ポメラ化させたiPad miniからブログ執筆

初代iPad miniお買い物・レビュー
お買い物・レビュー

7.9インチのコンパクトボディ。iOS9を最後にアップデート終了。誰もが口を揃えて「そんなのいらね」と言うであろう、2012年生まれのレジェンド。そう、初代iPad miniです。お世辞にも『原点にして頂点』とは決して言い難い骨董品。モッサリでカクカクだぁ。

お父ちゃん
お父ちゃん

今、純正メモアプリに機能を限定させた状態で記事を書いています。不慣れなので打ち辛い…

動画が見れるとか、見れないとか。Twitterが使えるとか、使えないとか…僕にとって問題ではありません。必要なのは、7.9型のサイズ感。いつでも、どこでも、だれとでも。時と場所を選ばない執筆環境。iPad miniの可能性を試したかったのです。それだけの理由で古き良き未来を諭吉1人とトレードしました。正解だったのでしょうか?。それとも愚策だったのでしょうか?。現段階での率直な感想は、横幅があと1センチ短ければと感じています。

予想よりも動きはモッサリでカクカクな初代iPad mini。Safariを起動させて見るYahoo!から垣間見る世界。それは古き良き時代のテレホーダイの挙動を思い出させます。BGMには中森明菜。歌う曲はスローモーション。恋する少女の出会いのように、ゆっくりと展開されるYahoo!ニュースに目頭が熱くなるのも不思議です。なんだよコレ…カメよりも遅せーよ…。

スポンサーリンク

モッサリでカクカクだった初代iPad miniへの不満は想定の範囲内

テキスト入力の名機「ポメラ」

画像出典「ポメラ対決!DM10 VS DM100

モッサリでカクカクなカメさん。それは僕にとって誤算ではありません。想定の範囲内の出来事でした。何故ならば、それを見越して純正メモアプリ限定使用だと決めていたのです。決め込んでいたのです。テキストさえ打てればそれで良し。支障が無ければ尚よろし。ポメラのiPad mini版をイメージしての購入でした。ポメラは、高額で、低機能で、遅反応で、テキスト入力に特化した名機です。

文字しか打てない環境下からの執筆速度は異常に上がる。短時間で入れる没頭ゾーン。僕はポメラユーザーでもあり、その感覚は体験済み。なので、ポメラの凄みを十分理解しているつもりです。

お父ちゃん
お父ちゃん

一秒でも早くゾーンに入りたければポメラ。そういう事です

初代iPad miniをポメラ化

【二刀流】iPadを2台使いで効率化【記事作成】

何も出来ない点において、初代iPad miniもポメラに引けを取りません。メモアプリ以外は全て封印。書き上げたテキストデータはiCloudを通してiPadに同期されます。逆にiPadで作成したデータを扱う事も可能です。miniの容量不足から写真の共有は断念。代わりにAirDropから画像のやり取りを行います。miniで撮影した写真はiPadで加工して使う算段です。

謎のお姉さん
謎のお姉さん

そして、miniで撮影した写真の出来栄え…あらら、CoCo壱とマックだね〜。このレベルならブログで使えるんじゃね?

メモアプリ限定なのにモッサリ感はやはり拭えません。iPadで鍛え抜いたユーザー辞書データの同期も途中のまま。多分、ずっとそのままでしょう。これは大きな誤算でした。辞書は普通に同期されると考えていました。でも、嘆いては先へ進めない。そこは己の語彙力向上で対応します。何でもかんでも思い通りにならないのが人生なのだから。出来ない事などサッパリ忘れて、記事を先に書き進めましょう。

今回購入したiPad miniは、7.9サイズに特化したテキスト入力練習機体。1年ほどブログ執筆に使い倒し、新発売が予想される6代目iPad miniへの礎となるのが初代の役割。なので『ブログは書いてナンボ計画』にしっかりと協力して頂きます。

初代iPad miniの使用感と滑り止め対策

iPad minのメモアプリの使用感。それは、新鮮で、斬新で、こんなの初めてぇ〜。小さなiPod  touchの手軽さには遠く及ばないものの、ウエストポーチに入れて持ち運べるお手軽サイズ。冬なら上着の内ポケットにスッポリと入りそう。そして軽い。この軽さがありがてぇ〜。野外や明るい場所なら初代iPad miniカメラも十分使える。カメラは嬉しい誤算でした。

iPad miniの筐体に問題が無いわけではありません。背面加工がツルツルで危なっかしい。いつか落とすよ、絶対やらかすよ。やっぱお高いカバーが必要?。それを解決したのが『べんりベルト3P』。ぶっちゃけ、ただのゴムバンドをダイソーで買ったもの。これをiPad miniへ引っ掛けて、ゴムバンドに指に絡ませるとタッチキーボード入力速度が俄然アップ。

お父ちゃん
お父ちゃん

こいつ…使えるぞ!。たった100円で問題はアッサリと解決しちゃった。恐るべしダイソー…

謎のお姉さん
謎のお姉さん

ワッツにも全く同じの売ってたよ

タッチキーボードの位置は、キーボードを一旦『分割』し『結合』させるとキーボードの位置が中央に固定されます。この配置で更にタイプし易くなりました。タッチキーボードの位置がデフォルトをご希望でしたら、お値段は間違いなく高くなりますが、フックで引っ掛けるタイプのゴムバンドが理想的です。それは、Amazonや楽天市場で複数販売されています。

お父ちゃん
お父ちゃん

これが欲しくてヤマダ電機に行ったけど、ゴムバンドタイプは一個もありませんでした。ダイソーは苦肉の策だったのですよ…

そしてもう一つ。やっぱり忘れられないユーザー辞書の同期問題。これが最も大きな不満ではあるのだけれど、それを除けば概ね予測の範囲内。個人的な主観ですが満足の範囲内でした。しかし、金銭に余裕がある方にオススメはしません。良いものを使われて来た人には不満しか残らないマシンでしょう。ただ、予算を掛けず執筆に特化したポメラ的な何か…それをお探しであるのでしたら、初代iPad miniも選考の土俵に上がります。

まとめ

お父ちゃん
お父ちゃん

この記事を書き終えてiPadを持つと、夏休みのプールから出た後の体ように、慣れ親しんだiPadがズッシリと重たく感じました。褒めるべき点はバッテリー。初代iPadminiは9年も昔の機種なのに、バッテリー駆動時間は新品並み。純正メモを使った執筆作業だけなら8時間くらい使えそうです。一日一度の充電で事が足りそう。バッテリーは大当たりでした

骨董品であるが故に突っ込みどころ満載。小さな不平不満もあるのだけれど、古さに反したバッテリーの強さと、そこそこ使えるカメラ機能とを考慮すれば、100点満点中80点のお買い物でした。どのブログ記事にも記載されていますが、iPad miniを買うとiPadの出番が減ったという意見が身に染みます。どう考えても外出時はminiを選びますよね、普通…。

お父ちゃん
お父ちゃん

第6世代iPad miniがiPod touchと同じ価格だったら即買いなんだけどなぁ〜。あと1センチ幅が短くても…やっぱ即買いだよ

初代iPad miniを購入したお店は楽天ショップのリサイクルモバイルショップECOMO。購入の動機は3ヶ月の保証期間があったからです。その間に使い倒してみようと考えています。注文後に迅速に発送てくれたので助かりました。初代iPad miniの現場からは以上です。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん

今のおすすめ記事は『足を組むと、顔が大きくなりますよ!』デス❤

サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました