言

この言葉は「刃牙」シリーズ・渋川剛気のモデルとなった合気の達人。故 塩田剛三先生の名言。つまり、ちっこくて、おちゃめで、えげつないおじいちゃん───やります!。今日から俺は!!YouTube広告とお友だち。嫌いな広告もちゃんと再生しないとです。

お友だちタイムは、トイレに行くとか、猫を愛でるとか、用事を済ませるとかに充てます。初見のCMはきっちりと見ます。だってそうでしょう?、何か面白い拾い物があるかも知れないので。YouTubeには、良きコマーシャルだって多数存在するのです。中には名作だってあるかも知れません。

綾瀬はるかの「月曜日は、ジャイアントコーンでハッピーチャージ」。これ何秒ですか?、1秒ですか?、3秒ですか?、もう終わりですか?、一瞬が描く芸術ですか?。普通にコンビニ行ったよね、ジャイアントコーン買ったよね。これぞ、広告。これぞコマーシャル。数あるYouTube広告の中でも、このCMがナンバーワンでした。

───出稿した広告がみられて、YouTubeに収益が入り、それがユーチューバーの収入源となる

これがウィンウィンで無くて何でしょう?。そんな関係を築くためにも広告を含めてのYouTubeですね。

タイトルとURLをコピーしました