ねこの大根おろしアートの作り方

お買い物・レビュー
お買い物・レビュー

SNSで猫型の大根おろしの画像が軽くバズった。ありそうで無かった発想に、アイディアだなぁ…感性と言うべきか…かくありたい。そう思いながら眺めた。少し前の話である。その後、ポツポツと猫の大根おろしを見るようになった。秋刀魚の頃になると、もっと見られるようになるのだろう。

そんな事を思いながら自転車を走らせる中で気づいた。ライトの電池が切れていた。ヤバ…もうすぐ日が沈む…逮捕されたら面倒だ。罰金とかあるのかな?。急遽、通り添いにある100均に飛び込む。ワッツだった。

100均で100円の買い物をしようとして、100円で店を出た経験が未だに無いのが僕の悪い癖。ついでに愛猫サヨリのタオルを買おう。ハマチの刺身とマイクロファイバーのタオルが15歳の猫へのお土産だ。

愛猫サヨリ

刺身は歓迎、タオルは勘弁。それは理解している。顔を拭かなけれるのが嫌なのだ。気持ちは分かるが目脂が固まって、瞼が開かなくなるのは可哀想。いつもマイクロファイバーを選ぶのは武士の情けだよ、サヨリさん。我慢しなさい。

サヨリさん
サヨリさん

嫌だ!

夜勤の出勤時間まで少し時間があった。クルリとワッツをウォッチをしてギョッとした…あるんだぁ〜猫。幽霊の正体みたり枯れ尾花。そこに大根おろしの猫型がこれでもかと並んでいた。ラッキー!。それは当たり前のようにレジカゴの中に吸い込まれた。サヨリさんへのお土産がひとつ増えた。

スポンサーリンク

100均、ワッツ、大根おろしニャン

行きは手ぶらだったのだけれど事情は変わる。夜勤を終えた帰り道。スーパーで大根と塩サバとを買って帰る。それは雑記ブロガーの悲しい習性。記事ネタは逃さない。

サヨリさんの夕食の準備の合間に大根の皮を剥き、大根をすりおろす。それは大した手間では無かったが、やる気が途切れる前に準備だけはして置きたかった。止まると死ぬーーー高齢者は一度止まると活動が停止する。気力があっても体力がついて来ない。やれる時にやらないとやれない。

猫の型は3つのパーツで構成されている。大きな猫の本体の中に小さな猫をセットする。そして大根おろしをギュッと詰め込む。残ったパーツを押し込んで大根おろしを固める。そこで粘土細工の経験が役に立つ。数分で3体のニャンコが出来上がる。猫の大根おろしアートはチョロかった。中途半端に残った大根おろしはお山の形にした。

三匹の猫を撮影し醤油を掛けた。失敗だ…アレだ…弁当に使う醤油入れがあれば、キジトラ柄も出来たのにと後悔した。でも、今更なので猫の横に惣菜の塩サバを並べた。割と良い感じに仕上がったと思う。後で思った…ストローをスポイト代わりに使えば出来たのに。

昨今、大根おろしアートも人気傾向にある。秋刀魚ゆえに猫から始まる大根おろしアートだけれど、犬型やウサギ型の登場は時間の問題。定期的な100均ウォッチで新商品を追いかけて見るのも楽しいだろう。

そんな僕は、明後日の午前中に届けられるシン・iPad miniが楽しみである。そして今、2021年夏モデルの富士通ノートPCのセットアップ中。もちろん仕事としてだけれど、しばらく使い込む必要性がある。心が揺れればWindows 11と絡めてレビュー記事を書いてみようと思う。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました