セリアとダイソーのスマホ用マクロレンズを比較(2018)

100均

前回の予告通り、セリアとダイソーでスマホ用マクロレンズを購入して来た。マクロレンズの使用目的は12分の1スケールで作った粘土細工の撮影用だ。ついでに広角レンズと魚眼レンズも同時に購入した。というより、ある人物に買わされた。その件については話が長くなりそうなので、機会があったらブログで愚痴ってみようと思う。

さて、買ったばかりのスマホレンズを愛猫サヨリに見せた後、マクロレンズだけを取り出したものが下記の画像である。 マクロレンズの大きさは中央のチロルチョコからイメージして頂ければ幸いである。

画像向かって左側がセリア。左側がダイソーのマクロレンズである。レンズサイズはセリアの方が大きい。また、実際にスマホで撮影するとセリアの方が高倍率での撮影が可能だ。ただし倍率が高過ぎる1面もある為、ダイソーのマクロレンズとの併用が望ましい。またダイソーのレンズは、マクロレンズと広角レンズが合体したものなのでお得感を感じた。

スマートフォンへのマクロレンズの取り付け方法は、セリア ダイソー共にスマホのレンズ部分にクリップでマクロレンズを覆う形で行われる。簡単に取り付けられるので迷う心配は無いだろう。先程も述べたが、ダイソーのレンズは広角レンズ部を外して使用しないとマクロ撮影が出来ないので注意が必要。

画像上部は実際に粘土細工をマクロ撮影したものである。先に述べた拡大率の違いがハッキリと見て取れる。ちなみに下部の写真は、ダイソーで購入したヘチマをマクロ撮影したものだ。どちらも大きく撮影できる為、たった100円ではあるのだけれど、相当楽しめるレンズだと思う。また、マクロ撮影ならではのボケも出るので、スマホで小さなモノを撮影している方にはオススメだ。

僕の個人的なレンズの利用目的は粘土細工の撮影。なので、セリアよりもダイソーのマクロレンズの出番が多くなりそうな気配。しかしながらショートケーキの苺やパイ生地などの超アップ写真の撮影時には、セリアのレンズの方がより多く活躍するだろう。

スマホで撮影する写真なので、写真の質そのものは専用カメラに遠く及ばない。だがしかし、ブログやSNSなどの個人使用であるのなら、セリアとダイソー、そのどちらのマクロレンズでも十分な性能を持っていると思った。

ちなみにピント合わせが上手く出来ないと感じた方は、被写体にスマホをグッと近づけるとピントが合ってくれるので試してみては如何だろうか?。

最近、粘土細工への情熱が薄れかけていたのだけれど、このレンズを購入して粘土細工へのモチベーションが少し上がった気がした。

さて、そろそろ粘土で何かを作ってみようか?。