写真撮影に人工芝は最強アイテム

わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)が換毛期に入った。そろそろ夏の準備に入る季節の到来だ。キジとら事務局の環境は野外と大して変わらない。そもそも夏仕様に切り替える必要性が無いのだ。そう思いながら狭い事務局の中を見渡してみると、一箇所だけ改善が必要な場所があった。わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)の写真撮影スタジオ(別名お立ち台)の敷物だ。フワフワとした肌触りがサヨリちゃんのお気に入りだったが夏にこれはあり得ない。そこで代わりになる敷物をAmazonで探していると気になる商品が目についた。そう、それが人工芝。

スポンサーリンク

人工芝は絶対夏向き、撮影向き!

冬の猫なんてものはコタツに放り込んで置けば良い。猫を飼う時に最も重要視すべき季節は夏である。猫は夏に弱い!この情報は定かでは無いが、うちの子は夏に弱い!。

「おい、死んだのか?。死んじゃったのか?!。」

サヨリちゃんの夏の寝姿が死んじゃってる感が半端ない。昨年はこの寝姿に何度もドキッとさせられた。それだけに、お立ち台の敷物は布以外の何かでと考えていた。例えばフリーリング材や畳などがそれにあたる。お金があれば大理石と言いたいところ。だがそれは、さすがにそれは無理なので候補には最初から入れない。

さて、現在のお立ち台の床材はスタイロフォーム。断熱用の発泡スチロールみたいなもので色は青く寸法はざっくり畳一枚分。厳密には、コンパネ1枚(1800mm☓900mm)に相当する。冷たくて、抜け毛にも対応できて、ニャンコがゴロゴロ出来る。

そんな材料はありませんかぁ~!。

っと、Amazonを探していて見つけたのが人工芝。人工芝 ロールタイプ 90×180cm(B191)という商品(画像もAmazon)。価格も送料込みで3,000円を切る。

私の場合の即決価格は3,000円。

それだけにひと目で惚れた。

惚れちゃった。

これなら夏でも涼しそうだし、外で使うモノなのだから耐久性もばっちり。抜け毛が付いても布団のように外でパンパンして夏の直射日光に晒せば良い。ノミやダニも付きにくそうな点も好印象。

夏の太陽光と天然の草には到底敵う事はあり得ないが、Amazonレビューを見ると中々に良さげなのだ。となると、クリーンの背景布は変える必要が出てきた。グリーンにグリーンではチョッチみどりがむつごい。そこで、購入しておいた白い背景布と取り替えた。ちなみに、Amazonなら1.8m☓2.8mサイズを1,500円~2,000円の間で購入できる

お立ち台の衣替え完了!。

撮影台だけを写してみるこのようになる。背景布のシワは残念だが、明るく撮影して背景を白飛びさせれば問題解決。

サヨリちゃんをモデルしてみてもいい感じ。

本物には程遠いが、黙ってたら誰からもツッコミも入らないレベル。今年はこの背景で夏まで攻めて見ようと思う。欲を言えば照明機器が欲しいところではあるが、この件は懐が温まったら考える事にしようと思う(笑)。

パソコンのメモリ増設記事のために撮影した写真も中々いい感じだった。自然の雰囲気は何を写しても万能だと思う。

スポンサーリンク