もう、それ止めて欲しい!猫が今からゲロする前兆

この記事は約5分で読めます。

カリカリ・・・カリカリ・・・カリカリカリカリ・・・・・・・。

猫は自分で食事調整をする賢い動物。

だから、必要以上の飯を食べてしまう事は無い。少なければお代わりの催促をするし、多ければ食べずに残す。でもね、食事の時間以外で猛烈な勢いでカリカリを食べ始めたら要注意!!

その食欲は、空腹がもたらしているのもでは無いのかも知れない。そんな時はゲロの前兆だ。僕は目の前のテッシュを一気に抜き去り、猫の口の前にそれを差し出す。時は一刻を争うのだ。

急げっ!、俺。

スポンサーリンク

猫は普通に吐く生き物です!

昭和の男は吐いて強くなって来た!

綾鷹と猫

もうね、吐くって行為自体、僕には大病なのです。

僕が若い頃、

「酒を飲み過ぎたら口に指を突っ込んで吐くんだよ。楽になるよ。男は、そうやって強くなるんだ。」

そう言われたものです。今なら老害とかパワハラなのでしょうが、それが当たり前だった時代でした。

でも、お酒の飲めない僕には、

高いお金を出してお酒を頼んで、

酔いが回ったら、

自分の口に指を突っ込んで、

せっかく飲んだお酒を吐いて、

あらためて酒を飲みなおす。

当時の僕も、現在の僕も全く理解出来ないその行為。そもそも、吐くと言う行為が僕にとっては、尋常じゃない緊急事態としか思えないのです。

猫が吐く原因は?

ですから、猫と暮らし始めてからというもの、再三ゲボゲボと吐く猫の健康状態が気になって気になって仕方の無い時期がありました。この子・・・体が弱いの?。こんなに健康的に太ってるのに・・・なんて不憫な子。

その現場がコタツだったら大惨事になったりも。

猫とこたつとゲロ
草木も眠る丑三つ時。 寝違えて可動範囲を失った首を揉みつつ睡眠の準備中、トン♪トン♪と家の二階の階段から足音が聞こ...

そう思うよね。普通の人間だったら心配するよね。そこで、ナイスガイなアイスマン!友人の上様にお尋ねしてみたところ、

『あぁ。猫は吐くよ。しょっちゅう吐くよ。だって、猫だもん。』

って。

「はぁ~?。アナタ、バカデスカァ~、それとも、アホデスカァ~。ネコチャン、ハイテルジャ、ア~リマセンカァ~?。」

って言いたかった。マジでムカついた。やっぱ上様は、マシンには強いけど動物には無知なんだ。そう、本気で思った。もう、この人は信用しない。信用できない。

そう考えて、近くの猫婆さんの家に行った。ちなみに、この家に住んでいる猫の数は未知数・・・。だったら、猫には、猫にだけは詳しい筈だと。うちの子の話をしてみると、

『あぁ。猫は吐くよ。しょっちゅう吐くよ。だって、猫だもん。』

って。

「はぁ~?。アナタ、バカデスカァ~、それとも、アホデスカァ~。ネコチャン、ハイテルジャ、ア~リマセンカァ~?。」

って言いたかった。でも、お婆さんだからお礼だけ伝えて帰った。もう誰も信用できない。こんな奴らにうちの子は任せられない。そう決心して、獣医様のところへ向かった。最初から行けば良かった。だって、病院だもの。

犬猫病院では、人間以上に簡単な触診されて不機嫌な猫ちゃん。彼に出された結果は、まさかの「異常なし」。はい、健康です。

でもね、吐くんよね。結構なペースで吐くんよね。その前に、一気にカリカリ平らげてから、吐くんよね。先生、もっと詳しく調べてみたらどうよ?。って内容を丁寧語の置き換えて願いしたら、

『あぁ。猫は吐くよ。しょっちゅう吐くよ。だって、猫だもん。』

って。

「はぁ~?。アナタ、バカデスカァ~、それとも、アホンダラァ~デスカァ~。ネコチャン、ハイテルジャ、ア~リマセンカァ~?。」

ここでもかっ。上様と婆様と同じ答えかっつーの。

『先生。先生を疑っている訳じゃありませんが、何でしょっちゅう吐くのでしょうか?。いやね、細かい事が気になって・・・いやはや、これがボクの悪い癖。』

そう、やんわりと質問すると、

『猫が吐いているのはご飯じゃなくって毛玉ですから。』

猫って毛玉吐くんですか?。マジシャンですか?。毛玉はどこからやって来るんですか?。そんな疑問が頭の中で一気に湧き起った。冷静になって先生の話を聞くと、猫が吐く理屈はこうだ。

猫が体中をペロペロ舐める事を身繕いと言います。その時、猫は体を舐めて身を綺麗にすると同時に、大量の体毛を飲み込んでしまいます。その毛は、胃の中で毛玉になり行き場を失います。そこで、ゲロという形で体外に排出するのですよ。

話は分かりました。しっかりと理解しました。では、どうして、毛玉だけを吐かないのでしょう?。一気にカリカリを喰ってからゲーーーってするのでしょうか?。その質問の対して、先生の回答は早かった。

『猫だから!!!。』

マッハというワードがぴったりだった。何だか腑に落ちないフシもありますが、みんなのアンサーは『猫だから』で一致しているので文句も言えません。

あれから3年、僕だって進化したんだ

コタツから出てきた猫

あれから3年。

サヨリちゃんは少しおじんちゃん猫になって、僕も孫が出来ておじいちゃんになった。愛猫のゲロの始末だって手慣れたものさ、ホッホッホッ。

愛猫のゲロリにも慣れたお父さんに新たな悲劇が!続きは次をクリック!。そうじゃない人はトップページへ。

タイトルとURLをコピーしました