ウォーキングを始めたら、3日目でこころ折れた

ウォーキングを始めたら、3日目でこころ折れたダイエット
ダイエット

とある老人からの一言から始まったダイエット。そろそろ小学校では夏休みという7月半ばから1ヶ月半。100均で腹筋ローラーを買い漁り、実践した膝コロの日々。腹筋は強靭な板のよう。触るとガチガチだ。シックスパッドの隆起だって触れば分かる。

なのに…だ。体重の変化はごく僅か。憎き脂肪が腹筋から離れない。大黒摩季じゃ無いけれど「ちょっと待ってよ」と言いたくもなる。夏が来る、夏が来ると言ってる間に秋が来た。

基礎代謝の問題か?。年齢の問題か?。そうじゃ無いよなぁ〜。有酸素運動してないし…。やっぱり有酸素運動必要?。今まで筋トレで何とかなった贅肉が、贅沢なお肉が消えない。

腹を括ってウォーキングを始めた。開始3日目で心が折れた。体が怠くてダルダルだぁ。

スポンサーリンク

年内の目標はウォーキングで4キロ減

ウォーキングの作戦はこうだった。職場までの2.7キロ。往復5.4キロを歩く。合わせて80分の道のり。どうせ行くし、終わったら帰るし。わざわざ歩く時間を作る方がどうかしている。僕は全ての移動を『歩く』に切り替えた。最後の手段。これでダメなら一生デブで構わない。死ぬほどマックのポテト食ってやる。

マックのポテト

毎日1時間のウォーキングを実行すると、1か月で脂肪500グラム燃焼出来るのだそうだ。同じ分だけ水分が消失するのだから、必然的に体重は1キロ減る。その計算が正しくて、日々ウォーキングを確実に続けられたら年内に4キロ減…になるはず。これでやっと標準体重(やや重い)。

歩く事と走る事。実は、続いた試しが一度もない。だからそれを避け続けて来たのだけれど、今回は背に腹はかえられぬ状態。決めたからにはと、歩き始めた金曜日。土曜、日曜とミッションクリア。2日目で右の踵の皮が剥けた。ウォーキングシューズが欲しくなった。

それまで順調に思えた月曜の朝。体が重く感じられる。足が痛いとか、筋肉痛とか、違う違う、そうじゃない感覚。全身が怠くて重い…。えっ…えーーーー!。

頭をかすめるコロナの三文字。何やったか?、誰と会ったか?、不要不急の外出をしたか?、気の緩みは無かったか?。慌てて体温を測る。体温36.6度。いつもどおり。怠いだけ。

となれば、怠さの原因はウォーキング。その日は老体に鞭を撃つ。ドMで結構、あきらめたらそこでゲーム終了ですよの勢いで、リュックを担いで職場へ向かう。

もう正直、成就が早いか成仏が早いか、追いつけ追い越せのチキンラン。歩く姿はウォーキングデッドのウォーカーの如し。その夜、心が成仏していた。なんだかボロボロでもう、辞めたい。

そして火曜日。休日、オフ、お休み。筋トレだってアレでしょ?。毎日やっちゃダメなんでしょう?。今日は絶対に歩かない。一歩たりとも動かない。そう心に誓った。誓った途端にケータイが鳴った。緊急出動ですって!。なんて日だ。

歩くものか!チャリで行く!。チャリに跨がり現場へ向かう。緊急の内容は、現場からの電話一本で終了した。ものの5分の出来事だった。あまりの一瞬で、このまま帰るのが勿体ない気がした。そうだ、どこかでお昼ご飯を食べてから考えよう。

結局、お昼はマックで済ませた。ランチの550円のやつ。ダイエットとは真逆のチョイス。罪悪感も手伝って、サイドメニューはサラダを頼んだ。店内は人も少な目。なので店内でお召し上がり。その選択は間違いだった。

僕の座席の左側。距離は離れているのだけど、スマホに向かって大声で話すおじさん。500万が何チャラかんちゃら。声もデカけりゃ話もデカい。少し離れた右側では、一心同体イチャイチャカップル。今にも一戦交えそうなラブラブぶりで、多目的な場所と間違えてる…きっと。

あまりの自由さに、僕はテイクアウトにしなかった事を後悔した。そこは黙ってられない人たちの巣窟だった。頭に警報鳴り響く。ここは危険だ。そそくさとハンバーガーを口に突っ込んで店を出た。出会って3分で店を出た。さて、これからどうする?。

少し悩んで屋島山上へ向かった。山上までシャトルバス(片道100円)で行ける。あそこは良い。空気もよくて静か。ブログを書くのに最適な場所。何も無いからこそ筆が進む。曇り空の山上は、前回よりも更に涼しく感じた。2時間ほどiPod touchで記事書き、バスで帰ろうかと思ったのだけれど、悪い考えが働く。

「歩いて降りたら100円お得」

体の重さは抜け切らないが、思い切って山を降りた。綺麗に整備された山道で、すれ違う人々は高齢者ばかりで全員細くて、かくありたい。永遠と続く下り坂。お尻と太ももの筋肉が笑った。

だけど気分はとても良かった。全身に汗。服はビショビショ。お昼のハンバーガーのカロリーがチャラになった気がする。

下山したところで頬に雨粒。通行人が傘を広げる。進行方向の低い雲から閃光走る。こりゃ本降りになりそうだ。自転車まで徒歩8分。傘がない。

なんて日だ。

タイトルとURLをコピーしました