手のひらでブログを書こう!でも五十過ぎてのフリック入力は茨の道だった件

フリック入力(iPod touch)PC・タブレット・スマホ
PC・タブレット・スマホ

なんかねー、息子がねー、スマホにしゅるしゅるってねー、文字打ってる。どんだけ速いんだと、寝転んで文字が打てるんなだと、ビバリーヒルズ高校白書かよと。魔法使いかびっくり人間じゃね?。指先だけが別の生き物のよう。そう思った瞬間、閃光走る。インスピレーション、イマジネーション、五十の手習、年寄りの冷や水、痩せた考え。

そうだ、第7世代iPod touchを買った記念にマスターしよう、フリックなんちゃら。手のひらでブログを書くんだ。それが茨の道の一丁目。はい、地獄の釜の淵でした。2021年、盆休みの出来事。

スポンサーリンク

フリック入力から、頭と指先は別人格だと理解する

じれったい、じれったい、じれったい。もうね、成就が先か成仏が先か。壮大な我慢大会の火蓋が切って落とされる。上半身と下半身は別人格って言うけれど、第三の人格が我が身に宿ってるなんて考えた事も無かった。頭からの命令は「ほ」で、指先は「ふ」。全然先に進まない。ブログ記事は1000文字程度で書き起こしている。つまり原稿用紙2枚半。キーボードなら問題ない。が、フリック入力では次元が変わる。ゴールは遥か向こう側。例えるなら自転車と同じ。

日常的に自転車に乗る人間は、走行中において脳は自由だ。仕事の段取り、デートのシミュレーション、お昼ご飯、愛猫との戯れ…様々な妄想にふけりながらペダルを踏む。走行は脚にお任せ、要するに脳は暇なのだ。がしかし、乗り慣れていない人間はそれどころでは無い。息が上がり、心拍数も上がり、脈は乱れる。よそ事など考えられる余裕などない。今まさにそんな状態。

千里の道も一歩から。その一歩にいったい何歩が必要なのか。じれったいにも程がある。チャチャっと記事でも書いとくか。そんな安全地帯は遥か彼方。心の玉置のじれったいが止まらない。現状に置いて、ガラケーの方が遥かに速い。「ん」を入れようとして、なぜコレが出ますか?。

思考が指先に乗っ取られる。それは悪魔に憑依された少女でエクソシスト。いずれ回るんじゃね?、手首が。瞳を閉じてキーボードが叩ける僕なのに、凝視しながらスマホが打てない。地獄の川の渡し船、乗った瞬間から沈み始める。カチカチ山、まさに泥舟。そこで背水の陣を敷く、川だけに。

ガイ先生が如く、ロック・リーが如きにルールを決めた。自分ルールである。ルールは単純明快だ。記事のベースはiPod touchだけ。それ以外は認めない。出来なければブログ更新は止まり続ける。夏のど真ん中、格闘の日々、左手で文字を書く。そんな不自由な思いが続く。

入力速度と思考速度とのズレが曲者。思考に指が追いつかないものだから、考えていたフレーズが消える。どんどん消える。何を考えていたのかさえ分からなくなる。そもそも何をやっていたのだろう。一種の記憶喪失。ここは何処?私は誰?おじいちゃんだ。

それに加えて小さな画面。眼精疲労と老眼が邪魔をする。目が疲れて読書さえも危うい。僕は普段、iPadで Kindleっているのだけれど、辛すぎてKindle Paperwhiteを取り寄せた。『シッダールタ』の続きを読むために。秋には小栗旬でドラマ化される小松左京の『日本沈没(上下)』も控えている。

Kindleは目に優しかった。もうね、紙だよ、神。

フリック入力メインの生活に切り替えて10日余りが過ぎた。今、この記事を手のひらの中で書き終えようとしている。フリック入力、五十過ぎてもそこそこやれた。これで執筆環境のエリアが無限大に広がった。だってそうでしょう?、寝ても、起きても、ウチでも、外でも、膝の上を愛猫サヨリが牛耳っても…。手のひらで記事が書ける。この恩恵は控えめに言っても大きい。ところで『シッダールタ』って知ってる?。話が深くて一回じゃ理解しきれませんでした(汗)。

お父ちゃん
お父ちゃん

最後に『キジとら』からのお知らせです

謎のお姉さん
謎のお姉さん
サヨリさん
サヨリさん

最後まで読んで頂きありがとうございました。毎日、頑張って更新しています。よろしければお気に入りの片隅にこっそりご登録して頂ければ幸いです。

『キジとら』は昭和感満載の雑記ブログです。ノスタルジックな言い回しが多数出現しますが暖かい目で見守って頂ければ幸いです。無駄に記事数だけは多いので暇つぶしには最適ですよ、たぶん…(笑)

タイトルとURLをコピーしました